独習 C 改訂版(ハーバート・シルト SE編集部 SE編集部 柏原 正三)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 独習 C 改訂版

独習 C 改訂版


翻訳
原著
監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784881357002
価格:
本体3,200円+税
仕様:
B5変・480ページ
シリーズ:
独習
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロングセラー「独習C」の改訂版で,ANSI Cに対応しています.自習により,C言語を基礎から学んでマスターしたい方にお薦めします.一度にひとつのテーマだけを学習する方式で,各テーマについて,まず解説があり,用例で使い方を確認し,練習問題で理解を確認してから次のテーマに移ります.さらに,章ごとに,はじめに,それまでの章の内容について復習テストを行い,その章のいくつかのテーマを学習した後,章全体の理解を確認するテストを行い,最後に以前の章も含めた理解を試す総合テストを行います.ひとつひとつ理解を固めながら学習を進める方式により,効果的かつ確実にC言語を身につけることができます.
目次の登録はありません。

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2002年01月24日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷
付録CD apdC\ans015.c 9行目
10刷
printf("加算は0,乗算は1を入力してください: ");
printf("加算は0,減算は1を入力してください: ");
2001.02.16
1刷 014
12行目
2刷
%1fを使用してください.
%lfを使用してください.
2001.02.16
1刷 014
13行目
2刷
double型に%1fを使用する点を除けば,
double型に%lfを使用する点を除けば,
2001.02.16
1刷 015
下から4行目
5刷
int answer
int answer;
2001.02.16
1刷 023
「練習問題」の最後
2刷
(なし)
3. 例1のプログラムからプロトタイプを削除して,コンパイルしなさい.
2001.02.16
1刷 064
「例」3.のコード1行目
10刷
printf("続けますか? (Y/N : ");
printf("続けますか? Y/N : ");
2001.02.16
1刷 073
「練習問題」2.
10刷
3.3節の例3に示した方法で
3.4節の例2に示した方法で
2001.02.16
1刷 088
下から7行目
8刷
3. 次のforループか正しいかどうか考えなさい.charch;
3. 次のforループが正しいかどうか考えなさい.char ch;
2001.02.16
1刷 095
例1のサンプルプログラム
10刷
<プログラム全体を差し替えてください>
#include <stdio.h>

int main(void)
{
  unsigned u;
  long l;
  short s;

  printf("unsigned の値を入力してください: ");
  scanf("%u", &u);
  printf("long の値を入力してください: ");
  scanf("%ld", &l);
  printf("short の値を入力してください: ");
  scanf("%hd", &s);

  printf("%u %ld %hd\n", u, l, s);

  return 0;
}
2001.02.16
1刷 110
下から10行目
3刷
ELSE IF オペランドがlong doubleなら
ELSE IF オペランドがdoubleなら
2001.02.16
1刷 117
この章の理解度チェック 7.
14刷
この問題では、次の式に従って数列を作成します。 (「次の式」が抜けていました)
この問題では、次の式に従って数列を作成します。
次の数値 = (前の数値*1468) % 467
2002.01.24
1刷 120/443
前章の理解度チェック 4.解答
14刷
(質問後半部分の解答に該当するプログラムが抜けていました)
#include "stdio.h"
#include "math.h"

main()
{
  int i;

  for(i=1; i<11; i++)
    printf("%f\n", sqrt((double) i));
}
2002.01.24
1刷 122
6
6刷
配列sqrsに1から10までの平方根を格納し,
配列sqrsに1から10までの平方値を格納し,
2001.02.16
1刷 125
11
6刷
#include <stdlib.h>
#include <stdio.h>
2001.02.16
1刷 128
9行目
10刷
stlen()
strlen()
2001.02.16
1刷 135
「5.4 配列を初期化する」の7行目
8刷
次の例では,5つの要素の整数配列を1から5の数字の平方根で初期化しています.
次の例では,5つの要素の整数配列を1から5の数字の平方値で初期化しています.
2001.02.16
1刷 137
「例」1.
10刷
...,各列の最初の要素にはネットワークの...
...,各行の最初の要素にはネットワークの...
2001.02.16
1刷 149
「例」の3行上
10刷
ヌル値()のポインタは使用われず,
ヌル値()のポインタは使われず,
2001.02.16
1刷 149
下から3行目
4刷
pはqの直前にメモリアドレス100に
pはqの直前のメモリアドレス100に
2001.02.16
1刷 170
下から3行目
6刷
listing 54
 (削除)
2001.02.16
1刷 175
関数プロトタイプの一般形式
10刷
型 関数名(型 仮引数名1),
型 関数名(型 仮引数名1,
2001.02.16
1刷 178
2行目
10刷
仮引数を指定しないその関数への呼び出しはすべてエラーになります.
仮引数を指定したその関数への呼び出しはすべてエラーになります.
2001.02.16
1刷 178
下から2行目
10刷
定義とそのプログラムの両方で
定義とそのプロトタイプの両方で
2001.02.16
1刷 194
7行目
8刷
atof()は,その文字列の引数に該当するdougle型の値を返し,
atof()は,その文字列の引数に該当するdouble型の値を返し,
2001.02.16
1刷 207
1行目
4刷
ヘッダファイルSTIDO.H
ヘッダファイルSTDIO.H
2001.02.16
1刷 222
下から6行目
6刷
printf("アルファベットを入力してください.\n);
printf("アルファベットを入力してください.\n");
2001.02.16
1刷 230
表9-1「モード」の列
6刷
r+
r+b
2001.02.16
1刷 244
例1.&nbsp;
8刷
#include <stdio.h> #include <stdlib.h> #include "string.h"
#include <stdio.h> #include <stdlib.h> #include <string.h>
2001.02.16
1刷 247
最終行
10刷
数値以下
数値未満
2001.02.16
1刷 252
例2.&nbsp;下から6行目
8刷
/* write the entire array in one step */
/* 配列全体を一度に書き出す */
2001.02.16
1刷 253
練習問題2
10刷
次にVALUESからその個数の値を読み込んで,平均値を計算して表示するプログラム
次にVALUESに入っている値を読み込んで,その値を表示するプログラム
2001.02.16
1刷 260
例4.&nbsp;
6刷
次のプログラムは,MYSELF.TXTという名前のファイルをYOUSELF.TXTという名前に変更します.
次のプログラムは,myfile.txt という名前のファイルを yourfile.txt という名前に変更します.
2001.02.16
1刷 274
下から6行目
4刷
menu(void)
int menu(void)
2001.02.16
1刷 277
2
6刷
/* カウントを書き込む */
/* カウントを読み込む */
2001.02.16
1刷 287
12行目
4刷
menu(void)
int menu(void)
2001.02.16
1刷 295
図10-2
10刷
(左から)C[0]、C[0]
(左から)C[0]、C[1]
2001.02.16
1刷 309
下から3行目
10刷
関数が最初に呼び出されたときにだけ多くの行うような場合に使用します.
関数が最初に呼び出されたときにだけ行うような場合に使用します.
2001.02.16
1刷 315
例4.
4刷
for(;;) { /* watch value of u */
for(;;) { /* u の値を見る */
2001.02.16
1刷 324
例4の説明の最後の行の32768のバイナリ表記
10刷
10000000
1000000000000000
2001.02.16
1刷 333
5-6
6刷
i のインクリメントと,j のデクリメントを行う
i と j のインクリメントを行う
2001.02.16
1刷 415
「解説」の5行目
2刷
compareのが指す関数は,
compareが指す関数は,
2001.02.16
1刷 435
「第2章の解答 3.」
8刷
たとえば,ヘッダファイルSTDIOI.Hを含めるには次のように記述します.
たとえば,ヘッダファイルSTDIO.Hを含めるには次のように記述します.
2001.02.16
1刷 440
下から5~4行目、4.2の練習問題1.の解答
10刷
ある関数を呼び出してから再度その関数を呼び出すまでは,その値を保持することができます.
ある関数を呼び出してから再度その関数を呼び出すまで,その値を保持することはできません.
2001.02.16
1刷 442
上から6行目、この章の理解度チェックの5の解答
10刷
整数だけを表します.
正数だけを表します.
2001.02.16
1刷 446
第7章の解答、前章の理解度チェック、3.
10刷
その先頭にポインタpを代入しているからです.
その先頭へのポインタpを代入しているからです.
2001.02.16
1刷 456
下から4行目
4刷
count = done ? 0:10;
count = done ? 0:100;
2001.02.16
1刷 69
本文5行目(例2.解説の2行目)
13刷
その数から0までをカウントダウンします。
その数から1までをカウントダウンします。
2001.09.06
1刷 78
本文下から2行目(例2.解説の1行目)
13刷
次のプログラムは1から5までの数字を
次のプログラムは0から5までの数字を
2001.09.06
2刷 263
7
13刷
TEST >INPUT
TEST < INPUT
2001.11.06
12刷 435
この章の理解度チェック 5. -a.
13刷
変数名にダッシュ(_)は使用できません
変数名にダッシュ(-)は使用できません
2001.06.12