消費者調査からひもとく生活の変化(MarkeZine Digital First) 電子書籍(犬飼 江梨子)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. 消費者調査からひもとく生活の変化(MarkeZine Digital First)

消費者調査からひもとく生活の変化(MarkeZine Digital First)


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798174471
価格:
770(本体700円+税10%)
レーベル:
Shoeisha Digital First
シリーズ:
MarkeZine Digital First
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「コロナ禍によって、人々の生活が変わった」
至るところでこの言葉を聞いたり、目にしたりします。
では、具体的に何が変化したのでしょうか?
変化によって人々の意識や行動はどうなったのでしょうか?

本書は15年間で約1万人の消費者心理を分析してきた
犬飼 江梨子がインタビューや消費者調査の中で感じ取った
5つの変化をまとめたものです。

検証のためにアンケートで消費者の声を吸い上げ、
集計して出てきた数字を元に変化への解釈がされています。
定量と定性の両面から生活や消費者に起きている変化を読み解く1冊。
今後のビジネスの展開や、新規サービス開発のヒントにお役立てください。

第1章 2021年、コロナ禍を経て消費者に起きている行動の変化とは?
第2章 情報収集はもう時代遅れ?「調べたくない」消費者の実態と、これからの情報提供の在り方を考える
第3章 Z世代にとってSNS広告は有力な情報源? Z世代が求めるSNS広告のあり方を考える
第4章 食事の変化から見えてくる、コロナ禍で顕著になった「考えたくない」消費者心理
第5章『コロナ後もマスクを着用したい』人は7割以上、マスクの常用化が変えたものとは?

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。