情報処理教科書 [春期]高度試験午前Ⅰ・Ⅱ 2011年版(松原 敬二)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 情報処理教科書 [春期]高度試験午前Ⅰ・Ⅱ 2011年版

情報処理教科書 [春期]高度試験午前Ⅰ・Ⅱ 2011年版


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798122489
価格:
本体2,700円+税
仕様:
A5・560ページ
分類:
情報処理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

共通問題と専門科目、レベル3・4を網羅 暗記に有効「赤いシート」付き

本シリーズは国家試験である「情報処理技術者試験」の学習参考書です。受験セミナーの人気講師や第一線で活躍する現役技術者など、各分野のエキスパートが合格に必要なポイントを押さえて執筆しており、効率よく学習することができます。知識解説に加えて、過去問題を中心とした問題演習を丁寧な解説とともに掲載しているため、実戦力を効果的に身につけることができます。

本書は、情報処理技術者試験のレベル4に該当する高度試験科目共通の午前試験対策書です。高度試験受験者すべての方にご活用いただけます。

試験実施予定日: 2011年4月17日(日)<平成23年度春期>


本書の特長
・- 午後Iと午後IIの両方の対策が行える
・- 問題の背景となる知識も解説しているので類似問題にも対応できる
・- 高度区分の練習問題すべてをカバーし、のべ5,000問以上から精選しているので、他区分から再出題される可能性がある問題もチェックできる
・- 対応区分とレベルを明示してあるので、自分に必要な問題が一目でわかる
・- 読みやすい2色刷り
・- 赤いシートで正解を隠しながら効率よく学べる
・- 応用情報技術者の午前対策にも活用できる

対応区分



・- 情報セキュリティスペシャリスト
・- データベーススペシャリスト
・- プロジェクトマネージャ
・- システム監査技術者
・- エンベデットシステムスペシャリスト

試験制度の概要 2010年度春期試験の分析 どのような過去問題を収録したか 2010年度春期試験の問題索引 本書の使い方 本書のページ構成

Chapter01 基礎理論

01 基礎理論
1-1 離散数学 1-2 応用数学 1-3 情報に関する理論 1-4 通信に関する理論 02 アルゴリズムとプログラミング
2-1 データ構造 2-2 アルゴリズム 2-3 プログラミング 2-4 プログラミング言語 2-5 その他の言語

Chapter02 コンピュータシステム

03 コンピュータ構成要素
3-1 プロセッサ 3-2 メモリ 3-3 バス 3-4 入出力デバイス 3-5 入出力装置 04 システム構成要素
4-1 システムの構成 4-2 システムの評価指標 05 ソフトウェア
5-1 オペレーティングシステム 5-2 ミドルウェア 5-3 ファイルシステム 5-4 開発ツール 5-5 オープンソースソフトウェア 06 ハードウェア
6-1 ハードウェア

Chapter03 技術要素

07 ヒューマンインタフェース
7-1 インタフェース技術 7-2 インタフェース設計 08 マルチメディア
8-1 マルチメディア技術 8-2 マルチメディア応用 09 データベース
9-1 データベース方式 9-2 データベース設計 9-3 データ操作 9-4 トランザクション処理 9-5 データベース応用 10 ネットワーク
10-1 ネットワーク方式 10-2 データ通信と制御 10-3 通信プロトコル 10-4 ネットワーク管理 10-5 ネットワーク応用 11 セキュリティ
11-1 情報セキュリティ 11-2 情報セキュリティ管理 11-3 情報セキュリティ対策 11-4 セキュリティ実装技術

Chapter04 開発技術

12 システム開発技術
12-1 システム方式設計 12-2 ソフトウェア要件定義 12-3 ソフトウェア方式設計・ソフトウェア詳細設計 12-4 ソフトウェアコード作成及びテスト 12-5 ソフトウェア結合・ソフトウェア適格性確認テスト 12-6 ソフトウェア保守 13 ソフトウェア開発管理技術
13-1 開発プロセス・手法 13-2 知的財産適用管理 13-3 構成管理・変更管理

Chapter05 プロジェクトマネジメント

14 プロジェクトマネジメント
14-1 プロジェクト総合マネジメント 14-2 プロジェクト・スコープ・マネジメント 14-3 プロジェクト・タイム・マネジメント 14-4 プロジェクト・コスト・マネジメント 14-5 プロジェクト品質マネジメント 14-6 プロジェクト人的資源マネジメント 14-7 プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント 14-8 プロジェクト・リスク・マネジメント

Chapter06 サービスマネジメント

15 サービスマネジメント
15-1 サービスマネジメント 15-2 運用設計・ツール 15-3 サービスサポート 15-4 サービスデリバリ 15-5 サービスマネジメント構築 15-6 ファシリティマネジメント 16 システム監査
16-1 システム監査 16-2 内部統制

Chapter07 システム戦略

17 システム戦略
17-1 情報システム戦略 17-2 業務プロセス 17-3 ソリューションビジネス 17-4 システム活用促進・評価 18 システム企画
18-1 システム化計画 18-2 要件定義 18-3 調達計画・実施

Chapter08 経営戦略

19 経営戦略マネジメント
19-1 経営戦略手法 19-2 マーケティング 19-3 ビジネス戦略と目標・評価 19-4 経営管理システム 20 技術戦略マネジメント
20-1 技術開発戦略の立案 21 ビジネスインダストリ
21-1 ビジネスシステム 21-2 エンジニアリングシステム 21-3 e-ビジネス 21-4 民生機器 21-5 産業機器

Chapter09 起業と法務

22 企業活動
22-1 経営・組織論 22-2 OR・IE 22-3 会計・財務 23 法務
23-1 知的財産権 23-2 セキュリティ関連法規 23-3 労働関連・取引関連法規 23-4 その他の法律・ガイドライン・技術者倫理 23-5 標準化関連 索引
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2010年11月22日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 241
問200 解説4~5行目
ARP要求があったときに,本来の機器の代わりにARP応答を送る
RARPサーバが当該装置からのRARP要求を受けて,当該装置のIPアドレスをRARP応答により通知する。
2010.11.22