カリキュラム・マネジメントで実現する学びの未来 STEAM教育を始める前に[カリキュラム・マネジメント実践10] 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. カリキュラム・マネジメントで実現する学びの未来 STEAM教育を始める前に[カリキュラム・マネジメント実践10]

カリキュラム・マネジメントで実現する学びの未来 STEAM教育を始める前に[カリキュラム・マネジメント実践10] 発売予定





編集
編集
編集
編集
監修
監修
監修
監修

形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798169200
価格:
本体2,000円+税

本書籍の他の形式を確認する

購入はこちら

各ストアの電子書籍は準備中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本におけるSTEAM教育の足掛かりとなる
カリキュラム・マネジメントの実践例

本書では、小中高・支援学校等の現場の先生方や教育委員会ほか教育関係者に向けて、
日本におけるSTEAM教育の足掛かりとなるカリキュラム・マネジメントの実践例を
紹介・解説します。また、カリキュラム・マネジメントの必要性とそのポイント、
カリキュラム・マネジメントとSTEAM教育の接点、STEAM教育先進国アメリカの
状況やこれからのSTEAM教育についても詳しく解説します。

STEM教育のSTEAMとは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、
Mathematics(数学)のそれぞれの言葉の頭文字をとったものです。ここにArts(美術)
を入れて、STEAM教育と呼ぶこともあります。理数系分野を中核とし、
「ものづくりをする」「表現する」という要素を含みこんだ教科横断的な学びのことで、
知識・技能と思考・判断・表現を行き来させながら、社会や生活の中での問題解決を
目指します。そして、諸外国ではプログラミング教育は、このSTEAM教育に
含まれています。

また、STEAM教育の先進国であるアメリカでは、「tinkering」という言葉・概念が
大事にされているように思います。「tinkering」は直訳すると、「いじくりまわす」
ということです。

自分なりに材料をいじくりまわしながら題材に向かい、試行錯誤し、使い方や用途を
見つけたり、何を修正すればいいか見つけたり、そもそも何をするためのツール化を
理解したりします。この考え方は、2020年から実施される小学校プログラミング教育
にも通じます。

とはいうものの、現在の日本ではまだSTEAM教育は普及していません。一方、
新学習指導要領では、小学校プログラミング教育が完全実施となり、ICT活用が
全教科・領域で表記され、カリキュラム・マネジメントの充実についても求めています。
この教科・横断的な授業づくりやそこにICTやプログラミング教育をからめていくこと
が日本版STEAM教育の足掛かりになると考えます。その一歩先を見すえた教育を
本書で提案します。


※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。