エンタープライズのためのGoogle Cloud クラウドを活用したシステムの構築と運用(遠山 雄二 矢口 悟志 小野 友也 渡邊 誠 岩成 祐樹 久保 智夫 村上 大河 星 美鈴 遠山 雄二 中井 悦司 佐藤 聖規)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. エンタープライズのためのGoogle Cloud クラウドを活用したシステムの構築と運用

エンタープライズのためのGoogle Cloud クラウドを活用したシステムの構築と運用









監修
監修
監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798174181
定価:
3,630(本体3,300円+税10%)
仕様:
B5変・352ページ
分類:
ネットワーク・サーバ

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Cloudのエンジニアによる本格解説書!

クラウドコンピューティングが普及する中で、エンタープライズシステムもまた、
オンプレミスからクラウドへの円滑かつ効果的な移行が求められています。

本書は、エンタープライズシステムを構築・運用するエンジニアのために、
Google Cloudの具体的なユースケースや設計ポイントを
Google Cloudのエンジニア陣が徹底的に解説する一冊です。

プロダクトカットで機能の説明にフォーカスをするのではなく、
従来オンプレミスでシステム開発を行う際にも考慮が必要である
「アカウント設計」「セキュリティ設計」「ネットワーク設計」
「プロダクト設計」「監視・運用設計」「移行設計」といった設計軸で、
Google Cloudを利用する際のポイントについて述べています。

また、説明の軸足を置くユースケースとしては主に、従来オンプレミスで
稼働していたようなエンタープライズシステムを、どのように
Google Cloud上で実現するかにフォーカスしているため、
あえてコンテナ、データ分析、AI/MLといった領域の説明は
簡易な記載にとどめています。

本書を読めば、エンタープライズ用途にも耐えうるクラウドアプリケーションの
 ・アカウント設計
 ・セキュリティ設計
 ・ネットワーク設計
 ・プロダクト設計
 ・監視・運用設計
 ・移行設計
などのノウハウを、広く深く学ぶことができます。

【目次】
・Chapter 1:Google Cloudの概要
・Chapter 2:アカウント設計
・Chapter 3:セキュリティ設計
・Chapter 4:ネットワーク設計
・Chapter 5:プロダクト設計
・Chapter 6:監視・運用設計
・Chapter 7:移行設計
・Chapter 8:Google Cloudを用いたエンタープライズシステム(クラウド移行プロジェクトの例)


Google cloudのエンジニアによる本格解説書

本書は、エンタープライズシステムを構築・運用するエンジニアのために、Google Cloudの具体的なユースケースや設計ポイントをGoogle Cloudのエンジニア陣が徹底的に解説する一冊です。プロダクトカットで機能の説明にフォーカスをするのではなく、従来オンプレミスでシステム開発を行う際にも考慮が必要である「アカウント設計」「セキュリティ設計」「ネットワーク設計」「プロダクト設計」「監視・運用設計」「移行設計」といった設計軸で、Google Cloudを利用する際のポイントについて解説します。

Google cloudの概要

クラウドコンピューティングの基礎知識、Google Cloudのサービス拠点、プロダクトの概要、料金体系など、Google Cloudの全体像。

アカウント設計

リソースの階層構造、プロジェクトで使用するリソースに対する課金の仕組み、ユーザーアカウントに対する認証・認可の仕組み。

セキュリティ設計

Google Cloudで利用できるセキュリティ機能、これらを利用したセキュリティ対策の方法。

ネットワーク設計

Google Cloudネットワークの全体像、VPCの設計、オンプレミス環境との接続(ハイブリッド接続)、DNS、Cloud CDNとCloud Load Balancing。

プロダクト設計

「コンピューティング」関連プロダクト、「ストレージ/データベース」プロダクトの具体的な仕様や特徴と設計ポイント。

監視・運用設計

監視・運用に求められる要件、Google Cloudのプロダクトを利用した実装方法、効率的に利用するための設計ポイント。

移行設計

オンプレミスからクラウドに移行する際の移行パターン、移行ステップ、サーバー移行、データ移行、データベース移行における具体的な移行方法。

Google cloudを用いたエンタープライズシステム

オンプレミス環境からGoogle Cloudへのシステム移行の具体的な流れ。(架空企業のクラウド移行プロジェクトを例に解説)

Chapter 1 Google Cloudの概要
1.1 クラウドコンピューティングとオンプレミスシステム
1.2 Google Cloudの歴史
1.3 Google Cloudの特徴
1.4 Google Cloudのインフラストラクチャ
1.5 Google Cloudのプロダクト
1.6 Google Cloudの料金
1.7 まとめ

Chapter 2 アカウント設計
2.1 リソース管理
2.2 請求先の管理
2.3 ユーザー権限の管理
2.4 ベストプラクティス
2.5 まとめ

Chapter 3 セキュリティ設計
3.1 Google Cloudにおけるセキュリティ
3.2 セキュリティ関連のプロダクト
3.3 構成例
3.4 まとめ

Chapter 4 ネットワーク設計
4.1 Google Cloudネットワークの全体像
4.2 VPCの設計
4.3 オンプレミス環境との接続(ハイブリッド接続)
4.4 DNS
4.5 Cloud CDNとCloud Load Balancing
4.6 まとめ

Chapter 5 プロダクト設計
5.1 Compute Engine
5.2 App Engine
5.3 Google Kubernetes Engine(GKE)
5.4 Cloud Functions
5.5 Cloud Run
5.6 Cloud Storage
5.7 Cloud Bigtable
5.8 Cloud SQL
5.9 Cloud Spanner
5.10 Memorystore
5.11 Cloud Firestore(Nativeモード/Datastoreモード)
5.12 まとめ

Chapter 6 監視・運用設計
6.1 監視・運用とは
6.2 Google Cloudの監視・運用に関するプロダクト
6.3 体制設計のポイント
6.4 監視設計のポイント
6.5 運用設計のポイント
6.6 まとめ

Chapter 7 移行設計
7.1 移行パターン
7.2 移行ステップ
7.3 移行方法
7.4 まとめ

Chapter 8 Google Cloudを用いたエンタープライズシステム(クラウド移行プロジェクトの例)
8.1 架空企業とシステム
8.2 移行するワークロードの評価
8.3 移行計画の策定
8.4 移行の実施
8.5 移行後環境の最適化
8.6 まとめ

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2022年02月25日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 114
「グローバルネットワーク」下から6行目
m Google cloudでは、
Google cloudでは、
2022.02.25
1刷 139
図4.31 Cloud RouterのASN
65413
16550
2022.02.14