ビジネスデザインのための行動経済学ノート バイアスとナッジでユーザーの心理と行動をデザインする 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. ビジネスデザインのための行動経済学ノート バイアスとナッジでユーザーの心理と行動をデザインする

ビジネスデザインのための行動経済学ノート バイアスとナッジでユーザーの心理と行動をデザインする


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798173450
価格:
2,200(本体2,000円+税10%)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サービスやプロダクトの開発に
行動経済学の理論を活かすヒント

本書は行動経済学の本ですが、むずかしい専門書ではありません。
本書のテーマは「行動経済学をビジネスデザインに活用すること」です。
行動経済学の理論を知るだけでなく、
新しいサービスやプロダクトの開発に活用することが目的です。
商品サービスとユーザーとの関係に
行動経済学の理論を活用するためのアイデアを、
デザイナー視点でわかりやすく図解していきます。

〈本書の特徴〉
●個別の理論ではなく全体構成で仕組みを理解できる
●図で多く用いることで理論がパッと見てわかる
●社会心理学やデザインなどの観点も織り交ぜている
●商品やサービスなどへの活用方法に言及している
●実際のビジネスを想像しながら読むことで楽しく学べる

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

サービスやプロダクトの開発に 行動経済学の理論を活かす
本書は行動経済学の本ですが、むずかしい専門書ではありません。本書のテーマは「行動経済学をビジネスデザインに活用すること」です。行動経済学の理論を知るだけでなく、新しいサービスやプロダクトの開発に活用することが目的です。商品サービスとユーザーとの関係に行動経済学の理論を活用するためのアイデアを、デザイナー視点でわかりやすく図解していきます。
バイアスとナッジで行動を変える

行動経済学の全体像としての「フレーム」を解説します。商品やサービスに関わるビジネスとユーザーとの関係を、図を用いて整理してします。人と機械の違いを対比的に見ていくことで、人は何に影響を受けて、どう行動につながるかを探っていきます。

8つのバイアス

人を起点に大きく8つに傾向を分類して、行動経済学・社会心理学・デザインなどの理論に基づく39の「バイアス」を取り上げます。全体像と個々の理論の関係性がわかるように整理して、なぜ人はバイアスを受けるのか、どのような活用方法が考えられるかを解説します。

4つのナッジ

デザインの観点に立った実践方法を紹介します。行動経済学を活用する「ナッジ」の考え方をもとに、ユーザーの行動を変えるアプローチの種類や、実際の商品やサービスなどに適用するための方法を解説します。

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。