1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 日本のイノベーションのジレンマ

日本のイノベーションのジレンマ


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798128214
価格:
本体2,000円+税
仕様:
A5変・304ページ
分類:
経営・マーケティング

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレイトン・クリステンセン教授 強力推薦!

私のクラスで目覚ましい才を発揮した玉田氏による本書は、日本経済の「失われた20年」の原因を解き明かし、日本再生に向けた「解」を示すだろう

【多くの日本企業が陥っている“イノベーションのジレンマ”とその処方箋】

シャープやソニーの赤字転落、携帯電話やテレビ事業の不振など、日本の産業の地盤沈下が進んでいます。その原因は、韓国・台湾・中国を筆頭とする新興国の勃興とともに、日本企業の多くが「登れるが、降りられない」という「イノベーションのジレンマ」特有の現象に陥ってしまい、新たなイノベーションを起こせなくなっていることにあります。

本書は、クレイトン・クリステンセン教授からイノベーションのマネジメントについて指導を受け、『イノベーションのジレンマ』の監修を務めた玉田俊平太氏により、「破壊的イノベーション」の構造・原理・フレームワークの解説と、「テレビ」「携帯電話」「カメラ」のイノベーションの歴史と日本企業敗戦の理由、そして最新の理論に基づいた日本企業に対する処方箋を提供します。

【著者紹介】玉田 俊平太
東京大学博士(学術)。1995年よりハーバード大学へ留学。ビジネススクールにてマイケル・ポーター教授のゼミに所属、競争力と戦略の関係について研究するとともに、クレイトン・クリステンセン教授からイノベーションのマネジメントについて指導を受ける。経済産業省、経済産業研究所フェローを経て、関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科教授。専門は技術経営、科学技術政策。


はじめに
なぜ、大手電機メーカーは不振に陥ったのか
第I部
1章 破壊的イノベーターだった日本企業
2章 イノベーションとは何か
3章 破壊的イノベーションとは何か
4章 優良企業が陥るジレンマ
第II部
5章 テレビに見るイノベーションの歴史
6章 ガラケーを破壊したスマートフォン
7章 破壊するものだけが生き残るデジタルカメラ
第III部
8章 破壊的イノベーション 三つの基本戦略
9章 アイディアを産み出すための「苗床」
10章 ニーズ・ファインディング
11章 グループによるアイディア形成の手法
12章 破壊的アイディアの選定
13章 破壊的イノベーションを起こす組織とは
14章 破壊的企業の買収
おわりに
  「日本のイノベーションのジレンマ」を超えて
本書はダウンロードファイルの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

書籍・SEshop限定PDF:ご購入刷数  電子書籍 最終更新日:2015年10月07日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 010
左から2行目
2刷
ビジネスモデルの確率
ビジネスモデルの確立
2015.10.07
1刷 020
1行目
2刷
「彼( か) を知り、己れを知れば、百戦して殆( あや) うからず」(軍事においては、相手の実情を知って、自己の実情も知っていれば、百たび戦っても危険な状態にはならない)
「彼( か) を知り、己れを知れば、百戦して殆( あや) うからず」(軍事においては、相手の実情を知って、自己の実情も知っていれば、百たび戦っても危険な状態にはならない)(『孫子』、浅野裕一、講談社、1997)

参考文献を示します
2015.10.07
1刷 057
左から2行目
2刷
CoreDuo
Core 2
2015.10.07
1刷 139
3行目
2刷
数千万台から数億台普及
数千万台普及
2015.10.07
1刷 142
左から5行目
2刷
アップルのCEOだったスティーブ・ジョブズも「優れた芸術家はまねをし、偉大な芸術家は盗むとピカソは言った。だからすごいと思ってきた様々なアイディアをいつも盗んできた」と語っている。
アップルのCEOだったスティーブ・ジョブズも「優れた芸術家はまねをし、偉大な芸術家は盗むとピカソは言った。だからすごいと思ってきた様々なアイディアをいつも盗んできた」と語っている("Steve Jobs:The Lost Interview",Magnolia Home Entertainment(DVD),2012)

参考文献を示します
2015.10.07
1刷 143
2行目
2刷
WYSWYG(What You See is What You Get)
WYSIWYG(What You See Is What You Get)
2015.10.07
1刷 158
左から2行目
2刷
「熱子(あつこ)」というあだ名
「熱子(あつこ)」と「重子(おもこ)」というあだ名
2015.10.07
1刷 173
左から4行目
2刷
被写体とディスプレイ
被写体と電子ファインダー
2015.10.07
1刷 251
7行目
2刷
ソニーが家庭用ゲーム機に進出したとき、他の家電メーカーなどからもゲーム事業への新規参入が相次いだ。しかし、それらの多くは失敗に終わった。多くの家電メーカーのハード主導のプロセスにより、ソフトメーカーを下請けのように扱ったため、積極的な協力が得られなかったからだ* 。
ソニーが家庭用ゲーム機に進出したとき、他の家電メーカーなどからもゲーム事業への新規参入が相次いだ。しかし、それらの多くは失敗に終わった。多くの家電メーカーのハード主導のプロセスにより、ソフトメーカーを下請けのように扱ったため、積極的な協力が得られなかったからだ* (「革命は辺境から(17) に・よん・なな・みゅーじっく社長 丸山茂雄氏(仕事人秘録)」、日経産業新聞、2005年6月22日)

参考文献を示します
2015.10.07
1刷 266
左から5行目
2刷
得られる利益は
得られる利益率は
2015.10.07
1刷 295
8章の注
2刷
「カンブリア宮殿 世界で400万本!驚異の大ヒット包丁 刃物の町から挑む100年企業!独自戦略」、テレビ東京、2014 年12月4日
「カンブリア宮殿 世界で400万本!驚異の大ヒット包丁 刃物の町から挑む100年企業!独自戦略」、テレビ東京、2014 年12月4日(執筆時最新データは貝印株式会社から提供を受けた)
2015.10.07

関連書籍