福祉教科書 社会福祉士 完全合格問題集 2022年版 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. 福祉教科書 社会福祉士 完全合格問題集 2022年版

福祉教科書 社会福祉士 完全合格問題集 2022年版


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798170459
価格:
3,850(本体3,500円+税10%)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厳選600問で合格力を身につける!

科目数が多く、幅広い知識を求められる「社会福祉士国家試験」。
本書では、受験対策の経験豊富な執筆陣が、出題傾向を分析し、
重要&頻出な過去問題を厳選して科目別に収録。
選択肢ごとに解答・解説がついて、「効率よく学べる」
「勉強しやすい!」と大好評の問題集です。

巻末の直近試験(第33回:2021年2月)の問題&解説は、
最新の出題傾向をつかむとともに、本番前の模擬試験としても使えます。
頻出・重要度の★を目安に効率よく学習して、苦手科目を攻略しよう!

【本書のポイント】
●「左ページ=問題、右ページ=解説」のレイアウトが見やすく、使いやすい!
●巻頭カラー:試験前に役立つ、福祉年表&科目別要点まとめ!
●科目別の過去問+予想問題で、苦手科目を攻略!
●頻出度の★の数で、重要度や傾向がつかめる!
●最新の本試験(第33回)で腕試し!

※電子書籍版には赤いシートは付属していません。
※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

出題ポイントを押さえて一発合格できる!
試験前に役立つ!「福祉年表&科目別要点まとめ」

試験前に役立つ!「福祉年表&科目別要点まとめ」

巻頭のカラーページに試験前に役立つ「福祉年表&科目別要点まとめ」を掲載しています。

見開きレイアウトで効率よく学習できる!

見開きレイアウトで効率よく学習できる!

問題を左ページに、解答・解説を右ページに掲載。答えと解説をすぐに確認できできます。

選択肢ごとに解答・解説つき!

選択肢ごとに解答・解説つき!

選択肢ごとに、わかりやすく簡潔に解説しています。

「頻出度」で出る頻度がわかる!

「頻出度」で出る頻度がわかる!

過去問題を徹底分析し、出題頻度の高い順に「★★★」「★★」「★」で示しています。

「重要ポイント」「Note」でプラスαの知識を習得!

「重要ポイント」「Note」でプラスαの知識を習得!

「重要ポイント」…問題と絡めて理解または暗記しておきたい関連事項や、覚えるコツなどを説明しています。/「Note」…出題されたキーワードなどに対してもう一歩進んだ解説や補足説明などを記しています。

赤シートを使って確認・暗記できる!

赤シートを使って確認・暗記できる!

〇×を赤シートで隠しながら確認できます。また、暗記したいところは赤文字にしています。

目次の登録はありません。

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年12月07日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 0-xxix
受験手数料
・社会福祉士のみ受験する場合:15,440円 ・社会福祉士と精神保健福祉士を同時に受験する場合:28,140円(=社会13,980円+精神14,160円) ・社会福祉士の共通科目免除により受験する場合:13,020円
・社会福祉士のみ受験する場合:19,370円 ・社会福祉士と精神保健福祉士を同時に受験する場合:36,360円(=社会16,840円+精神19,520円) ・社会福祉士の共通科目免除により受験する場合:16,230円

第34回(令和3年度)試験からの受験料変更にともなう修正
2021.09.13
1刷 043
問題10、選択肢4、解説文の1行目
設問文は「目的合理的行為」の説明である。
設問文は「戦略的行為」の説明である。
2021.09.30
1刷 197
問題16の解説文、1~3行目
成年後見開始の審判の申立てを行うことができるのは,本人,配偶者,4親等以内の親族,成年後見人・成年後見監督人,保佐人・保佐監督人,補助人・補助監督人,未成年後見人・未成年後見監督人,市町村長,検察官,任意後見受任者・任意後見人・任意後見監督人である。
成年後見開始の審判の申立てを行うことができるのは,本人,配偶者,4親等以内の親族,未成年後見人・未成年後見監督人,市町村長,検察官,任意後見受任者・任意後見人・任意後見監督人である。

「成年後見人・成年後見監督人,保佐人・保佐監督人,補助人・補助監督人,」を削除
2021.06.07
1刷 245
問題13、選択肢5、1行目
機能主義アプローチに関する記述である。
機能的アプローチに関する記述である。
2021.12.07
1刷 321
問題05、選択肢4、解説文の3行目
都道府県が養育費の聴衆を
都道府県が養育費の徴収を
2021.09.15
1刷 410
問題3、選択肢3、2行目
2002(平成15)年
2003(平成15)年
2021.06.04