COM IDL & インターフェイスデザイン(Dr. Al Major 萩原 正義 夏目 大 夏目 大)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. COM IDL & インターフェイスデザイン

COM IDL & インターフェイスデザイン


監修
翻訳
原著

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784881358313
定価:
6,380(本体5,800円+税10%)
仕様:
B5変・500ページ
分類:
パソコンソフト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
COM設計の定石を押さえよ!!

IDLを利用したCOMコンポーネントの開発

インターフェイス定義言語(IDL:Interface Definition Language)の文法や特徴のほか、COMのマーシャリングやメモリ管理の問題の解析、いろいろな言語で利用できるインターフェイスのデザインの方法などを解説。


目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2001年02月16日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 053
最下行
(最下行より以下の文章が抜けていました)
ターフェイスを格納したタイプライブラリをインポートすることは問題があってできなかった。しかし、IDLが新しくなってから、著者はCOMクラスのエクスポートするインターフェイスはすべて明示的に宣言するようにしている。この方法に反対する人もいるだろうが、私は「少しでも厳密な方法を採用したほうが、たとえ間違えたとしても重大な間違いをする可能性は低い」と考えている。
2001.02.16
1刷 064
下から6行目
マーシャリングと呼ぶ。サーバのスタックフレームが作成された後は、
アンマーシャリングと呼ぶ。サーバのスタックフレームが作成された後は、
2001.02.16