標準Webデザイン講座 基礎編 第2版(大藤 幹 松原 慶太 高木 久之 立山 信一 高広 伯彦 小村 まみ 森 一磨)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 標準Webデザイン講座 基礎編 第2版

標準Webデザイン講座 基礎編 第2版








形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798110011
定価:
本体2,200円+税
仕様:
B5変・240ページ
分類:
Web制作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webサイト制作の教科書が、待望のアップデート!

Webデザインの基礎を10日に分け、1日3~5講座、計38講座のカリキュラムを用意しました。“わかりやすさ”を重視した解説と、順を追って読むことで、Web制作の仕組みが、しっかりとつかめるような内容構成になっています。はじめてWeb制作に挑戦する方はもちろん、スキルアップを図りたいとお考えの方にも最適な、Webサイト制作のための「教科書」です。
(Windows&Macintosh 対応)


1st Day:Web制作のワークフロー

Period-01 Webデザインの制作環境
Period-02 制作チームの編成
Period-03 Web制作の仕事の流れ
Period-04 サイトマップ・ワイヤーフレーム・ガイドライン

2nd Day:マーケティング・コミュニケーションとWeb

Period-01 マーケティングの変化とWebの関係
Period-02 ブランディングとWebサイトの役割
Period-03 購買行動・情報行動とWebサイト
Period-04 コミュニケーション・デザインの実際

3rd Day:デザインとディレクション

Period-01 Webデザインのための基礎講座
Period-02 アートディレクション
Period-03 Webのタイポグラフィ

4th Day:HTML・XHTML

Period-01 HTMLとは
Period-02 HTMLの文法
Period-03 XHTMLとは
Period-04 HTML・XHTMLの実践的な書き方

5th Day:インターフェイスとユーザビリティ

Period-01 ユーザビリティを考える
Period-02 インターフェイスとナビゲーション
Period-03 メタファーとアイコン

6th Day:アクセシビリティとSEO

Period-01 アクセシビリティとは
Period-02 アクセシビリティ確保のための具体策
Period-03 SEOについて
Period-04 Web標準とアクセシビリティ・SEO

7th Day:レイアウトとCSS

Period-01 レイアウトの基本的なパターン
Period-02 HTMLによるレイアウト
Period-03 CSSについての基礎知識
Period-04 CSSによるレイアウト
Period-05 CSSの実践的な使い方

8th Day:JavaScript

Period-01 JavaScriptとは
Period-02 ブラウザに依存するJavaScript
Period-03 JavaScriptにおけるセキュリティ
Period-04 JavaScriptの使用方法

9th Day:Flash

Period-01 アニメーション
Period-02 ActionScript
Period-03 外部データ・ソリューションとの連携
Period-04 サイト構成から学ぶFlashの特徴

10th Day:バックエンドシステム

Period-01 バックエンドシステムの役割
Period-02 サーバーサイトスクリプト
Period-03 ブログを利用したCMSツールの構築

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2006年02月28日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 222
解説 データベースサーバーとは
2刷
動的なコンテンツを効率的に提供するために設計されたサーバソフトウェアです。データベースなどに橋渡しする機能も備えており、主にECサイトなどの大規模なアプリケーションを構築する際に使用されます。アプリケーションサーバを導入することで、動的な部分はそれを得意とするアプリケーションサーバに、静的なコンテンツはWebサーバに、といった具合にサーバの役割を分担することができるので、パフォーマンスの向上が実現できます。
膨大なデータソースを、クライアントに提供する仕組みとして、必要不可欠なのがデータベースサーバです。データベースサーバを導入することにより、複数の人が同時にデータにアクセスすることができるようになり、条件指定やソートといった高度な検索機能を高速に提供することが可能になります。ここでは、現在もっとも一般的なリレーショナルデータベースについて解説していきます。
2006.02.28