MCSE教科書 Microsoft Windows 2000 Directory Services(試験番号:70-217)(株式会社トップスタジオ NRIラーニングネットワーク株式会社 Will Wiilis J. Peter Bruzzese David V. Watts)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. MCSE教科書 Microsoft Windows 2000 Directory Services(試験番号:70-217)

MCSE教科書 Microsoft Windows 2000 Directory Services(試験番号:70-217)


監修



形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784881359877
価格:
本体3,800円+税
仕様:
A5・600ページ
分類:
ベンダー資格
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2000トラック登場!
Implementing and Administering
a Microsoft Windows 2000
Directory Services Infrastructure
(70-217)

本書は、MCSE(マイクロソフト認定システムエンジニア)資格の取得を目指す方のための試験対策学習書です。

「ネットワークエンジニアの卵として、まだまだ勉強不足。自信をつけるためにMCPを取りたいが、独学でも大丈夫?(新米エンジニア)」
解説←→問題でインプット←→アウトプット!メリハリを付けた学習方法で、飽きることなく実践知識を高めることができるので、独学でも合格可能です。

「就職難が続くご時世。就職のためにMCPを取りたいが、学生は不利なのか?(学生)」
MCP試験は、「一夜漬けでは絶対合格しない試験」です。決してやさしい試験ではありませんが、学生だからといって取りにくい資格ではありません。実践的な能力を試される試験なので、本書を利用しながら簡単な実地環境を構築し、知識と実践力を高めてください。

「試験直前対策になるのか?(ベテランSE)」
試験に直結した模擬試験問題で、直前に自己レベルを確認できます。また、試験に出る重要事項を整理したチェックシートで、直前整理も万全です。


目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2003年08月29日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
166
問題5-4 2行目
ドメインにログオン
コンピュータにログオン
2001.08.08
1刷 476
10行目
まだ承認されていないDHCPサーバー
承認済みのDHCPサーバー以外のWindows 2000サーバー
2002.10.28
2刷 133
問題4-11 6行目  空きディスク領域:125MB 8行目  メモリ:256MB 解説 2行目  空きディスク領域:125MB 4行目  メモリ:256MB 6行目  Windows 2000 Advanced Server
問題4-11 6行目  空きディスク領域:250MB 8行目  メモリ:64MB 解説 2行目  空きディスク領域:250MB 4行目  メモリ:128MB 6行目  (なし)
2001.08.08
2刷 157
表5.1 グループの比較表 「ローカル」列
ネイティブモード:同じドメインのユーザーアカウントとローカルグループ、フォレスト内のすべてのドメインのグローバルグループとユニバーサルグループ
ネイティブモード:フォレスト内のすべてのドメインのユーザーアカウント、グローバルグループ、ユニバーサルグループ、および同じドメインのドメインローカルグループ
2002.12.27
2刷 157
表5.1 グループの比較表 「グローバル」列
混在モード:同じドメインのアカウント
混在モード:同じドメインのユーザーアカウント
2002.12.27
2刷 157
表5.1 グループの比較表 「グローバル」列
ネイティブモード:アカウントおよびほかのグローバルグループ
ネイティブモード:同じドメインのユーザーアカウントとグローバルグループ
2002.12.27
2刷 157
表5.1 グループの比較表 「ユニバーサル」列
ネイティブモード:フォレスト内の全ドメインのユーザーアカウント、グローバルグループ、ほかのユニバーサルグループ
ネイティブモード:フォレスト内のすべてのドメインのユーザーアカウント、グローバルグループ、ユニバーサルグループ
2002.12.27
2刷 327
上から6行目
組織を共通のルート下で複数のドメインに分割すると、グローバルカタログ(GC)、
組織を共通のルート下で複数のドメインに分割すると(ルートドメインの下に、複数のドメインを作成すると)、グローバルカタログ(GC)、
2002.08.22
2刷 335
中段の見出し
フォレストを作成する
既存のフォレストにドメインツリーを追加する

目次(xviiページ)の記載も修正
2002.08.22
2刷 353
問題1行目
ユニバーサルグループ
ユニバーサルセキュリティグループ
2001.09.12
2刷 353
解説の上から3行目
できません。ショートカット信頼は
できません。ただし、混在モードでもユニバーサル配布グループは作成できます。ショートカット信頼は

追加です
2001.09.12
2刷 354
上から2行目
複数のフォレスト構造内に含まれるユーザー
複数のドメインを含む1つのフォレスト構造内に含まれる全ユーザー
2001.09.25
2刷 402
「試験に出る!」
ネイティブモードの切り替えについての説明
この「試験に出る!」を削除
2002.07.22
2刷 511
下から6行目
変更通知
変更要求
2001.09.25
2刷 513
下から9行目
RISetup
RIPrep
2001.09.25
2刷 531
問題28の解答
正解は選択肢Bです。high-watermarkテーブルには複製する各ドメインコントローラの更新シーケンス番号(USN)値が保存されます。変更要求で使用されるのがup-to-dateベクトルなのでCは不正解です。
正解は選択肢B、Cです。up-to-dateはオブジェクトを複製すべきかどうか判断するために記録されており、high-watermarkは属性を複製すべきかどうか判断するために記録されています。変更通知を受け取った側が、自分が記録している値を変更要求とともに送ります。変更要求を受信した側は、通知した変更を、相手側がすでに受信しているかどうか、その値から判断し、必要であれば複製データを送信します。
2001.09.25
3刷 214
ローカルGPO 説明6行目
サイトやドメイン、組織単位レベルの非ローカルGPO設定よりも優先されます。
サイトやドメイン、組織単位レベルの非ローカルGPO設定よりも先に適用されます。 先に適用されるということは、あとから適用されたものによって上書きされることになります。
2003.08.29
3刷 336
下から6行目
ショートカット信頼は双方向の推移的な信頼ですが、
ショートカット信頼は一方向の推移的な信頼ですが、
2003.07.25