コミュニティ・オブ・プラクティス ナレッジ社会の新たな知識形態の実践 電子書籍(櫻井 祐子 櫻井 祐子 Etienne Wenger Richard McDermott William M. Snyder 野村 恭彦)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. コミュニティ・オブ・プラクティス ナレッジ社会の新たな知識形態の実践

コミュニティ・オブ・プラクティス ナレッジ社会の新たな知識形態の実践

翻訳
原著



監修

形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798129280
価格:
3,080(本体2,800円+税10%)
シリーズ:
Harvard Business School Press

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナレッジ・マネジメントを超えて

コミュニティ・オブ・プラクティス(実践コミュニティ)とは、あるテーマに関する関心や問題、熱意などを共有し、その分野の知識や技能を、持続的な相互交流を通じて深めていく人々の集団のことである。
太鼓の昔から続く、知識を核とした社会的枠組みであるが、組織がより意図的かつ系統的に知識を経営に活かすこと、つまり古来の仕組みに加え、ビジネスで新しく中枢的な役割を担わせることが必要になっている今、熱く注目されている。

序章

第一章 実践コミュニティについて-今なぜ必要なのか

実践コミュニティとは何か
グローバルな知識経済で成功するための鍵
知識の特性:経営上の挑戦
実践コミュニティを育成する
多様な価値を創造する
「二重編み」の知識組織がやって来た

第二章 実践コミュニティとその構成要素

実践コミュニティにはさまざまな形態がある
構成モデル:「領域、コミュニティ、実践」
モデルの意味するもの
コミュニティ開発の指針として実践的なモデル
結論

第三章 実践コミュニティ育成の七原則

進化を前提とした設計を行う
内部と外部それぞれの視点を取り入れる
さまざまなレベルの参加を奨励する
公と私それぞれのコミュニティ空間を作る
価値に焦点を当てる
親近感と刺激を組み合わせる
コミュニティのリズムを生み出す
結論

第四章 発展の初期段階-実践コミュニティの計画と立ち上げ

コミュニティの発展段階
第一段階:潜在
第二段階:結託
結論

第五章 発展の成熟段階-実践コミュニティを成長させ、維持する

指導から維持へ
第三段階:成熟
第四段階:維持・向上
第五段階:変容
結論

第六章 分散型コミュニティという挑戦

分散型コミュニティの重要課題
グローバル・コミュニティにとっての領域、コミュニティ、実践
分散型コミュニティを設計する
結論:真のグローバルゼーションを実現するために

第七章 実践コミュニティのマイナス面

単体のコミュニティ:起こりうる不調
コミュニティの集合:起こりうる不調
組織:起こりうる不調
結論

第八章 価値創造の評価と管理

ナレッジ・システム
ナレッジ・システムを管理する
結論

第九章 コミュニティを核とした知識促進活動

コミュニティを核とした知識促進活動の設計原理
促進活動を軌道に乗せる
「コミュニティ開発」に関する社内実践を作り出す
利害関係者のサポートと上層部のスポンサーシップを育む
結論

第十章 世界の再構築-組織を超えたコミュニティ

拡張型ナレッジ・システム
市民社会

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2013年10月10日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 058
最後の行
9刷
この物に出てきた
この物に出てきた

※リフローEPUBの場合、第一章の「■実践コミュニティにはさまざまな形態がある」の冒頭が該当箇所になります。
2013.10.10
1刷 070
後ろから3行目
3刷
この実践お互いを
この実践お互いを

※リフローEPUBの場合、第二章の「コミュニティ」の2つ目の段落の末尾が該当箇所になります。
2006.02.23
1刷 079
後ろから6行目
3刷
各章に必ず署名が入っている。
各章に必ず署名が入っている。

※リフローEPUBの場合、第二章の「実践」の7つ目の段落が該当箇所になります。
2006.02.23
1刷 079
後ろから7~8行目
3刷
「修理ノウハウ」はすべて...
「修理ノウハウ」にすべて...

※リフローEPUBの場合、第二章の「実践」の7つ目の段落が該当箇所になります。
2006.02.23
1刷 099
前から7行目
3刷
人々はさまざま理由からコミュニティに...
人々はさまざま理由からコミュニティに...

※リフローEPUBの場合、第三章の「三.さまざまなレベルの参加を奨励する」の1つ目の段落が該当箇所になります。
2006.02.23
1刷 205
1行目
3刷
定量生物学者のコミュニティは、
定量生物学者のコミュニティは、

※リフローEPUBの場合、第六章の「■結論:真のグローバリゼーションを実現するために」のひとつ前の段落が該当箇所になります。
2006.02.23
1刷 311
後ろから7行目
3刷
管理手法を批判しているわけではない。
管理手法を批判しているのではない。

※リフローEPUBの場合、第九章の「■結論」の6つ目の段落が該当箇所になります。
2006.02.23
1刷 311
後ろから9行目
3刷
非公式の機構を従来ように
非公式の機構を従来ように

※リフローEPUBの場合、第九章の「■結論」の6つ目の段落が該当箇所になります。
2006.02.23

感想・レビュー

富士さん さん

2020-04-26

人間が成長するのは環境の中であり、これを整えることで人を育て組織を発展させようという本。教える教わる関係の教育や研修とは違う、教え教える関係を持ったコミュニティこそがイノベーションを生み、成果をもたらしてきたという認識が軸で、それは全生活と結びついた職人的学習環境の研究が背景となっています。こういう代数的にならないものが経営学のシリーズから出ていることが驚きでした。経営学はこういうロマンティックな説は嫌いだと思っていました。その分とても共感でき、頷きながら楽しく読めましたが、やるのは大変そうです。

なお さん

2021-04-12

普段、あまり使わない言葉遣いだった。コミュニティについてなんとなく読み始めたものだが、暗黙知などナレッジマネジメントの話になって面白いと思った。予測できないものを取り込んで知識に変えていくプロセス(方法)を学んだような気がする。

とみた さん

2014-05-09

ナレッジ・マネジメントに有効だと考えられている実践コミュニティをつくり、育成する方法を伝える本。どんな実践コミュニティに属していたかが、その人の知識体系を表すという考えを著者は示していたが、知識獲得のためにはコミュニティに所属すればよいという話になるのだろうか。元々、組織はツリー型とリゾーム型とに分けられるという話を聞いて本書を読んだが、本書ではトップダウン型とフラクタル構造という話しか出てこなかった。コミュニティは有機体であり、新参者を取り入れないとコミュニティは死ぬという話が印象的だった。