エンジニアが学ぶ物流システムの「知識」と「技術」 第2版 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. エンジニアが学ぶ物流システムの「知識」と「技術」 第2版

エンジニアが学ぶ物流システムの「知識」と「技術」 第2版


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798174150
価格:
3,300(本体3,000円+税10%)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物流に大きな変革の波が押し寄せている!
第2版では、物流DXに完全対応。

【内容紹介】
●ビジネス成功のカギを握る物流システム
アマゾンや楽天の強みの1つに物流サービスがあります。
いかに短時間で注文した荷物が届くかが重視される
現代において、物流を武器にビジネスを拡大している
企業が成長しており、物流が競争の源泉になっています。

物流システムには効率性と正確性が求められます。
システム構築を手掛けるエンジニアにとっても、
物流の基礎知識が必要不可欠なのです。

●人手不足は解消できる
国内は人手不足により、手厚い物流が
困難になるなど、物流のあり方が模索されています。

人手不足を解消すべく、ネットによる受注、貨物追跡、
物流のアイドルリソース活用(物流版のウーバー)やIoT、
ドローン輸送、自動運転といった多くの
イノベーションが物流領域に起きています。

●コロナ禍で加速する物流改革
第2版では、特に注目される「物流DX」関連の項目を加筆しました。
RFID、トラックのマッチングサービス、ビッグデータやAIの活用、
ARやAMR(自立走行搬送ロボット)、自動運転など、
これからの時代に求められる知識が身につきます。

本書では最新システム動向と物流システムの種類から、
物流DXやテクノロジーまで言及し、物流の現在と
ビジネスの変化を解説します。
物流システムを手掛けるエンジニアに必要な知識が
これ1冊で身につきます。

【読者対象】
・物流システムを構築するエンジニア
・物流業務の改善提案を行うコンサルタント
・企業の物流業務のビジネスモデル検討やシステム導入、業務改善担当者など ※エンジニアでなくとも、物流に携わる方全員にお読みいただけます。

【本書のポイント】
・物流に必要なシステムと最新動向がわかる
・物流の現在と直面するビジネスの変化や、その対応方法がわかる
・注目される物流DXについてわかる
・物流業務の機能がわかる
・物流のシステム導入のやり方がわかる

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

エンジニアが学ぶ「知恵」と「技術」
物流DXに完全対応
物流システムを手掛ける上で押さえておくべき基礎知識がわかる

物流システムを手掛ける上で押さえておくべき基礎知識がわかる

工場内物流、VMI、ミルクラン集荷といった普段聞き慣れない言葉の意味など、物流システムに携わるエンジニアなら知っておくべき項目が効率的に理解できます。

物流DXに完全対応

物流DXに完全対応

第2版では、特に注目される「物流DX」関連の項目を加筆しました。RFID、トラックのマッチングサービス、ビッグデータやAIの活用、ARやAMR(自立走行搬送ロボット)、自動運転など、これからの時代に求められる知識が身につきます。

業務機能の流れでシステム機能が理解できる

業務機能の流れでシステム機能が理解できる

物流の機能を概説したあとで、それを受けた次の章で倉庫管理業務と倉庫管理システム(WMS)、次に輸配送業務と輸配送管理システム(TMS)を説明します。システムを構築するエンジニアにとって、業務機能の流れでシステム機能が理解できるように工夫しています。

仕事の流れからも理解できる

仕事の流れからも理解できる

物流システムを作るエンジニアにとって、生産や購買、営業といった物流を取り巻く周辺業務との関連への理解が必要になるため、物流における付加価値業務としてトレーサビリティとトラッキングについても触れています。

目次の登録はありません。

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。