「不適合」から生まれたマーケティング(MarkeZine Digital First) P&G、Google、 Adobeでの経験から生まれた、モデルやフレームワークが使えない時の方法論 電子書籍(里村 明洋)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. 「不適合」から生まれたマーケティング(MarkeZine Digital First) P&G、Google、 Adobeでの経験から生まれた、モデルやフレームワークが使えない時の方法論

「不適合」から生まれたマーケティング(MarkeZine Digital First) P&G、Google、 Adobeでの経験から生まれた、モデルやフレームワークが使えない時の方法論


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798174099
価格:
770(本体700円+税10%)
レーベル:
Shoeisha Digital First
シリーズ:
MarkeZine Digital First
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

B2CでもB2Bでも使える思考法を手に入れる!

マーケティングの領域では、日々いろいろなモデルやフレームワーク、事例が共有されています。
しかし、他社で成功しているやり方をそのまま展開しようとしても、
ビジネスモデルの違いや組織文化の違いなどから、上手くいかないことも多いもの。

そこで本書はP&G、Googleを経て、現在はアドビでマーケティングの責任者を務める著者が
「自分で考え、より現実的かつ本質的な解決策を導くための思考法」を伝授。
特に重視しているのは、消費者の「無意識」に向き合うこと。
マーケターは、消費者自身が気づいていない「無意識」にたどり着き、
消費者が「言われてみれば欲しかった」と思うような
ベネフィット・コミュニケーションをすることで、
商品カテゴリー自体を拡大し、購入につなげることができます。
B2C、B2Bを問わず参考にできる内容です。

【本書の特徴】
・考え方の習得・現場での実践、両方をカバーする2部構成
・アドビでのマーケティングを中心に、豊富な事例を掲載
・転職後も活躍し続けるためのマネジメント・キャリア論にも言及

まえがき

■第1部 思考のための4つのキーワード
第1章 マーケティングを始める前に
第2章 消費者理解の第一歩は「カテゴリー理解」
第3章 「カテゴリーの再定義」で消費者を良い意味で裏切る
第4章 「独自性とモーメント」を整理する
第5章 マインドジャーニーを使って「どこで何を伝えるか」を考える

■第2部 ブランド強化のための組織マネジメント
第6章 「マーケティング」の定義に違和感がある時は
第7章 業界を超えたマーケティング組織マネジメント
第8章 越境して活躍するマーケターになるために

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。