コードが動かないので帰れません! 新人プログラマーのためのエラーが怖くなくなる本 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. コードが動かないので帰れません! 新人プログラマーのためのエラーが怖くなくなる本

コードが動かないので帰れません! 新人プログラマーのためのエラーが怖くなくなる本



形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798180892
価格:
2,200(本体2,000円+税10%)
カテゴリ:
プログラミング・開発
キーワード:
#プログラミング,#開発環境,#開発手法,#Web・アプリ開発
電子書籍

エラーでつまずいたらどう対処する?
プログラミングで「詰まない」ための必読書!

プログラミングをしている人であれば、誰しもこんな場面を経験したことはないでしょうか?

「コードがエラーで動かない!」
「エラーの原因がどこにあるのかわからない!」
「何をどうやっても不具合が解決できない!」

どんなにキャリアを積んだプログラマーでも、プログラムのエラーや不具合を完璧に防ぐのは難しいものです。そのため「エラーや不具合の原因をすばやく見つける技術」は、プログラミングをする上で欠かせないスキルの1つです。

本書は、そんな「コードが動かない!」という状況でどのように対処したらよいのか、エラーや不具合との上手な付き合いかたを、新人プログラマー向けにやさしく解説する入門書です。

・エラーメッセージの読みかた
・不具合の原因を見つけるデバッグのやりかた
・そもそも不具合を起こしにくいコードの書きかた
など、プログラミングをする上でおさえておきたい知識と技術を、具体的なコードを例にわかりやすく解説しています。

開発現場の新人はもちろん、デバッグをきちんと学んだことがない中堅の人、さらには「エラーが怖くてプログラミングが楽しくない……」という初心者まで、動かないコードと日々格闘しているあらゆるプログラマーにおすすめの一冊です。

【目次】
●第1章 エラーはどうして怖いのか?
・エラーを読んでみよう
・エラーを読まなくなってしまう理由
・エラーに向き合う心構え

●第2章 エラーの上手な読みかた
・エラーの構成要素を知ろう
・エラーの種類を知ろう

●第3章 不具合の原因を効率的に見つけるには?
・デバッグとは?
・プリントデバッグをやってみよう
・二分探索で効率的に探そう ほか

●第4章 ツールを活用してデバッグを楽にしよう
・デバッガは強力なツール
・ブレークポイントを使ってみよう
・いろいろなステップ実行 ほか

●第5章 どうしても解決できないときは?
・プログラマーのための情報収集テクニック
・エラーが見つからないときは?
・不具合が再現できないときは? ほか

●第6章 デバッグしやすいコードを書こう
・再代入は控えよう
・スコープは可能な限り狭めよう
・単一責任の原則を知ろう ほか

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

画像01
画像02
画像03

■「はじめに」より

プログラムを完成して動かすまでの過程は、必ずしも順調に進むものではありません。時には、コードを書いている時間よりも、エラーの対応に頭を悩ませている時間のほうが長いことさえあります。意図したように「コードが動かない」という状況で、上手な対応ができるかどうかは、プログラマーとしての生産性や仕事の達成度を大きく左右します。(中略)

本書で身につけた知識や技術を駆使すれば、不具合の対処がスムーズにできるようになり、きっとプログラミング自体がもっと楽しくなることでしょう。

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

お問い合わせ

内容についてのお問い合わせは、正誤表、追加情報をご確認後に、お送りいただくようお願いいたします。

正誤表、追加情報に掲載されていない書籍内容へのお問い合わせや
その他書籍に関するお問い合わせは、書籍のお問い合わせフォームからお送りください。

利用許諾に関するお問い合わせ

本書の書影(表紙画像)をご利用になりたい場合は書影許諾申請フォームから申請をお願いいたします。
書影(表紙画像)以外のご利用については、こちらからお問い合わせください。

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。