独習アセンブラ 新版 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. 独習アセンブラ 新版

独習アセンブラ 新版


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798173962
価格:
4,268(本体3,880円+税10%)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アセンブリ言語だけでなく
コンピュータアキーテクチャを学ぶ
標準教科書

今や、アセンブリ言語は、
最初に学ぶプログラミング言語ではありません。
それでも、C言語をはじめとしたプログラムを書いて、
実行し、デバッグする中で、必ずたどり着くことになるのが、
アセンブリ言語であり、コンピュータアーキテクチャです。

本書は、CPUの仕組みやメモリ、
データ構造について学びながら、
・x86(IA-32)
・x86_64
・ARM
・AVR
・CASL II
といった幅広いアーキテクチャの
アセンブリ言語に触れ、
「コンピュータがどのように
プログラムを実行しているのか」を
深く理解するための一冊です。

■目次
・Chapter 1 アセンブラとアセンブリ言語
・Chapter 2 数の表現
・Chapter 3 文字の表現
・Chapter 4 コンピュータの構造:CPUの構成
・Chapter 5 コンピュータの構造:メモリとCPU処理の抽象モデル
・Chapter 6 コンピュータの構造:スタック
・Chapter 7 GNUアセンブラGAS
・Chapter 8 アセンブリ言語プログラムの実行とインラインアセンブラ
・Chapter 9 x86命令セット:レジスタ
・Chapter 10 x86命令セット:データ転送
・Chapter 11 x86命令セット:算術演算、論理演算
・Chapter 12 x86命令セット:実行制御
・Chapter 13 x86命令セット:浮動小数点演算
・Chapter 14 x86命令セット:SIMD命令
・Chapter 15 仮想コンピュータの例:COMET II
・Chapter 16 マイクロコントローラの例:Atmel AVR
・Chapter 17 RISC CPUの例:Armv8-A
・Chapter 18 64ビットCPUの例:x86-64

【おことわり】
本書はリフロー形式ですが、コードはすべてテキストではなく画像で制作していますので、テキストの選択やコピーはできません。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

アセンブリ言語だけでなくコンピュータアーキテクチャを学ぶ標準教科書

本書の学習メゾット

わかりやすい【解説】

わかりやすい【解説】

基礎的な知識・概念・機能を、サンプルプログラムを例示しながら詳細かつ丁寧に解説します。

理解が深まる【ワンポイント解説】

理解が深まる【ワンポイント解説】

押さえておきたいことを「note」で補足解説しています。プラスαの知識が身につきます。

学習成果を確かめる【理解度チェック】

学習成果を確かめる【理解度チェック】

各章末にある【理解度チェック】で、その章で学んだ事項を理解できたか確認できます。

目次の登録はありません。

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年12月27日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 041
下から5行目
163 ×3+162 ×10+161 ×2+160 ×14=14,984
163 ×3+162 ×10+161 ×2+160 ×14=14,894
2021.10.08
1刷 174
「6.6.3デバッガからの出力を理解する」2つ目のコード
2: /x $esp = 0xbffffabc
2: /x $esp = 0xbffffadc
2021.12.27
1刷 175
「6.6.3デバッガからの出力を理解する」1つ目のコード
3: x/32xb $esp 0xbffffabc: 0x41 0xfb 0xdf 0xb7 0x01 0x00 0x00 0x00   0xbffffac4: 0x54 0xfb 0xff 0xbf 0x5c 0xfb 0xff 0xbf   0xbffffacc: 0xe4 0xfa 0xff 0xbf 0x01 0x00 0x00 0x00   0xbffffad4: 0x00 0x00 0x00 0x00 0x00 0xf0 0xfb 0xb7  
3: x/32xb $esp 0xbffffadc: 0x41 0xfb 0xdf 0xb7 0x01 0x00 0x00 0x00 0xbffffae4: 0x74 0xfb 0xff 0xbf 0x7c 0xfb 0xff 0xbf 0xbffffaec: 0x04 0xfb 0xff 0xbf 0x01 0x00 0x00 0x00 0xbffffaf4: 0x00 0x00 0x00 0x00 0x00 0xf0 0xfb 0xb7
2021.12.27
1刷 175
「6.6.3デバッガからの出力を理解する」1つ目のコードの下の文章 2行目と4行目
2行目:現在、スタックの一番上が 0xbffffabcです。 4行目:その後、レジスタ ESP の値が 0xbffffac0 (= 現在のスタックポインタの値 + 4 バイト) に変化します。
2行目:現在、スタックの一番上が 0xbffffadcです。 4行目:その後、レジスタ ESP の値が 0xbffffae0 (= 現在のスタックポインタの値 + 4 バイト) に変化します。
2021.12.27