データ利活用の教科書 データと20年向き合ってきたマクロミルならではの成功法則(マクロミル 渋谷 智之)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. データ利活用の教科書 データと20年向き合ってきたマクロミルならではの成功法則

データ利活用の教科書 データと20年向き合ってきたマクロミルならではの成功法則



形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798173467
定価:
2,420(本体2,200円+税10%)
仕様:
A5・316ページ
分類:
経営・マーケティング

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「データ利活用」の知識を体系的に整理した1冊!

本書では、データ活用を「今あるデータを活かすこと」、データ利活用を「(既存の
データを問わず)利益になるようにデータを用いて活かすこと」と捉えています。

DXを背景に、企業に蓄積されたデータをビジネスに活用する動きが活発です。しかし、
「思うほどビジネス成果に結びついていない」とお悩みの方が多いのではないでしょうか。
成果が出ていないのは、データ活用に留まっているせいかもしれません。

本書は、データ利活用の知識を体系的にまとめた基本書です。データ利活用のステップ
ごとに必要なビジネス知識・スキルを整理し、データ利活用と関連づけて説明しています。
図解と具体例を多く用いて、「利益を生み出すために、データをビジネスに活かす」方法
を紹介しています。

筆者は、独自に構築した自社パネルを強みに、意識データや購買データなど、様々な
生活者のデータを用いて国内年間3000社超の企業のマーケティング支援を行うマクロミル。
社内に蓄積された知見を活かしながら、企業のデータ利活用支援事業として
コンサルティングサービスも展開しています。

【こんな方におススメします!】
・データ利活用の業務に関わるビジネスパーソン
・組織としてデータ人材を育成・底上げしたいと考えているマネジメント層
・ビジネスサイドの発言が理解できず困っているデータアナリストやエンジニア、
 データサイエンティスト

【目次】
第1章 日本におけるDX、データ利活用の現状
第2章 データ利活用に必要な知識・スキル
第3章 マーケティング
第4章 ロジカル・シンキング、ロジカル・コミュニケーション
第5章 仮説思考
第6章 問題解決ステップ
第7章 データ統合基盤・データ活用規制の動き
第8章 リサーチを活用した1次データの収集
第9章 データ分析
第10章 レポーティング&プレゼン


大事なのは「活用」ではなく「利活用」
関係者全員に多くの「共通認識」が必要
データ利活用のステップがわかる

「データ利活用」とは、ビジネス課題を解決するために、データを収集・蓄積・加工・分析・活用していくプロセスのこと。最初に行うのは「課題の明確化」です。飛びつきがちな「分析」の前に、やるべきことがあるのです。本書ではこの点から丁寧に解説します。

マクロミルの知見を凝縮した内容

本書は様々なデータと向き合ってきたマクロミルの、一流コンサルタントによる書き下ろしです。実際の研修でも使われている実践的な内容を、惜しみなく盛り込んでいます。時間がないときでも見出しを追うだけで、ビジネス成果に結びつく考えが身に付きます。

図解とセットだから理解しやすい

本書では図解を多用しています。慣れないうちはイメージしにくい内容も、図解を見ながら読み進めることで理解が進みます。多種多様な図を掲載しているので、一読後に眺めるだけでも、問題解決のステップやレポーティング&プレゼンに役立ちます。

第1章 日本におけるDX、データ利活用の現状
第2章 データ利活用に必要な知識・スキル
第3章 マーケティング
第4章 ロジカル・シンキング、ロジカル・コミュニケーション
第5章 仮説思考
第6章 問題解決ステップ
第7章 データ統合基盤・データ活用規制の動き
第8章 リサーチを活用した1次データの収集
第9章 データ分析
第10章 レポーティング&プレゼン

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2022年04月26日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 054
「3.3 自社を取り巻く「市場環境」を分析する」の「市場環境分析の目的・ステップ」5行目、6行目
2刷
コントール
コントール

※リフローEPUBの場合、図3.3.1のすぐ下にある段落が該当箇所になります。
2022.04.26

感想・レビュー

nadami30 さん

2022-03-15

データ利活用市況、利活用のためのマーケティング観点、データ収集法がまとめられた問題解決起点の一冊。 マーケティング論の分量が多いのが特徴。 データを何のためにどう活かすか、宝の持ち腐れにならない実践的な論理が記載されている。 Cookieレス時代におけるデータ取得方法も興味深い。ゼロパーティーCookieの存在は初めて知った。 全編通して分かりやすく記載で助かる。