人事・経営陣に知ってほしい エンゲージメントの“真”常識 電子書籍(荒金 泰史)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. 人事・経営陣に知ってほしい エンゲージメントの“真”常識

人事・経営陣に知ってほしい エンゲージメントの“真”常識


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798171173
価格:
770(本体700円+税10%)
レーベル:
Shoeisha Digital First
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンゲージメントへの誤った認識を指摘するとともに、
経営に役立つエンゲージメントの運用について考察!

VUCAと呼ばれる不確実性の社会を迎える中、企業が独自の価値を生み出し、
生き残り成長するために、改めて「人材」というリソースへの注目が高まっています。

では、人材が個々の能力を発揮し、業績向上に貢献してくれるようになるには何が重要か。
それは、仕事に対して愛着を持ち、意欲的に業務に取り組む心の状態「エンゲージメント」です。

ただし、エンゲージメントはその意味や方向性を取り違えられるケースが少なくありません。
本書は、その誤りを丁寧に指摘するとともに、エンゲージメントへの正しいアプローチを解説します。

働き方がますます多様化するこれから、エンゲージメントは従業員が自社で働く理由にもなります。
人事の方、経営者の方はぜひ本書をご一読ください。

はじめに
【第1章】 企業が踊る「エンゲージメント」狂騒曲、注目を集める理由と危険性を知る
【第2章】 従業員満足度と何が違う? エンゲージメントを高めたい企業が陥りやすい「盲点」
【第3章】 物分かりがよいだけの企業・上司の下ではエンゲージメントは向上しない――では何が必要か
【第4章】 エンゲージメントを高めれば業績は向上するのか?
【第5章】 人事が経営・現場と足並みをそろえていくために有効なポジショニングとは
【第6章】 エンゲージメント向上は実のある取り組みでなくてはならない

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。