ストラウストラップのプログラミング入門 電子書籍(επιστημη(エピステーメー) 遠藤美代子)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. ストラウストラップのプログラミング入門

ストラウストラップのプログラミング入門

監修

形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798126586
価格:
本体7,800円+税

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

C++の生みの親が初心者に語りかけるプログラミングの王道と手法

「プログラムを開発する」にはさまざまな問題が待ち構えている。開発するための環境であったり動作環境であったり対象ユーザーであったり、あるいは言語の選択やその言語の特性の理解などなど。しかし、純粋に“プログラムを組む”ことに焦点を合わせると、そこには各種問題を解決できる単純な原則がある。本書はその原則を実際に展開しながら「プログラミングとはなにか」「どうやってプログラミングを学習するか」を平易に解説してゆく。何度も挫折を繰り返した学習者や、原点に立ち戻り“プログラミング”を深めたい実務者など、すべての開発者必読の一冊である。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2015年05月25日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 0063
練習問題8 1行目
整数値を評価して、それが偶数か数かを
整数値を評価して、それが偶数か奇数かを
2013.07.02
1刷 0090
5行目
vector は、インデックスでアクセスできる要素のシーケンスである。
vectorとは、要素のシーケンスにほかならず、インデックスで任意の要素にアクセスできる。
2015.05.25
1刷 0138
練習問題2の1行目、コード1行目のコメント、練習問題5(3か所)
華氏
ケルビン(K)
2015.05.25
1刷 0138
練習問題3の1行目
華氏0度
0ケルビン
2015.05.25
1刷 0445
「14.2.4 コピーと可変性」7行目
void my_fct(const Open_polyline& op, const Circle& c)
void my_fct(Open_polyline& op, const Circle& c)

これに伴い、監注を削除します
2015.05.25
1刷 0486
5行目
7. ウィンドウにコンソールを追加する
7. ウィンドウに余弦を追加する
2015.05.25
1刷 0627
下から11行目
: alloc(a), elem(a.allocate(n)), sz(n), space(n) { }
: alloc(a), elem(alloc.allocate(n)), sz(n), space(n) { }
2015.05.25
1刷 0628
「TRY THIS」の2行上
同様に、vector_base<T,A>::reserve() といったvector<T,A> の派生クラスのメンバから、基底クラスのメンバvector_base<T,A> を参照する際には、this-> を明示的に使用しなければならない。
同様に、vector<T,A>::reserve()といったvector_base<T,A>の派生クラスのメンバから、基底クラスvector_base<T,A>のメンバを参照する際には、this->を明示的に使用しなければならない。
2015.05.25
1刷 0662
下から3行目
insert() とdelete()
insert() とerase()
2015.05.25
1刷 1035
「イテレータの演算」の表、3項目目(左列、右列のそれぞれ1か所)
difference(p,q)
distance(p,q)
2015.05.25