おうちで作れる実験スイーツレシピ お菓子+化学=おいしい&楽しい!(sachi_homemade)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. おうちで作れる実験スイーツレシピ お菓子+化学=おいしい&楽しい!

おうちで作れる実験スイーツレシピ お菓子+化学=おいしい&楽しい! 新刊


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798172897
定価:
1,650(本体1,500円+税10%)
仕様:
B5・136ページ
分類:
家事、料理

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもと一緒にお菓子作りで実験!
夏休みの自由研究にぴったりの1冊

お菓子作りには「化学」が隠れています。
焼き色がついたり膨らんだり、
固まったりするのは
すべて化学的な原理が働いているから。

それぞれのお菓子に隠れている
原理を理解して作ると、
お菓子作りが「実験」になります。
色や形、質感の変化を「観察」して作ると
おいしいだけでなく、楽しさもアップ!

元理科・実験教室の先生ならではの
わかりやすい解説で理解もばっちり!
お菓子作りの基本だけでなく、
観察のコツや実験内容のまとめ方、
お子さんと一緒に作る時のポイントも掲載し、
夏休みの自由研究にぴったりの内容です。

〈この本で作るお菓子〉
PART1 自然のカラフルさ!食べ物の色
    色が変わるサイダー/ラムネ/琥珀糖など
PART2 甘さだけじゃない!形と色を作る砂糖
    フルーツあめ/オリジナルコーラ/クッキーなど
PART3 軽くて重い空気の使い方
    メレンゲ/パウンドケーキ/マシュマロなど
PART4 熱い・冷たいおいしさ。温度を利用する
    アイスクリーム/フルーツゼリー/プリンなど

基本の材料は砂糖・卵・バター・小麦粉と
手に入りやすいものばかり。
プリンは鍋で蒸したり、
火を使わずできるレシピがあったりと、
どれも少量から作れて、家庭で作りやすいレシピです。
すべての工程に写真を添えて解説しているので、
初心者もチャレンジしやすい1冊です。

〈担当編集からのメッセージ〉
作りやすくておいしいお菓子ばかり。
鍋蒸しのプリンと琥珀糖は
私的殿堂入りを果たすほどのおいしさ。
大人も楽しく実験して作れます。

〈著者紹介〉
sachi_homemade
熊本大学理学部物質化学科を首席で卒業。
民間の教育機関で働き、子ども向けに
理科・実験教室の講師を務める。
一児の母となった後、お菓子作りが化学と
似ていることに気づき、お菓子作りにのめり込む。
ウェブサイトなどでコラム執筆やレシピ提供を行う。
2022年製菓専門学校卒業見込み。
Instagram:@sachi_homemade


子どもと一緒にお菓子作りで実験!夏休みの自由研究にぴったりの1冊
お菓子作りには「化学」が隠れています。焼き色がついたり膨らんだり、固まったりするのはすべて化学的な原理が働いているから。それぞれのお菓子に隠れている原理を理解して作ると、お菓子作りが「実験」になります。色や形、質感の変化を「観察」して作るとおいしいだけでなく、楽しさもアップ!
00
01

お菓子作りの基本からしっかり解説。この本で使う道具や材料、下準備についてもまとめています。

02

元理科・実験教室の先生が教える、観察のコツや実験内容のまとめ方。夏休みの自由研究にぴったりの内容です。

03

PART1は「色」がテーマ。色が変わるサイダーや人気の琥珀糖など、自然のカラフルさを楽しんでください。

04

PART2は「砂糖」。甘さをつけるだけでなく、フルーツあめやクッキーなどの形や色を作るもとでもあります。

05

PART3は「空気」について。メレンゲ、パウンドケーキなどで空気を上手に使ってふんわり食感や膨らみを作ります。

06

応用レシピも掲載。それぞれの原理を使って作ります。卵白なしで作るマシュマロは、着色料なしでカラフルに。

07

PART4のテーマは「温度」。アイスクリームやゼリーなど、冷やすことでどうお菓子ができるのか。

08

同じ生地でパンケーキとクレープを作ったり、チョコレートやプリンなど、熱を加えて作るお菓子も。

09

各PARTでは、それぞれのお菓子に用いる原理を解説。元理科・実験教室の先生ならではのわかりやすい解説で理解もばっちり!

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。