計算機プログラムの構造と解釈 第2版(Gerald Jay Sussman Harold Abelson Julie Sussman 和田英一)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 計算機プログラムの構造と解釈 第2版

計算機プログラムの構造と解釈 第2版




監訳

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798135984
価格:
本体4,600円+税
仕様:
B5・432ページ
分類:
プログラミング・開発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言わずと知れた「計算機科学の古典的名著」、復刊

プログラミング言語LISPの方言であるSchemeを使用し、抽象化、再帰、インタプリタ、メタ言語的抽象といった計算機科学における概念の真髄を丁寧に解説した古典的名著です。また計算機科学教育に多大な影響を与えたことはもちろん、「関数型言語」の聖典のひとつとしても挙げられています。いわば、現代の計算機科学(コンピュータサイエンス)の礎であり、プログラミングの始原であり、すべてのITの原点といえる1冊です。


1 手続きによる抽象の構築

1.1 プログラムの要素
1.2 手続きとその生成するプロセス
1.3 高階手続きによる抽象

2 データによる抽象の構築

2.1 データ抽象入門
2.2 階層データ構造と閉包性
2.3 記号データ
2.4 抽象データの多重表現
2.5 汎用演算のシステム

3 標準部品化力、オブジェクトおよび状態

3.1 代入と局所状態
3.2 評価の環境モデル
3.3 可変データでのモデル化
3.4 並列性:時が本質的
3.5 ストリーム

4 超言語的抽象

4.1 超循環評価器
4.2 Schemeの変形-遅延評価
4.3 Schemeの変形ー非決定性計算
4.4 論理型プログラミング

5 レジスタ計算機での計算

5.1 レジスタ計算機の設計
5.2 レジスタ計算機シミュレータ
5.3 記憶の割当とごみ集め
5.4 積極制御評価器
5.5 翻訳系

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。