福祉教科書 保育士 完全合格テキスト 上 2024年版(保育士試験対策委員会 汐見 稔幸)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 福祉教科書 保育士 完全合格テキスト 上 2024年版

福祉教科書 保育士 完全合格テキスト 上 2024年版


監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798181783
定価:
2,200(本体2,000円+税10%)
仕様:
A5・408ページ
カテゴリ:
福祉資格
キーワード:
#福祉資格,#ヘルスケア,#社会,#スキルアップ
レーベル:
EXAMPRESS
シリーズ:
福祉教科書
紙の書籍

多くの先輩たちを合格に導いた
売上No.1テキスト

本書は2024(令和6)年に実施予定の保育士試験の資格対策書です。

保育現場・保育士養成の第一線で活躍する執筆陣が、過去5回以上の試験を徹底分析!
充実の補足解説で、合否を分ける難しい出題内容にも対応!

合格したいなら、この一冊!
10万人以上の受験者に選ばれてきた、信頼ある「王道テキスト」です。

【本書の特徴】
◎第一線の執筆陣で活躍する執筆陣が詳しく、かつ、わかりやすく解説
◎本文中のキーワードが過去何回出題されたのかを「ココが出た!」で紹介! 絶対に外せないポイントが一目でわかる
◎節ごとに「一問一答」を掲載。挑戦することでポイントが頭に残る
◎知識の横断整理に便利!頻出ポイントを巻頭ページにまとめて掲載
◎必ず出る保育所保育指針を巻末に全文掲載
◎学習に便利な「赤シート」つき

同時刊行の『福祉教科書 保育士完全合格問題集2024年版』、2023年9月発売予定の『福祉教科書 保育士 出る!出る!一問一答 2024年版』と併用することでより効果的な学習が可能です!

【上巻】
社会福祉
子ども家庭福祉
保育の心理学
子どもの保健

【下巻】
子どもの食と栄養
保育原理
教育原理
社会的養護
保育実習理論

*売上は保育士試験対策テキスト(2023年版)の出版社別販売冊数
(2022年8月~2023年5月 取次データより独自調査)
上下巻に分冊されて出版されている書籍は上下巻の合計冊数で集計

画像01

● 本文中のキーワードが過去何回出題されたのかを「ココが出た!」で紹介。絶対に外せないポイントが一目でわかる!
● 節ごとに「一問一答」を掲載。挑戦することでポイントが頭に残る!
● 知識の横断整理に便利!頻出ポイントを巻頭ページにまとめて掲載
● 必ず出る保育所保育指針を巻末に全文掲載
● 学習に便利な「赤シート」つき

画像02

イラストで重要なポイントをイメージできます。また複雑な事柄は理解しやすいよう、できる限り図表で整理しました。

画像03

頻出ポイントを巻頭ページにまとめて掲載

知識を横断整理でき、試験直前の最終確認にも役立ちます。

画像04

理解が進む!一歩踏み込んだ解説

法制度が誕生した背景などもていねいに解説しています。「納得できるから覚えやすい」と評判です。

画像05

充実の補足解説で合否を分ける知識をカバー

[ここが出た]…過去5回の試験で問われたキーワードごとに出題年を掲載しています。[知っトク]…もっと詳しく知っておきたいこと、補足事項などです。[用語解説]…本文中の用語の意味を説明します。[ひとこと]…注意点や覚えるコツなど先生からのひとことです。

画像06

赤シートで効率よく暗記できる!

付録の赤いシートで赤文字を隠せば、穴埋め問題集としても活用できます。だから、効率よく暗記できます。

画像07

一問一答で理解度チェック!

節の最後に「○×式の過去問題」と「予想問題」を掲載。学習内容をきちんと理解できているのか確認できます。

◎社会福祉
出題の傾向と対策
1 現代社会における社会福祉の意義と歴史
2 社会福祉の制度と実施体系
3 社会福祉における相談援助
4 利用者保護にかかわる仕組み
5 社会福祉の動向と課題

◎子ども家庭福祉
出題の傾向と対策
1 現代社会における子ども家庭福祉の意義と歴史的変遷
2 子どもの人権擁護
3 子ども家庭福祉の制度と実施体系
4 子ども家庭福祉の現状と課題
5 子ども家庭福祉の動向と展望
6 子ども家庭支援論

◎保育の心理学
出題の傾向と対策
1 保育の心理学(1)発達を捉える視点
2 保育の心理学(2)子どもの発達過程
3 保育の心理学(3)子どもの学びと保育
4 子ども家庭支援の心理学(1)生涯発達
5 子ども家庭支援の心理学(2)家族・家庭の理解
6 子ども家庭支援の心理学(3)子育て家庭に関する現状と課題
7 子ども家庭支援の心理学(4)子どもの精神保健とその課題
8 子どもの理解と援助

◎子どもの保健
出題の傾向と対策
1 子どもの心身の健康と保健の意義
2 子どもの身体的発育・発達と保健
3 子どもの心身の健康状態とその把握
4 子どもの疾病の予防及び適切な対応
5 子どもの健康と安全
6 保育における保健活動の計画及び評価

◎保育所保育指針(全文)

会員特典はこちら

お問い合わせ

内容についてのお問い合わせは、正誤表、追加情報をご確認後に、お送りいただくようお願いいたします。

正誤表、追加情報に掲載されていない書籍内容へのお問い合わせや
その他書籍に関するお問い合わせは、書籍のお問い合わせフォームからお送りください。

利用許諾に関するお問い合わせ

本書の書影(表紙画像)をご利用になりたい場合は書影許諾申請フォームから申請をお願いいたします。
書影(表紙画像)以外のご利用については、こちらからお問い合わせください。

追加情報はありません。
この商品の「よくある質問」はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2024年03月29日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 012
図「第二次世界大戦の社会福祉の歩み」
・行政による処置から
・行政による措置から
2024.01.09
1刷 020
知っトク「母子健康包括支援センター」
2023(令和6)年4月1日
2024(令和6)年4月1日
2023.10.13
1刷 027
知っトク「児童福祉法の年齢の定義」
児童とは、満18歳までをいい、
児童とは、満18歳に満たない者をいい、
2024.03.26
1刷 052
「従事者の国家資格(専門資格)」の介護支援専門員(ケアマネジャー)欄 1行目
適切な介護サービスを

不要な文字が重なって印字されておりました。
正しくは上記の通りです。
2023.10.12
1刷 057
上から5行目
リッチモンドはソーシャルワークを
リッチモンドはケースワークを
2023.11.02
1刷 057
「ここが出た」コノプカのグループワークの援助過程
開始記
開始期
2023.11.02
1刷 059
関連援助技術
ソーシャルアクション 社会福祉制度の運営改善などを目指して社会に働きかける活動
削除

ソーシャルアクションが間接援助技術と関連援助技術の両方に掲載されておりましたが、ソーシャルアクションが間接援助技術となりますので、関連援助技術の記載を削除とさせていただきます。
2024.03.28
1刷 067
理解度チェック A③
×

解説文については変更はありません。
2023.11.28
1刷 082
「知っトク」市町村社会福祉協議会
市町村社会福祉協議会は社会福祉を目的とする事業の経営に関する指導や助言を行う(第一種社会福祉事業に限定されない)。
市町村社会福祉協議会は社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成などを行います。
2023.11.02
1刷 098
「1 少子化の現状と原因」の上から6行目
出生数は77万747人(前年比4万875人減)
出生数は81万1,622人(前年比2万9,213人減少)

出生数は77万747人(前年比4万875人減)は2021(令和3)年のデータではなく、2022(令和4)年のデータとなっておりました。
出典「令和4年(2022)人口動態統計月報年計(概数)の概況」
2023.09.28
1刷 102
図「女性の年齢階級別労働力率」令和3年の30~34歳の数値
70.4
79.4
2023.12.01
1刷 103
理解度チェック Q④
森島峰一
森島峰
2023.11.28
1刷 107
理解度チェック Q①
「児童の権利に関する条約」第31条1項には、「締結国は休息及び余暇についての児童の権利並びに児童がその年齢に適した遊び及びレクリエーションの活動を行い並びに文化的な生活及び集会に自由に参加する権利を認める。
「児童の権利に関する条約」第31条1項には、「締結国は休息及び余暇についての児童の権利並びに児童がその年齢に適した遊び及びレクリエーションの活動を行い並びに文化的な生活及び集会に自由に参加する権利を認める」と記載されている。
2023.12.26
1刷 115
「1 子ども家庭福祉を支える行政機関」上から2~4行目
福祉の根幹をなす制度政策については国の行政機関であるこども家庭庁が担い、各地方の独自の行政施策に基づいた内容については、こども家庭庁が担っています。
福祉の根幹をなす制度政策については国の行政機関であるこども家庭庁が担い、各地方の独自の行政施策に基づいた内容については、都道府県や市町村が担っています。
2023.09.29
1刷 133
上から3行目
■子ども・若者育成支援推進法 2016(平成28)年施行
■子ども・若者育成支援推進法 2010(平成22)年施行
2023.08.25
1刷 174
上から11行目
ちなみに日本では、近年女性の労働力率は年々増加の傾向にあります。特に、出産育児期の女性労働力率は2021(令和3)年には、「30 ~ 34歳」79.4%,「35 ~ 39 歳」77.4%、「40 ~4 歳」81.1%であり、10年前の2011(平成23)年と比較すると「30 ~ 34歳」11.9%,「35 ~ 39 歳」10.4%、「40 ~4 歳」8.9%上昇しています。グラフ全体の形はM字型から出産育児期にも就労を継続する、ヨーロッパ型の台形に近づきつつあります(102ページ「女性の年齢階級別労働力率」参照)
ちなみに日本では、近年女性の労働力率は年々増加の傾向にあります。特に、出産育児期の女性労働力率は2021(令和3)年には、「30 ~ 34歳」79.4%,「35 ~ 39 歳」77.7%、「40 ~44歳」80.1%であり、2012(平成24)年と比較すると「30 ~ 34歳」「35 ~ 39 歳」「40 ~44歳」のいずれも上昇しています。グラフ全体の形はM字型から出産育児期にも就労を継続する、ヨーロッパ型の台形に近づきつつあります(102ページ「女性の年齢階級別労働力率」参照)。
2023.12.01
1刷 209
上から11行目
(調整)
(調節)

調整でも調節でも誤りではありませんが、「ここが出た*15 同化と調節」との表記が統一されていませんでしたので訂正いたします。
2024.02.09
1刷 327
4種混合(DPT-IPV)ワクチンの標準的な接種年齢
1期初回:3〜12か月
1期初回:2〜12か月
2024.03.29