対人援助の現場で使える 言葉〈以外〉で伝える技術 便利帖(大谷 佳子)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 対人援助の現場で使える 言葉〈以外〉で伝える技術 便利帖

対人援助の現場で使える 言葉〈以外〉で伝える技術 便利帖 新刊


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798171470
定価:
1,980(本体1,800円+税10%)
仕様:
B5変・160ページ
分類:
介護・福祉
シリーズ:
現場で使える便利帖

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

想いや言葉だけでは不十分!
大切なのは、心理学に基づいた
ノンバーバル(非言語)・コミュニケーション!

「ちゃんと声をかけたのに」「しっかり説明したのに」
相手への声かけや、言葉のやり取りをしっかり行えば大丈夫、
と思っていませんか。

自分は言葉を尽くしたつもりでも、全く届いていないことがあります。
それは相手が、こちらの話を受け入れる心情になっていないのかも。

表情、話し方、身ぶりなどから生まれる印象は、
想像以上に相手に伝わります。いえむしろ、
そうしたノンバーバル(非言語)によるメッセージは、
ときに言葉以上に強く相手の情動に働きかけます。

本書によって対人援助職が非言語表現についての知識を持てば
日々の相談に効果的に活用するだけでなく、相手側の表現の意味も理解し
より豊かなコミュニケーションが実現できるようになります。

■■■本書のポイント■■■
・心理学をベースとした、非言語表現の技術をやさしく解説
・心理学用語からも引ける
・ワークはWebにてダウンロード提供(会員登録が必要です)

■■■読者対象■■■
ソーシャルワーカー、生活相談員、施設職員、
ケアマネジャー、介護福祉士、民生委員、児童委員、
スクールカウンセラー、児童指導員・相談員、
医療職・看護職、自治体職員、カウンセラーの方々

■■■著者について■■■
大谷佳子
Eastern Illinois University, Honors Program心理学科卒業、
Columbia University, Teachers College教育心理学修士課程修了。
現在、昭和大学保健医療学部講師。
医療、福祉、教育の現場の援助職を対象に、
コミュニケーション研修及びコーチング研修、
スーパービジョン研修などを担当。
主な著書に、
『対人援助の現場で使える 聴く・伝える・共感する技術 便利帖』
『対人援助の現場で使える 質問する技術 便利帖』
『対人援助の現場で使える 承認する・勇気づける技術 便利帖』(翔泳社)
『よくある場面から学ぶコミュニケーション技術』(中央法規出版)など。


■第1章 言葉だけがコミュニケーションではない
対人コミュニケーションとは
援助の現場でのコミュニケーション
コミュニケーションで得られる3つの情報
意思伝達のための言語情報
COLUMN|手話は言語?それとも非言語?
感情の伝達と理解のための非言語情報
非言語は第一印象を決める
COLUMN|ネガティビティ・バイアス
非言語は親密さを表現する
COLUMN|つま先の方向に表われる好意
非言語は言葉を支える
非言語は本音を伝える
非言語はコミュニケーションを調整する
些細な変化に敏感になろう
感受性を高めて、援助の質を高めよう
Work|観察ゲーム
相手の目に映る自分を意識しよう
COLUMN|身だしなみも非言語的コミュニケーション
スキルとして、非言語を活用しよう
準言語の2つの役割
声の感情を受けとめよう
援助職の態度を声で見せよう
COLUMN|悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しい

■第2章 こんなコミュニケーションでは上手くいかない
ラポールを形成するときのNGな癖
COLUMN|かかわり行動
相手に怖がられてしまう表情
COLUMN|説得場面での笑顔は信頼できない?
「威圧的」と相手が感じる目線・視線
「壁をつくっている」と相手が感じる姿勢
「落ち着かない」と相手が感じる動作
相手を不安にさせる声のトーン
COLUMN|言葉以外の手段が伝える関係の質
「気遣いがない」と相手が感じる声の大きさ
「内容が入ってこない」話す速度
「言葉にトゲがある」と相手が感じる言い方
COLUMN|オンライン面談での話し方
「熱意がない」と相手が感じる声
相手をネガティブな気持ちにさせるため息
COLUMN|ため息をつくと幸せが逃げる?

■第3章 非言語を上手に活用しよう
笑顔で良好な関係をつくろう
誤解を招く表情に注意しよう
共感は、表情と言葉で伝えよう
相手の表情に同調してみよう
COLUMN|ミラーニューロン・システム(MNS)
笑顔の意図に注意しよう
COLUMN|好きは口元、嫌いは目元に表われる
Work|感情当てゲーム
目力をアップさせよう
目線で対等な関係を示そう
Work|3つの目線
アイコンタクトを上手に活用しよう
COLUMN|アイコンタクトはOKのサイン
視線を合わせるタイミングをつかもう
自然な目のやり場を見つけよう
相手の目に注目しよう
Work|3つの座り方
オープンな姿勢をつくろう
会話の一体感を生み出そう
COLUMN|無意識的なミラーリング
姿勢から心理状態を読み取ろう
COLUMN|姿勢が良くなることで得られる効果
Work|3つのお辞儀
無自覚な手の動きに注意しよう
想いは振る舞いで伝えよう
うなずきで相手の意欲を高めよう
会話の空気を読もう
動作を手がかりにしよう
相手とつながろう
COLUMN|接触文化と非接触文化
手から気持ちを伝えよう
COLUMN|タッチングの効果
ストレスのサインに気づこう
COLUMN|単純接触効果(ザイアンス効果)
その人の空間を大切にしよう
専門職としての距離を意識しよう
COLUMN|人間のテリトリー意識
Work|3つの距離

■第4章 準言語を上手に活用しよう
声の効果で印象を変えよう
声のトーンで気持ちを伝えよう
相手の声にも意識を向けよう
適切な大きさの声で話そう
「壁に耳あり」に注意しよう
相手の心理的な変化に気づこう
相手と波長を合わせよう
説得するときはゆっくり話そう
話すスピードから性格を把握しよう
メリハリのある話し方をしよう
語尾を柔らかくしよう
相手の「言い方」に注目しよう
COLUMN|電話では声だけが頼り
好まれる声で話そう

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。