AWSではじめるインフラ構築入門 安全で堅牢な本番環境のつくり方 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. AWSではじめるインフラ構築入門 安全で堅牢な本番環境のつくり方

AWSではじめるインフラ構築入門 安全で堅牢な本番環境のつくり方


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798170794
価格:
3,300(本体3,000円+税10%)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AWSのネイティブ機能を組み合わせて
安全かつ堅牢なインフラを構築・運用

本書は、AWS(Amazon Web Services)を利用して、
インフラを構築/運用する方法を解説する入門書です。
クラウドでネットワーク&サーバー構築を行うために必要な基礎知識や、
AWSのネイティブ機能を組み合わせて安全かつ堅牢なインフラを構築/運用
するための設定方法やノウハウを解説します。

 ○Amazon VPCによるインフラ基盤の構築方法
 ○Amazon EC2による踏み台サーバー・Webサーバーの作り方
 ○Amazon RDSによるDBサーバーの作り方
 ○負荷分散のためのロードバランサーの構築
 ○独自ドメインやSSL証明書の取得
 ○メールサーバーやキャッシュサーバーの構築
 ○サービスの監視を組み込む方法
 ○月々のAWS利用料金の管理

など、現場のノウハウをあますところなく紹介/解説していきます。
「AWSを用いたインフラ構築/運用の方法が知りたい」方におすすめの一冊です。

▼対象読者
○AWSでインフラを構築したいエンジニア(AWSを使うのは初めて)

▼本書の特徴
○AWSによるインフラ構築・運用の方法がわかる
○インフラ構築の際に必要なネットワーク&サーバー構築の知識・手順を
 ステップバイステップ形式で学ぶことができる

▼扱う機能
○構築
 VPC、EC2、RDS、S3、Certification Manager、Route 53、SES、ElastiCache
○運用
 IAM、CloudWatch、請求

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

AWS(Amazon Web Services)のネイティブ機能を組み合わせて安全かつ堅牢なインフラを構築・運用

AWS(Amazon Web Services)のネイティブ機能を組み合わせて安全かつ堅牢なインフラを構築・運用

本書は、AWS(Amazon Web Services)を利用して、インフラを構築・運用する方法を解説する入門書です。クラウドでネットワーク&サーバー構築を行うために必要な基礎知識や、AWSのネイティブ機能を組み合わせて安全かつ堅牢なインフラを構築・運用するための設定方法やノウハウを解説します。

  • Amazon VPCによるインフラ基盤の構築方法
  • Amazon EC2による踏み台サーバー・Webサーバーの作り方
  • Amazon RDSによるDBサーバーの作り方
  • 負荷分散のためのロードバランサーの構築
  • 独自ドメインやSSL証明書の取得
  • メールサーバーやキャッシュサーバーの構築
  • サービスの監視を組み込む方法
  • 月々のAWS利用料金の管理

など、現場のノウハウをあますところなく紹介・解説していきます。「AWSを用いたインフラ構築・運用の方法が知りたい」方におすすめの一冊です。

本書の特徴

本書で扱う内容

本書には大きく2つの特長があります。1つは、ビジネスソリューションに特化していることです。ビジネスソリューションで構築するアプリは、WebサーバーとDBサーバーを中心として構築される、基本的なWebアプリとして作成されます。本書で取り上げたAWSのサービスは、すべてこのソリューションでよく使われるものです。

本書の内容

もう1つは本格的であることです。単なる学習レベルであれば、WebサーバーとDBサーバーを1台ずつ用意するだけでも、それなりのWebアプリが動いているように見えるでしょう。しかし本格的にWebアプリを運用しようとすると、パフォーマンス、堅牢性、保守性、コストなど、目には見えにくい、さまざまなことを考慮する必要があります。本書では、これらについても、実運用に基づいた実践的な説明をしています。AWSによるインフラ構築の基本をしっかり理解できるよう、すべての章においてふんだんにスクリーンショットを使い、ステップバイステップ形式で学べるように工夫しています。また、第13章では、本書で説明したすべてのサービスを組み合わせた実践的なインフラ上で、実際にサンプルWebアプリを動作させます。

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

  • 266ページ「11.3.6 メール受信」について

    メール受信用のS3バケットをあらかじめ用意するよう記載していますが、
    このS3バケットはSESがメールを保存できるよう権限の設定を行う必要があります。
    設定方法については、以下のサポートサイトをご参照ください。

    https://sites.google.com/view/aws-intro/home/11th
  • 298ページ「rbenvのインストール」について

    298ページのrbenvのインストーラー取得(公式Git Hub)コマンドが変更になりました(2021/05/03変更)。
    変更内容は以下の通りです。

    rbenvのインストール、1~2行目
    ▼変更前
    $ curl -fsSL https://github.com/rbenv/rbenv-installer/raw/master/bin/rbenv-installer | bash

    ▼変更後
    $ curl -fsSL https://github.com/rbenv/rbenv-installer/raw/HEAD/bin/rbenv-installer | bash


ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年09月08日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 000
「追加情報」があります
本書刊行後におこなわれたアップデートに対する変更や、その他の補足事項等は、「追加情報」のページに掲載しています。そちらも併せてご覧ください。
2021.08.23
1刷 087
図4.33 赤い枠内
4刷

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

「Public Subnet 1」を「Private Subnet 1」に修正しました。
2021.08.18
1刷 141
図7.5 中央の囲み内、右側の囲み内
2刷
中央の囲み内 sample-lb 右側の囲み内 Webサーバー
中央の囲み内 sample-elb 右側の囲み内 ターゲットグループ
2021.05.11
1刷 177
「8.8 動作確認」の3つ目の段落
4刷
以下のように「sudo yum -h install mysql」というコマンドを実行してインストールしてください。
以下のように「sudo yum -y install mysql」というコマンドを実行してインストールしてください。
2021.08.20
1刷 178
実行結果「データベースサーバーへの接続」1行目
4刷
$ mysqladmin ping -u admin -p -h sample-db.cosog22djleo.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com -p
$ mysqladmin ping -u admin -p -h sample-db.cosog22djleo.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com

※リフローEPUBの場合、「8.8 動作確認」の2つ目の実行結果「データベースサーバーへの接続」の1行目のコマンドの末尾が該当箇所になります。
2021.08.20
1刷 295
ページ一番下:ミドルウェアのインストール囲み、4行目
2刷
ImageMagicK
ImageMagick

一番最後が大文字Kではなく、小文字k

※リフローEPUBの場合、「13.3.1 OSの設定やミドルウェアの導入」の1つ目の小見出し「ミドルウェアのインストール」のコマンド例「ミドルウェアのインストール」の枠内が該当箇所になります。
2021.03.16
1刷 332
図14.29の上の文章 下から2~3行目
4刷
異常とみなす」と「CPU使用率が50%を下回ったときに正常とみなす」という2つの条件を作成します。
異常とみなす」という条件のアラームの作成手順を示します。「CPU使用率が50%を下回ったときに正常とみなす」という条件のアラームは、この作成手順を参考に新たに作成してください。

※リフローEPUBの場合、図14.29の下にある3つ目の段落が該当箇所になります。
2021.09.08
1刷 359
付録 設定項目一覧 対象:プライベートサブネット2用の表 サブネットの欄
2刷

一番右の欄内は「private01」ではなく「private02」

※リフローEPUBの場合、付録「設定項目一覧」の2つ目の表のサブカテゴリ「ルートテーブル」の対象「プライベートサブネット2用」の項目「名前タグ」の「値」の表が該当箇所になります。



2021.03.10

感想・レビュー

ルミナス さん

2021-03-20

楽しくて夢中になってawsで構築した。 まるでプラモデルでも組むようにウェブアプリケーションを立ち上げる流れが確認できた。 Rubyを入れるところだけ少し躓いたけど、ほかはすんなり。 awsを使ってアカウント、セキュリティ、コストといったビジネスで利用する際に意識しなければならないことを実際の設定をすることで学べるのは本当にありがたかった。 同じことをazureでも試してみたい。 無償期間でもnatゲートウェイの費用やドメイン費用などは発生するのでそこは注意が必要。

林田力 #東急不動産だまし売り裁判 さん

2021-02-26

Route 53はリソースのヘルスチェックを実施してDNS Failoverをすることができる。Failoverの実現にはRoute 53のEvaluate Target HealthをYesに設定し、ALBのヘルスチェックで異常と判断されたRegionにルーティングされないようにする。Active-Passive Failoverではプライマリリソースとセカンダリリソースを登録しておくとRoute 53が通常時はプライマリリソースへルーティングし、異常があった場合にセカンダリリソースにルーティングする

大臣ぐサン さん

2021-03-28

この1冊でAWSのインフラ構築の概要はつかめる。初学者に最適だ。