IT担当者のためのテレワーク時代のセキュリティ対策 安全な業務環境の構築からデータを守る方法まで 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. IT担当者のためのテレワーク時代のセキュリティ対策 安全な業務環境の構築からデータを守る方法まで

IT担当者のためのテレワーク時代のセキュリティ対策 安全な業務環境の構築からデータを守る方法まで


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798171111
価格:
2,200(本体2,000円+税10%)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者と従業員が協力してデータを守る!
全社的な対策から、リテラシー向上まで
テレワーク時代のセキュリティ入門 決定版

【本書の特徴】
●新しい攻撃や新しいセキュリティ対策がわかる
●安全なテレワーク環境の構築もわかる
●自社に必要な設定が各節のアイコンでひと目でわかる
●Windows11にも対応!

テレワークという働き方も増え、
新たなマルウェア対策や情報漏洩対策など、
個人がセキュリティ意識を高める必要が出てきました。

そこで本書では、ゼロトラストやBYODなどの近年のセキュリティの知識と、
テレワーク環境下だからこそ必要な対策を教えます。
セキュリティ担当者の方が本書を読み込んで各PCを設定することはもちろん、
必要な設定の要所を把握した後、
従業員に簡単な説明だけで設定を任せることも想定して、丁寧に解説しています。

各節の冒頭に「自宅で使うPC」「社内で使うPC」などのアイコンや、
その設定の重要度、設定の目的を記載しているため、
企業の状況によって設定すべきものをひと目で取捨選択できます。

まずは自社の状況に合わせて必要な設定を知り、
必要があれば技術解説を読み込みましょう。

【目次】
序章 新しいセキュリティの潮流
第1章 担当者が知っておくべきセキュリティの基本
第2章 OSによるセキュリティ確保とマルウェア対策
第3章 職場やテレワークでのPC作業時の注意事項
第4章 Web ブラウザーとメールの管理
第5章 ネットワークとアカウントの管理
第6章 PCの入手時・廃棄時のセキュリティ対策
第7章 スマートフォン・タブレットのセキュリティ対策

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

紙面
管理者と従業員が協力してデータを守る! 全社的な対策から、リテラシー向上まで
DXによる働き方改革はテレワークなども視野に入れなければならず、以前とは異なるセキュリティ対策が必要になります。社内という枠に留まらなくなったデータやPCの活用は、結果的にセキュリティ担当者の目が届かない&手に届かない場所での作業になることから、セキュリティ担当者と従業員が協力して対策に臨む必要があるのです。
本書ではセキュリティ担当者が取捨選択しやすいように対象環境や目的などをわかりやすく示しているほか、従業員も知っておくべき項目・任せてもよい(できる)項目もひと目でわかります。
新しい攻撃や新しいセキュリティ対策がわかる

新しい攻撃や新しいセキュリティ対策がわかる

本書の序章では、「新しいセキュリティの潮流」と題して、ゼロトラスト、テレワークの課題、5Gの影響などのセキュリティの最新知識も解説しています。続く第1章では、担当者が知っておくべきセキュリティの基本を解説しています。最新知識を押さえつつ、セキュリティ対策の基本方針を学び、2章以降で具体的な対策や設定を講じていきましょう。

自社に必要な設定が各節のアイコンでひと目でわかる

自社に必要な設定が各節のアイコンでひと目でわかる

セキュリティ担当者が取捨選択しやすいように、各節の冒頭で「自宅で使うPC」「社内で使うPC」などの対象環境を示すアイコンや、各節の設定の重要度、設定の目的を記載しています。企業の状況によって設定すべきものから読んでいただいても構いませんし、もちろん前から順に読んで頂いても構いません。

Windows11にも対応!

Windows11にも対応!

最初に設定の手順や注意点を解説しています。アイコンで対応OSを表記しているので、Windows11とWindows10の対応を見分けられます。

技術解説で深く理解する

技術解説で深く理解する

本書では、設定の手順や注意点の後に、該当項目を使う際に知っておきたい知識や設定理由を解説しています。まずは自社の状況に合わせて必要な設定を知り、必要があれば技術解説を読み込みましょう。

セキュリティのトラブル事例も掲載

セキュリティのトラブル事例も掲載

情報漏洩、マルウェア感染など、実際に起こった事例も掲載しています。企業と従業員が一丸となって対策すべきだということがわかると思います。

スマートフォン・タブレットのセキュリティ対策も解説

スマートフォン・タブレットのセキュリティ対策も解説

最終章では、スマートフォン・タブレットの情報漏洩対策や、のぞき見対策、SNSアカウント管理なども解説しています。業務でスマートフォンやタブレットを使用する企業の方にも役立つ内容となっています。

目次の登録はありません。

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。