「食べる」介護のきほん 誤嚥を防いで食の楽しみをキープする、食事介助&お口のケア(はじめての在宅介護シリーズ)(齋藤 真由)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 「食べる」介護のきほん 誤嚥を防いで食の楽しみをキープする、食事介助&お口のケア(はじめての在宅介護シリーズ)

「食べる」介護のきほん 誤嚥を防いで食の楽しみをキープする、食事介助&お口のケア(はじめての在宅介護シリーズ) 新刊


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798172644
定価:
1,650(本体1,500円+税10%)
仕様:
B5変・136ページ
分類:
介護・福祉

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護する人」に寄り添う
在宅介護の実用書シリーズ新登場!

・いつもの食事が食べにくそう
・食べる量が減ってきた
・食べ終えるまでに時間がかかる
・むせることが増えて誤嚥が心配
・歯磨きなどのセルフケアが難しくなってきた…etc.

「口から食べること」は心身の健康や生活の質にも直結するので、
できるだけ美味しく・楽しく食べてほしい。
とはいえ、食事の用意や介助、お口のケアを手厚く行うのは負担が大きい。

本書では、栄養士資格も持つ歯科医師の著者が、
長年の摂食嚥下診療や口腔ケア指導、家庭や施設への訪問診療の経験をもとに、
「食べる力」をキープするために知っておきたいことを、
イラストとともにわかりやすく解説します。

食事場面での困り事への対応、誤嚥予防のポイント、
家庭でできる口腔ケア、入れ歯についての疑問や、訪問歯科の利用など、
「介護される人」だけでなく「介護する人」の実情もふまえたノウハウや考え方を提案します。

■目次
●第1章:「食べる楽しみ」を維持するために知っておきたいこと
●第2章:食事中のこんな「困った」ありませんか?
●第3章:食事の「困った」は姿勢で改善できる
●第4章:家庭でどこまでできる? 現実的な口腔ケア
●第5章:噛む・飲み込む力を高めて病気予防


「つらい」「どうすればいいの」を解決します
現場をよく知る歯科医師が教える
誌面紹介

1章 「食べる楽しみ」をキープするために知っておきたいこと
・「口から食べる」って、やっぱり大事?
・口の中を清潔にしなければならない理由
・「食べやすい食事」ってどんなもの?
・ヒトが食べる動作と食事形態の関係を考えてみよう
・食事作りも口腔ケアも、ポイントをおさえて脱力系で

2章 食事中のこんな「困った」ありませんか?
・せっかく作った食事なのに食べてくれません
・食べものを口元に持って行っても、口を開けてくれません
・口に入れてから飲み込むまでに時間がかかります
・食事中によくむせてしまいます
・食べこぼしが多いのですが、どうしたらいいですか?
・食事をしていると、だんだん疲れてしまうように見えます
・とにかく食べるペースが早いのですが、大丈夫ですか?
・嚥下障害と言われたので、とろみをしっかりつけています
・食事の量が少なくて心配です
・毎食2時間もかかかっていますが、大丈夫ですか?
・窒息は、お餅に注意すればいいですよね?
・「嚥下食」の考え方
・服薬をサポートするときのポイント

3章 食事の「困った」は姿勢で改善できる
・誤嚥しにくい食べ方ってありますか?
・食べやすい姿勢とはどんな姿勢?
・食環境の設定で安心&楽しい食事を~椅子とテーブル~
・食環境の設定で安心&楽しい食事を~食具の選び方~
・リハビリセラピストは強い味方

4章 家庭でどこまでできる? 現実的な口腔ケア
・口の中はどうなっている?
・自分の歯がなくなっても、入れ歯にすればいい?
・口腔ケアの方法~セルフケア~
・口腔ケアの方法~介護度が高い人~
・歯が1本でもあれば歯ブラシを使ってケア
・入れ歯の使い方、困り事
・ステージ別に考える、歯のこと、ケアのこと

5章 噛む・飲み込む力を高めて病気予防
・全身の衰えは口から始まる
・食べる・しゃべる力を維持するエクササイズ
・飲み込む力を維持するエクササイズ
・「食べる」ためには全身運動も大事!
・いつか「食べられなくなる日」が来たらどうするか?

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。