奪われし未来(Theo Colborn Dianne Dumanoski 長尾 力 長尾 力 John Peterson Myers)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 奪われし未来

奪われし未来



翻訳
原著

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784881355138
定価:
1,980(本体1,800円+税10%)
仕様:
四六・416ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
環境ホルモンの危険性を広く世に示した衝撃の書

レイチェル・カーソンの『沈黙の春』から30年―化学物質の危険性はがんだけではなかった!ダイオキシンやPCB、DDTはたとえ微量でも体内に入るとホルモン作用を撹乱し、胎児の性発達をさまたげてしまう。その結果は・・・人類はもう子孫を残せない!?

巣をつくらないワシ、孵化しないワニやカモメの卵、子を生まないミンク、アザラシやイルカの大量死、そしてヒトの精子数の激減。地球を襲う「生命の衰退」の背後には何があるのか。さまざまな分野の研究、調査の結果をひとつにより合わせると、恐るべき事実が明らかになる。現代文明がもたらした脅威は、がんなどの病気を誘発するだけでなく、より目に見えないかたちで生命の根源を脅かしているのだ。合成化学物質の危険性と生命の謎に迫る科学ドキュメンタリー。

『奪われし未来』は、さまざまな合成化学物質がホルモン分泌系をどのように破壊しているかについての研究報告だ。ホルモン分泌系は、人間の性発達から行動、知性、免疫系の働きにいたる幅広い領域で重大な役割を演じている・・・本書はきわめて重要な本である。私たちがこの地球上にばらまいてきた合成化学物質について新たな問題を提起しているからだ。私たちの子や孫のために、この問題の答えを早急に探し求める必要がある。私たちはみな、知る権利があると同時に、学ぶ義務もあるのである
―米国副大統領アル・ゴアの序文より

原題:Our Stolen Future

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。

感想・レビュー

矢野 さん

2011-01-02

10年以上前に書かれた本だとは思えない程充実した内容。この本が刊行されて尚日本は未だ具体的な対策をしていない事が実に腹立たしい。地球に生きる人を含めた全ての生命達は人類全員が始めの1歩を踏み出さない限り今後も消滅が進み絶滅の道を辿るだろう。環境汚染を広げたのも我々人間であり、その後始末が出来るのも我々人間だけであろう。ついでに環境汚染や環境科学について初めて読むのなら、この本は専門的且つかじり程度の知識で読んでも難しいので入門や初心者にはオススメ出来ない。

Nobuo Yamashita さん

2013-10-06

遺伝子組み換えなど知らない世界で、自然、人間の改造がなされているようで気になる本である。 最新版があるなら読んでみたい。

takejin さん

2004-09-17

人類の終わりを予言したこの本も、今は色あせてしまった。人類への警告書は、センセーショナルな登場と、ひっそりとした退場が常。「オゾン問題」も近い感じになってきた。次は、温暖化だろう。