Cookie代替にとらわれない、コンテクスチュアル広告の考え方・基礎知識(MarkeZine Digital First) 電子書籍(GumGum Japan株式会社 若栗 直和)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. Cookie代替にとらわれない、コンテクスチュアル広告の考え方・基礎知識(MarkeZine Digital First)

Cookie代替にとらわれない、コンテクスチュアル広告の考え方・基礎知識(MarkeZine Digital First)


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798176581
価格:
770(本体700円+税10%)
レーベル:
Shoeisha Digital First
シリーズ:
MarkeZine Digital First
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Cookieレスの一手法として「コンテクスチュアル広告」を知る

インターネットの世界における個人のプライバシーを巡る問題は、
今や、消費者側も高い関心と疑念を抱く社会的テーマとなっています。
広告・マーケティング業界では、今、サードパーティーCookieの廃止を受けた混乱が起きていますが、
「そもそも、なぜこのような動きになっているのか」を考えると、取るべき対応は自ずと見えてきます。

「Cookieレス時代の新手法」として無数の情報が飛び交っている中、
本書は、客観的かつ冷静に情報解釈を行うための視点を提供する目的で書かれました。
Cookieレス時代にマーケターが持っておくべき視点・考え方を踏まえた上で、
新しい手法として、現在注目されている「コンテクスチュアル広告」の基礎知識を得ることができます。

【著者紹介】
若栗 直和(わかぐり なおかず)
GumGum Japan株式会社 日本代表
広告とブランディングを専門として20年以上にわたり活動。
広告会社オグルヴィ(Ogilvy)で、アジア・グローバル向けの
ブランド戦略・クリエイティブ開発・施策立案に従事した後、
2018年よりGumGumの日本代表として国内事業を統括。
次世代の広告の開発・普及に取り組んでいる。

はじめに
第1章 Cookieレス祭りの混沌を抜け出す「知識」と「視点」
第2章 コンテクスチュアル広告の基礎知識
第3章 コンテクスチュアル広告導入ガイド~KPI設定から効果最大化のポイントまで~
第4章 コンテクスチュアル広告の悪用を回避するのは「健全性」と「良心性」
第5章 2022年以降のCookieレス祭りの行先

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。