自然言語処理の基本と技術(奥野 陽 グラム・ニュービッグ 萩原 正人 小町 守)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 自然言語処理の基本と技術

自然言語処理の基本と技術




監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798128528
定価:
2,640(本体2,400円+税10%)
仕様:
A5・240ページ
分類:
プログラミング・開発

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webやクラウド上の膨大な文字情報の中から、「意味のある」情報だけを取り出して活用したい、文脈を読んで最適な文章を自動的に作成して欲しい…
そんな夢のような技術がすでに一歩ずつ現実のものとなろうとしています。

ハードウェア&ソフトウェアの高度化、高速化に伴い「自然言語処理」と呼ばれる「人間の言葉をコンピュータに理解させ、活用させる、結果を返させる」テクノロジーが実用化のレベルまで到達しつつあるのです。

本書は、この未来に不可欠となるに違いない自然言語処理の、技術的、ビジネス的基礎知識をくまなくコンパクトに図解した一冊です。

著者陣もそれぞれの分野の第一線で活躍するエキスパート揃い!
世界を大きく変えるであろうテクノロジーに一歩近付いてみませんか?


自然言語処理の概要
自然言語処理の基礎知識
日本語入力と自然言語処理
機械翻訳
情報検索
Webと自然言語処理
自然言語処理のこれから
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2018年06月27日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 005
(「はじめに」の下部余白に追記)
2刷
(執筆担当が未記載でした)
執筆担当 第1章 : 萩原正人 第2章 : 萩原正人(2-1~2-4)、奥野陽(2-5)、グラム・ニュービッグ(2-6) 第3章 : 奥野陽 第4章 : グラム・ニュービッグ 第5章 : 萩原正人 第6章 : グラム・ニュービッグ 第7章 : 萩原正人
2016.03.10
1刷 065
図「係り受け構造の例」
4刷
「2.」の「白い」から「表紙」に出ている矢印
削除(添付図参照ください)訂正図

※リフローEPUBの場合、2章の2-6「構造解析の技術」の4つ目の図「係り受け構造の例」が該当箇所になります。
2018.06.27
1刷 084
ラティス構造の図(下の図)
2刷

「返還」のスコアを「4」から「6」に訂正します(「漢字」からの1+3ではなく「感じ」からの4+2が最も高いスコアです)

※リフローEPUBの場合、3章の3-4「連文節変換の仕組みビタビアルゴリズム」の3つ目の図「ラティス構造(各単語のスコアを計算後)」が該当箇所になります。
2016.07.14
1刷 084
下の図
2刷

※リフローEPUBの場合、3章の3-4「連文節変換の仕組みビタビアルゴリズム」の4つ目の図「ラティス構造(不要な接続を省略)」が該当箇所になります。
2017.04.10
1刷 084
ラティス構造の図
2刷

※リフローEPUBの場合、3章の3-4「連文節変換の仕組みビタビアルゴリズム」の5つ目の図「ラティス構造(最適解の探索の終了)」が該当箇所になります。
2017.04.10
1刷 103
下から2行目
4刷
3回目のルール適応の後に
3回目のルール適用の後に

※リフローEPUBの場合、4章の4-2「フレーズベース機械翻訳」の3つ目の図「フレーズベース翻訳の訳出過程」の下、3つ目の段落が該当箇所になります。
2018.05.22
1刷 112
3段落目冒頭
4刷
流動性と妥当性の尺度は、
流暢性と妥当性の尺度は、

※リフローEPUBの場合、4章の4-4「機械翻訳システムの評価」の最初の図「人手評価の評価基準 流暢性と妥当性」の下、3つ目の段落が該当箇所になります。
2018.05.22
1刷 115
4段落目の2行目
4刷
対話データ
対訳データ

※リフローEPUBの場合、4章の4-5「機械翻訳システムの構築」の2つ目の小見出し「学習データの準備」の4つ目の段落が該当箇所になります。
2018.05.22
1刷 204
2段落目の4行目
2刷
全体象をつかむ
全体像をつかむ

※リフローEPUBの場合、6章の6-8「文書要約」の最初の小見出し「文書要約とは」の2つ目の段落が該当箇所になります。
2016.07.14
1刷 205
ページ冒頭小見出し
2刷
文書予約の種類
文書要約の種類

※リフローEPUBの場合、6章の6-8「文書要約」の2つ目の小見出しが該当箇所になります。
2016.07.14

感想・レビュー

小野靖貴 さん

2017-12-27

非エンジニア向けの概要本。わかりやすいけど、「自然言語処理を仕事とする/仕事としたいエンジニア」は対象としていない感じ。

ほしの さん

2022-02-12

自然言語処理について初めて読んだ。 キーワードを拾っておいた。文書要約に興味あり 「文書要約」をslackに自動通知とかやってみたい。

あろーず さん

2019-07-11

自然言語処理入門書の良本。言語を扱う手法が何種類も紹介されていて、初心者が網羅的に知ることができる。辞書的に使うこともできるだろう。 一方で簡潔に書かれている分、実装方法や使う上で考慮すべき点などはほとんど書かれていない。この一冊だけで自然言語処理を勉強していくのは難しい。