MCSE教科書 SQL Server 2000 Database Design(株式会社トップスタジオ NRIラーニングネットワーク株式会社 Richard Alan McMahon,Sr. Sean Chase)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. MCSE教科書 SQL Server 2000 Database Design

MCSE教科書 SQL Server 2000 Database Design


監修


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798101736
価格:
本体4,800円+税
仕様:
A5・584ページ
分類:
ベンダー資格
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Designing and Implementing Database with Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
(70-229)

MCDBA(マイクロソフト認定データベース アドミニストレータ)の必須科目!
データベース管理者が注目するSQL Server 2000対応学習書です!!

【MCDBAとは?】
MCDBAはMicrosoft SQL Serverデータベースの設計、管理を行うデータベーススペシャリストを対象にしたMCPの上位資格です。MCDBAは、物理的データベースデザインの考案、論理的データモデルの開発、物的データベースの構築、Transact-SQL言語を利用したデータサービスの作成、データベースの管理とメンテナンス、セキュリティの設定と管理、データベースのモニタと最適化、SQL Serverのインストールと環境設定などを行うエンジニアを対象としています。

【SQL Serverとは?】
マイクロソフト社のBackOffice製品(サーバーソフトウェア群)の1つで、分散コンピューティングのために設計された、優れた拡張性を備える高性能なリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)です。


目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2007年09月14日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 048
外部キーの説明 一番下の行
整合性ついては
整合性については
2005.01.26
1刷 059
表内
エンティティIDEN TITYプロパティ
エンティティ IDENTITYプロパティ
2002.08.29
1刷 243
ビューを変更するためのガイドライン8行目
そのビューで呼び出されるスカラ値関係
そのビューで呼び出されるスカラ値関数
2005.01.26
1刷 248
一番下の行
OPENDATESOURCE関数
OPENDATASOURCE関数
2005.01.26
1刷 272
リスト8.1 下から4行目
RETURN (1)
RETURN (0)
2004.03.25
1刷 272
リスト8.1 下から2行目
ELSE RETURN (0)
ELSE RETURN (1)
2004.03.25
1刷 289
5行目~9行目
リスト1のコード自体にエラーは含まれていないので、~(中略)~選択肢Bが正解になる可能性があります。
実行しているプロシージャの引数がリスト1のプロシージャ名になって いないため、選択肢Bは不正解です。ただし、この場合MyBookをsp_helptextに置き換えたとしても、リスト1のストアドプロシージャの定義は表示されません。なぜならば、システムストアドプロシージャ名とリスト1のストアドプロシージャ名が同じであるため、syscommentsテーブルに定義が登録されないからです。
2004.03.25
1刷 307
下から7行目
tgupd_customersというUPDATEトリガが~
triggernameで指定したUPDATEトリガが~
2004.03.29
1刷 328
一番下の行
@procedure_name
@scalar_value
2004.03.25
1刷 329
本文4~5行目
CREATE FUNCTIONステートメントのRETURNS句を実行した結果返される値には、次のデータ型以外は使用できません。
CREATE FUNCTIONステートメントのRETURNS句を実行した結果返される値には、次のデータ型は使用できません。
2004.03.25
1刷 339
各選択肢(4箇所)
@procedure_name
@scalar_value
2004.03.25
1刷 473
問題16
D.分割ビューではINSERT、UPDATE、またはDELETEステートメント を使用することが可能
※選択肢Dを削除
2007.09.14
1刷 493
問題16 2行目
・・・できます。したがって、選択肢Dは不正解です。
・・・できます。

「したがって、選択肢Dは不正解です。」を削除
2007.09.14