なっとく!関数型プログラミング(Michał Płachta 株式会社クイープ 株式会社クイープ)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. なっとく!関数型プログラミング

なっとく!関数型プログラミング

原著
翻訳
監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798179803
定価:
3,740(本体3,400円+税10%)
仕様:
B5変・512ページ
カテゴリ:
プログラミング・開発
キーワード:
#プログラミング,#開発環境,#開発手法,#Web・アプリ開発
紙の書籍

"当たり前"となった関数型を
意識せずに使いこなすために

本書は
Michał Płachta, "Grokking Functional Programming"
Manning Publications 2022
の邦訳版です。

いまや、どの言語の開発環境においてもフツーに目にする「関数型プログラミング」。

ということは、概念さえしっかり把握してしまえば、どんな開発の現場であっても関数型プログラミングのメリットを(検索やAIを援用することなく)享受できるということです。

本書は
 ・シグネチャがウソをつかない
 ・本体が極力宣言的である
というトピックを少しずつ掘り下げながら、最終的に「古い習慣に囚われることのない、現実的なプログラム」を構築できるように読者をいざなってくれます。

本書によって、オブジェクト指向プログラミングと同様、関数型プログラミングを母国語のように書き、問題解決の新しいアプローチを習得できるでしょう。

【著者について】
・Michał Płachta(ミハエル・プワッチャ)
2014年にScalaの商用利用を始めて以来、ScalaおよびJVMコミュニティに積極的に貢献してきました。定期的にカンファレンスで講演したりワークショップやミートアップを開催するなど、関数型プログラミングによって開発者がより良いプロダクトを作成できるように支援しています。

【目次】
Part 1 関数型ツールキット
 第1章 関数型プログラミングを学ぶ
 第2章 純粋関数
 第3章 イミュータブルな値
 第4章 値としての関数
Part2 関数型プログラム
 第5章 逐次プログラム
 第6章 エラー処理
 第7章 型としての要件
 第8章 値としてのIO
 第9章 値としてのストリーム
 第10章 並行プログラム
Part3 関数型プログラミングの応用
 第11章 関数型プログラムを設計する
 第12章 関数型プログラムをテストする

画像01

Part 1 関数型ツールキット
 第1章 関数型プログラミングを学ぶ
 第2章 純粋関数
 第3章 イミュータブルな値
 第4章 値としての関数
Part2 関数型プログラム
 第5章 逐次プログラム
 第6章 エラー処理
 第7章 型としての要件
 第8章 値としてのIO
 第9章 値としてのストリーム
 第10章 並行プログラム
Part3 関数型プログラミングの応用
 第11章 関数型プログラムを設計する
 第12章 関数型プログラムをテストする

本書は付属データの提供はございません。

お問い合わせ

内容についてのお問い合わせは、正誤表、追加情報をご確認後に、お送りいただくようお願いいたします。

正誤表、追加情報に掲載されていない書籍内容へのお問い合わせや
その他書籍に関するお問い合わせは、書籍のお問い合わせフォームからお送りください。

利用許諾に関するお問い合わせ

本書の書影(表紙画像)をご利用になりたい場合は書影許諾申請フォームから申請をお願いいたします。
書影(表紙画像)以外のご利用については、こちらからお問い合わせください。

追加情報はありません。
この商品の「よくある質問」はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2023年10月16日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 105
ステップ2の枠内 1.2行目
関数を引数として渡す 関数は引数として他の関数に渡すことができる値である
関数から関数を返す 関数は他の関数から返すことができる値である
2023.10.16