Visual Basic① はじめてのプログラミング(山本 信雄)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. Visual Basic① はじめてのプログラミング

Visual Basic① はじめてのプログラミング


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784881357187
価格:
本体1,900円+税
仕様:
B5変・280ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第1部「はじめてのプログラミング」では,コンピュータの仕組み,Visual Basicの基本的な使い方,プログラミングの基礎知識を紹介し,簡単なプログラムの作成に挑戦します.コンピュータの構造と基礎が理解でき,自分の手で実際に動くプログラムを作ることができるようになります. ※第1部には,Visual Basic 6.0体験版を特別収録.本書を購入したその日から学習を始めることができます.
目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2005年07月31日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 xv
22行目
(Service Pack 3以上/Service Pack 1はCD-ROMに同根)
(Service Pack 3以上/Service Pack 3はCD-ROMに同梱
2001.02.16
1刷 023
1の補数表現
2の補数表現
2001.02.16
1刷 023
8行目
128~127の数値を表すこともできます
-128~127の数値を表すこともできます
2001.02.16
1刷 060
14行目
「フォームまたはコントロールのオブジェクト名.プロパティ名」
「フォームまたはコントロールのオブジェクト名.プロパティ名=設定値」
2001.02.16
1刷 084
下から2行目ほか
Windows標準インターフェイス
Windows標準ユーザーインターフェイス
2001.02.16
1刷 101
5行目
「[キャンセル]ボタンがクリックされると……」
この文を削除
2001.02.16
1刷 108
2行目
Xいう変数は3という値になります
xという変数は3という値になります
2001.02.16
1刷 116
リスト④-14の6行目
5刷
sData2 = Left(sData,2)
sData2 = Left(sData1,2)
2001.05.07
1刷 119
表4-6
Exit  繰り返し処理を抜けます
Exit  処理を抜けます
2001.02.16
1刷 123
問題3
Dim sSata As String
Dim sData As String
2001.02.16
1刷 123
問題3
プログラムを終了します。
'プログラムを終了します。
2001.02.16
1刷 141
下から8行目
もしも0なら右側、1なら左側
もしも0なら左側、1なら右側
2001.02.16
1刷 142
図5-7
フォームの右上に貼り付けられた
フォームの左上に貼り付けられた
2001.02.16
1刷 148
リスト5-24
iAge = "25"
iAge = 25
2001.02.16
1刷 149
リスト5-26
JushoData型変数のメンバ変数を参照
JushoData型変数のメンバを参照
2001.02.16
1刷 156
問題5
(ウ)ldata = (100 \ 30) Mod 7
(ウ)ldata = (100 ¥ 30) Mod 7
2001.02.16
1刷 167
リスト6-5
ElseIf 演算処理2 Then
ElseIf 比較演算2 Then
2001.02.16
1刷 17
1の補数表現
2の補数表現
2001.02.16
1刷 177
下から7行目
特徴:Do...While Loopの省略型である
特徴:Do While...Loopの省略型である
2001.02.16
1刷 182
リスト6-23
Do Until i = 10 ←ループカウンタが10になったらループを終了
Do Until i = 11 ←ループカウンタが11になったらループを終了
2001.02.16
1刷 183
ワンポイントアドバイス
比較演算のi = 10やi <= 10の結果は永遠にFalseのままとなります
比較演算のi = 11やi <= 10の結果は永遠にFalseのままとなります
2001.02.16
1刷 202
上から14行目
17刷
メソッド…戻り値を返さない
ステートメント…戻り値を返さない
2005.07.31
1刷 208
ページ下部の「ワンポイントアドバイス」と注⑦-1
17刷
ワンポイントアドバイス フォームモジュールに記述する関数やメソッド …ただし、このようにして作成した関数やメソッドは、… 注⑦-1 …メソッドを呼び出すときにはパラメータを括弧で囲まないからです。
ワンポイントアドバイス フォームモジュールに記述する関数やステートメント …ただし、このようにして作成した関数やステートメントは、… 注⑦-1 …ステートメントを呼び出すときにはパラメータを括弧で囲まないからです。
2005.07.31
1刷 211
リスト7-10
public Function MyFunc(ByVal a As Integer, Byval b As Integer) As
public Function MyFunc(ByVal a As Integer, Byval b As Integer) As _
2001.02.16
1刷 216
9行目
パラメータ名の前にByValを指定する
パラメータ名の前にByRefを指定する
2001.02.16
1刷 219
リスト7-16
Double, ByVal c As Double, ByRef x1 As Double, ByRef x2 As _
Double, ByVal c As Double, x1 As Double, x2 As _
2001.02.16
1刷 225
問題4
以下の構文のAddString()関数を呼び出し
以下の構文のAddString()関数に任意のパラメータを与えて呼び出し
2001.02.16
1刷 225
問題4
string1 …… 文字列2
string2 …… 文字列2
2001.02.16
1刷 237
9行目
② Input #ステートメントでデータを書き込む
② Input #ステートメントでデータを読み出す
2001.02.16
1刷 248
下から5行目
データの並び順に「リスト構造」を使うことになります。リスト構造に関しては、(中略)第5章で説明します
ランダムアクセスファイルを使うことになります。ランダムアクセスファイルに関しては、(中略)第6章で説明します
2001.02.16
1刷 25
6行目
13刷
10-324および4.940~
10-324および4.940~
2001.06.04
1刷 別冊 7
問題3の解答
【ステートメント】……Def
【ステートメント】……Def、Opq
2001.02.16