オラクルマスター教科書 Bronze Oracle Database 12c SQL基礎(桜井裕実 株式会社 システム・テクノロジー・アイ 林優子)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. オラクルマスター教科書 Bronze Oracle Database 12c SQL基礎

オラクルマスター教科書 Bronze Oracle Database 12c SQL基礎




形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798136547
価格:
本体3,800円+税
仕様:
A5・568ページ
分類:
ベンダー資格

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「黒本」に待望の12c登場!

オラクルデータベース12cに対応したオラクル認定資格試験「Bronze 12c SQL基礎」が2013年11月より開始されました。本書はこの試験のための学習書です。持ち歩きやすい「解説編(テキスト)」と「試験対策編(問題集)」の2分冊構成。テキストは、試験で問われやすいポイントがチェックリストやコラムにより一目でわかるよう工夫。試験範囲の技術・知識を、やさしく丁寧な解説と豊富な図表・実行例で、わかりやすく解説しています。問題集では、実際の試験と同じ形式、同じレベルの問題を豊富に収録。問題には★の数で難易度を表示し、わからなかった場合の参照先を示して、復習しやすくしています。

さらに、Web上で受けられる模擬試験「iStudy LE Web版」で、試験2回分の腕試しをすることができます。Oracle DB 12cの入手・インストール方法やSQL*Plusの使い方も付録PDFで解説。サンプルテーブル作成のためのスクリプトも用意しています。


本書の著者自らが書籍の特徴を紹介!分冊の瞬間をご覧下さい。

解説編

ORACLE MASTER 資格と試験の概要
本書の内容

第1章 リレーショナルデータベースの概要

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
1-1 リレーショナルデータベース
 1-1-1 リレーショナルデータベースとは
 1-1-2 リレーショナルデータベースの用語
1-2 SQL の概要
 1-2-1 SQL
 1-2-2 E-R モデリング
学習チェック

第2章 SELECT 文の使用によるデータの取得

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
2-1 SELECT 文の基本構文
 2-1-1 SELECT 文の機能
 2-1-2 SELECT 文の基本構文
 2-1-3 SQL 文作成時の注意点とガイドライン
2-2 算術式
 2-2-1 算術式の使用
 2-2-2 NULL を含む算術式
2-3 列見出し
 2-3-1 列見出しの変更
2-4 連結演算子
 2-4-1 連結演算子とは
2-5 重複行の排除
 2-5-1 重複行
学習チェック

第3章 データの制限とソート

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
3-1 行の選択
 3-1-1 WHERE 句
 3-1-2 条件式
 3-1-3 比較演算子
 3-1-4 論理演算子
 3-1-5 演算子の優先順位
3-2 行の並べ替え(ソート)
 3-2-1 ORDER BY 句
 3-2-2 NULL のデフォルトの表示位置
 3-2-3 NULL の表示位置制御
 3-2-4 その他のソート
 3-2-5 問合せのSQL 行制限
3-3 置換変数
 3-3-1 置換変数とは
学習チェック

第4章 単一行関数による出力のカスタマイズ

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
4-1 SQL 関数
 4-1-1 SQL 関数とは
 4-1-2 単一行関数
4-2 文字関数
 4-2-1 大文字・小文字変換関数
 4-2-2 文字操作関数
4-3 数値関数
4-4 日付関数
 4-4-1 日付データとは
 4-4-2 日付関数
 4-4-3 日付データの四捨五入、および切捨て
学習チェック

第5章 変換関数と条件式の使用方法

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
5-1 データ型の変換
 5-1-1 暗黙的なデータ型変換
 5-1-2 明示的なデータ型変換
5-2 汎用関数
 5-2-1 NVL 関数
 5-2-2 NVL2 関数
 5-2-3 NULLIF 関数
 5-2-4 COALESCE 関数
5-3 条件式
 5-3-1 CASE 式
 5-3-2 DECODE 関数
学習チェック

第6章 グループ関数による集計データのレポート

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
6-1 グループ関数
 6-1-1 グループ関数の機能
 6-1-2 グループ関数の種類
6-2 GROUP BY 句とHAVING 句
 6-2-1 GROUP BY 句
 6-2-2 HAVING 句
 6-2-3 LISTAGG 関数
学習チェック

第7章 結合を使用した複数の表のデータの表示

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
7-1 結合
 7-1-1 結合とは
 7-1-2 結合のタイプ
7-2 内部結合
 7-2-1 ON 句による内部結合
 7-2-2 NATURAL JOIN 構文による内部結合
 7-2-3 USING 句による自然結合
 7-2-4  NATURAL JOIN 構文、およびUSING 句における結合列に対する表接頭辞の注意点
 7-2-5 ON 句による非等価結合
 7-2-6 ON 句による3 つ以上の表結合
 7-2-7 ON 句による自己結合
7-3 外部結合
 7-3-1 外部結合のタイプ
 7-3-1 左側外部結合
 7-3-2 右側外部結合
 7-3-3 完全外部結合
 7-3-4 クロス結合
学習チェック

第8章 副問合せの使用方法

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
8-1 副問合せとは
 8-1-1 副問合せの使い方
8-2 単一行副問合せと複数行副問合せ
 8-2-1 単一行副問合せ
 8-2-2 複数行副問合せ
 8-2-3 複数列副問合せ
 8-2-4 副問合せにおいて考慮すべきこと
 8-2-5 EXISTS/NOT EXISTS 演算子
学習チェック

第9章 集合演算子の使用方法/h4>

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
9-1 集合演算子とは
 9-1-1 集合演算子の種類
 9-1-2 UNION ALL 演算子
 9-1-3 UNION 演算子
 9-1-4 INTERSECT 演算子
 9-1-5 MINUS 演算子
9-2 学集合演算子の使用ガイドライン
 9-2-1  各問合せのSELECT 句内の列数とデータ型を一致させる
 9-2-2 カッコを使用して実行順序を明示的に指定できる
 9-2-3 ORDER BY 句は、文の最後にのみ指定できる
 9-2-4 集合演算子は副問合せでも使用できる
学習チェック

第10章 データ操作文を使用した表の管理/h4>

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
10-1 データ操作文
 10-1-1 INSERT 文の基本構文
 10-1-2 UPDATE 文の基本構文
 10-1-3 DELETE 文の基本構文
 10-1-4 TRUNCATE 文の基本構文
10-2 トランザクション
 10-2-1 トランザクションとは
 10-2-2 トランザクション制御文
 10-2-3 トランザクションを構成する単位
 10-2-4 トランザクションの開始と終了
 10-2-5 トランザクションの同時実行性
 10-2-6 セーブポイント
 10-2-7 読取り一貫性
 10-2-8 SELECT 文のFOR UPDATE 句
学習チェック

第11章 データ定義言語の紹介/h4>

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
11-1 データベースオブジェクト
 11-1-1 命名規則
 11-1-2 データ型
11-2 表の作成
 11-2-1 CREATE TABLE 文
11-3 制約の設定
 11-3-1 制約とは
 11-3-2 制約の定義
11-4 副問合せを使用した表の作成
 11-4-1 CREATE TABLE AS SELECT 文
11-5 ALTER TABLE 文による表の変更
 11-5-1 ALTER TABLE 文
学習チェック

練習問題編

第1章 概要
第2章 SQLのSELECT文の使用によるデータの取得
第3章 データの制限とソート
第4章 単一行関数の使用による出力のカスタマイズ
第5章 変換関数と条件式の使用
第6章 グループ関数の使用による集計データのレポート
第7章 結合の使用による複数の表のデータの出力
第8章 副問合せの使用による問合せの解決
第9章 DML文の使用による表の管理
第10章 データ定義言語の概要

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2018年06月08日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 006
チェックシート6ページ 左段の11行目
2刷
DEFAUTオプションでは…
DEFAULTオプションでは…
2016.04.12
1刷 1-020
11行目
3刷
108   Greenberg     12000
108   Greenberg     12008
2016.10.11
1刷 1-020
例2-2のHIRE_DATE列
3刷
HIRE_DATE ------------ 17-JUN-87 21-SEP-89 13-JAN-93 03-JAN-90 21-MAY-91 07-JUN-94
HIRE_DATE ------------ 17-JUN-03 21-SEP-05 13-JAN-01 03-JAN-06 21-MAY-07 07-JUN-02
2016.10.11
1刷 1-034
解説編34ページ 下から9行目
2刷
このオプションを説明するには、必ずDISCINCTキーワードを…
このオプションを説明するには、必ずDISTINCTキーワードを…
2016.04.12
1刷 1-053
例3-18
4刷
例3-18で使われているPRODUCT_LIST表を作成するためのスクリプトは、ダウンロードファイルCRE_DATA.sql にには含まれておりません。環境によっては日本語が文字化けする可能性があるためあえて外しました。 参考までに、以下にコードを記載いたします。 ------------------------ CREATE TABLE product_list (id NUMBER ,name VARCHAR2(30) ); INSERT INTO product_list VALUES(1,'レモンスカッシュ'); INSERT INTO product_list VALUES(2,'100%オレンジジュース'); INSERT INTO product_list VALUES(3,'100種類の野菜ジュース'); COMMIT; ------------------------
2017.03.15
1刷 1-053
8-10行目
3刷
LAST_NAME    FIRST_NAME    HIRE_DATE ------------  --------------  ------------- De Haan      Lex          13-JAN-01
FIRST_NAME   LAST_NAME     HIRE_DATE ------------  --------------  ------------- Lex         De Haan       13-JAN-01
2016.10.11
1刷 1-071
例3-38
3刷
【注意】 例3-38では、事前にHartsteinのSALARYを13500に変更しています。そのためのSQL文を記載します。 (1) 例3-38の実行前にHartsteinのSALARYを13500に変更するSQL文
UPDATE employees
SET salary = 13500
WHERE employee_id = 201;
COMMIT;
(2) 例3-38の実行後にHartsteinのSALARYを13000に戻すSQL文
UPDATE employees
SET salary = 13000
WHERE employee_id = 201;
COMMIT;

例3-38について上記の注意を追加します。
2016.10.11
1刷 1-079
解説編79ページ [6]
3刷
LIKE演算子で使用してできるワイルドーカード記号は何ですか。
LIKE演算子で使用できるワイルドカード文字は何ですか。
2016.04.12
1刷 1-081
解説編81ページ[14]の解説
3刷
「FETCH FIRST n ONLY」は先頭から厳密に5行戻します。「FETCH FIRST n WITH TIES」先頭から5行戻し、同値が連続する場合戻す行数を超えて表示します。
「FETCH FIRST n ONLY」は先頭から厳密にn行戻します。「FETCH FIRST n WITH TIES」先頭からn行戻し、同値が連続する場合戻す行数を超えて表示します。
2016.01.29
1刷 1-081
解説編81ページの解答12
2刷
SELECT句内の列位置を表す数値。そのSELECT句の1番目の列で降順に並べ替え、同じ値の中で2番目の列で昇順に並べ替えます。
SELECT句内の列位置を表す数値。そのSELECT句の2番目の列で降順に並べ替え、同じ値の中で1番目の列で昇順に並べ替えます。
2015.11.11
1刷 1-108
解説編108ページ 例4-33の下の文章
2刷
この例では、雇用されて約「322.1 か月」と計算されました。
この例では、雇用されて約「131.1か月」と計算されました。
2015.05.22
1刷 1-116
解説編116ページ 下から4行目
2刷
TWO Thousand Forteenと表示…
TWO Thousand Fourteenと表示…
2016.04.12
1刷 1-120
解説編120ページ 例5-4の見出し
2刷
年4桁、月2桁、日桁、曜日、および…
年4桁、月2桁、日2桁、曜日、および…
2016.04.12
1刷 1-133
解説編133ページ 図5-3
2刷
「TRUE」と「FALSE」の位置が逆でした。下記のように訂正します。
2015.05.08
1刷 1-141
4-5行目
2刷
DECOCE (列,条件値1,THEN 値1        [,条件値2 ,THEN 値2]        ,デフォルト値)
DECODE (列,条件値1,値1        [,…条件値n,値n]        [,デフォルト値]
2015.08.19
1刷 1-143
解説編143ページ [13]
2刷
TWO Thousand Forteenと表示する…
TWO Thousand Fourteenと表示する…
2016.04.12
1刷 1-155
解説編155ページ 下から1行目
2刷
SQL> SELECT department_id, job_id , MAX(salary)
SQL> SELECT department_id, job_id, MAX(salary)
2015.05.08
1刷 1-159
解説編159ページ 重要の3つ目、表6-8の最後の行
2刷
グループ関数またはGROUPY BY 句で
グループ関数またはGROUP BY 句で
2015.05.22
1刷 1-161
解説編161ページ 9行目(LISTAGG関数の構文)
2刷
LISTAGG(メジャー列名,'区切り記号'WITHIN GROUP( ORDER BY並べ替え基準列名))
LISTAGG(メジャー列名,'区切り記号') WITHIN GROUP (ORDER BY 並べ替え基準列名)

・行末の閉じ括弧を削除
・「WITHIN」の前に閉じ括弧と半角スペースを追加
・「BY」と「並べ替え基準列名」の間に半角スペースを追加
2015.03.30
1刷 1-172
解説編172ページ 下から7行目
2刷
DEPARTMENTS表のDEARTMENT_ID列が主キーです。
DEPARTMENTS表のDEPARTMENT_ID列が主キーです。
2016.04.12
1刷 1-173
解説編173ページ 図7-3の上部
2刷
キー
主キー
2015.03.30
1刷 1-185
解説編185ページ SQL文 2行目
2刷
FROM 表1 表別名1 [INNER] JOIN 表2 表別名2
FROM 表1 表別名1 [INNER] JOIN 表1 表別名2
2015.05.22
1刷 1-189
「7-3-2 右側外部結合」の1行目
3刷
右側外部結合は、キーワード(RIGHT OUTER JOIN)の左側、つまり下記の構文では「表2」のすべての行を表示します。
右側外部結合は、キーワード(RIGHT OUTER JOIN)の右側、つまり下記の構文では「表2」のすべての行を表示します。
2016.05.31
1刷 1-194
解説編194ページ 下から5行目
2刷
例:EMPLOYEES表とDEPARTMENTS表をDPARTMENT_ID列で等価結合
例:EMPLOYEES表とDEPARTMENTS表をDEPARTMENT_ID列で等価結合
2016.04.12
1刷 1-211
解説編211ページ、例8-15の最終行
3刷
60行が選択されました。
58行が選択されました。
2016.10.11
1刷 1-230
解説編230ページ 2行目
2刷
…、TO_CAHR関数
…、TO_CHAR関数
2016.04.12
1刷 1-235
解説編235ページ 全体
2刷
※218ページと同じ内容の「解答」が入っております。たいへん申し訳ございません。
正しい内容は次のとおりです。 解答 1 UNIONおよびUNION ALL 2 UNIONは重複する値を省いて出力しますが、UNION ALLは重複行も含めて出力します。UNIONは出力結果がソートされていますが、UNION ALLはソートされません。 3 INTERSECT 4 MINUS 5 できます。ただし、問合せ全体において1つだけです。 6 すべての問合せを記述した後に、ORDER BY句を記述することができます。 7 先頭の問合せで指定した列または列別名、列の位置を表す数値 8 エラーになります。記述する列の数は一致させる必要があります。 9 正常に実行されます。列名を一致させる必要はありません。 10 互換性のないデータ型の場合、エラーになります。SELECT句に記述するデータ型は一致させる必要があります。 11 使用できます。集合演算子は、FROM句、WHERE句など副問合せが使えるところで使用できます。 12 できます。デフォルトでは上から順に処理されますが、カッコを使うことにより、カッコ内が先に処理されます。

また、235ページの訂正PDFを用意しましたので、下記からダウンロードしてくださいますようお願い申し上げます。
訂正後の235ページ
2014.10.07
1刷 1-254
解説編254ページ 9行目
2刷
次の例では、NEW_DEPARTMETS表の…
次の例では、NEW_DEPARTMENTS表の…
2016.04.12
1刷 1-259
解説編259ページ 下から2~3行目
2刷
COMMT文を発行すると、
COMMIT文を発行すると、
2016.04.12
1刷 1-269
解説編269ページ 下から3行目と5行目
2刷
…トランサクションの途中まで…
…トランクションの途中まで…
2016.04.12
1刷 1-280
解説編280ページ 表11-3の見出し
2刷
CREATE TBALE文の構文の説明
CREATE TABLE文の構文の説明
2016.04.12
1刷 1-283
解説編283ページ 重要の2行目
2刷
DEFAUTオプションでは、
DEFAULTオプションでは、
2016.04.12
1刷 1-288
解説編288ページ 16行目
2刷
UNIQU制約ではNULLの設定は許可される
UNIQUE制約ではNULLの設定は許可される
2016.04.12
1刷 1-293
解説編293ページ 図11-1の右側の表
2刷
DEPARTMENS表(親表)
DEPARTMENTS表(親表)
2016.04.12
1刷 1-294
解説編294ページ 脚注
2刷
注: FOREWIGN KEYキーワードを使用するのは…
注: FOREIGN KEYキーワードを使用するのは…
2016.04.12
1刷 1-302
解説編302ページ 表11-6の見出し
2刷
CREATE TBALE AS SELECT文の構文の説明
CREATE TABLE AS SELECT文の構文の説明
2016.04.12
1刷 1-303
解説編303ページ 脚注
2刷
元素のPRIMARY KEY制約は…
元表のPRIMARY KEY制約は…
2016.04.12
1刷 1-320
解説編320ページ 最終行
2刷
DFAULTと一緒に…
DEFAULTと一緒に…
2016.04.12
1刷 2-002
練習問題編2ページ ORDER_ITEMS表 4行目
2刷
UANTITY
QUANTITY
2014.10.07
1刷 2-002
練習問題編2ページ PRODUCTS表の2行目と3行目
2刷
PROD_ID PROD_NAME
PRODUCT_ID PRODUCT_NAME
2015.04.20
1刷 2-004
練習問題編4ページ SALES表の2行目
2刷
PROD_ID
PRODUCT_ID
2015.04.20
1刷 2-008
練習問題編8ページ 問題2の選択肢A
2刷
A. Software as a Servive (Saas)
A. Software as a Service (Saas)
2016.04.11
1刷 2-013
練習問題編13ページ 解説の5行目
2刷
よって、選択肢B「DEPARTMETS表は…
よって、選択肢B「DEPARTMENTS表は…
2016.04.11
1刷 2-026
練習問題編26ページ 重要の10行目
2刷
最初のN件をスキャップして…
最初のN件をスキップして…
2016.04.11
1刷 2-030
練習問題編030ページ 例3-6
2刷
'01-01-2001' 書式を使用した検索
'01-JAN-2001' 書式を使用した検索
2015.05.22
1刷 2-031
練習問題編31ページ 問題3の2行目、解説の3行目
2刷
PRODUCT_CODE よって、「WHERE PRODUCT_CODE LIKE 'S_123'」では、
PROD_CODE よって、「WHERE PROD_CODE LIKE 'S_123'」では、
2016.04.12
1刷 2-032
練習問題編32ページ 問題3の解説 下から2行目
2刷
「3-3-3 比較演算子」
「3-1-3 比較演算子」
2015.05.22
1刷 2-032
練習問題編32ページ 1行目、例3-8の2行目、問題4の2行目
2刷
PRODUCT_CODE
PROD_CODE

以下の4箇所も同様に訂正します。

P33の例3-9、3-10、3-11の2行目
P34の例3-12の2行目
2016.04.12
1刷 2-033
問題4の解説の1行目
2刷
本章の問題5で解説したように、
本章の問題3で解説したように、
2015.08.26
1刷 2-034
練習問題編34ページ 問題5の1行目
2刷
EMPLOYEESS表の構造を…
EMPLOYEES表の構造を…

以下の18箇所も、同様に訂正します。

P35の問題6、P36の問題7、P38の問題8、P40の問題10、P42の問題11、P45の問題12、P51の問題16、P52の問題18、P61の問題11と12、P66の問題15、P68の問題17、P74の問題21、P92の問題9、P93の問題10、P95の問題11、P100の問題17、P101の問題18
2014.10.07
1刷 2-041
13行目
2刷
つまり「歩合が設定されていない従業員は、リストの末尾に出力される」
つまり「歩合が設定されていない従業員は、リストの最初に出力される」
2015.08.19
1刷 2-049
練習問題編049ページ 例3-29
2刷
OFFSET 5 ROWS FHTCH NEXT 5 ROWS ONLY を実行します
OFFSET 5 ROWS FETCH NEXT 5 ROWS ONLY を実行します
2015.05.22
1刷 2-054
練習問題編54ページ 重要の12-13行目
2刷
NEXTDAY LASTDAY
NEXT_DAY LAST_DAY
2016.04.11
1刷 2-061
練習問題編61ページ 問題番号
2刷
問題11 … 問題12
問題10 … 問題11

以下、p.76の問題23まで、問題番号を1つずつ繰り上げます。
2015.04.15
1刷 2-063
練習問題編63ページ 書式の説明
2刷
(検索開始位置の説明) 省略可能。何文字目から検索を開始うるか。…
省略可能。何文字目から検索を開始るか。…
2015.04.15
1刷 2-067
練習問題編67ページ 問題16のSQL文、選択肢C、および解説の1行目
2刷
SQL>SELECT CONCAT(LPAD(UPPER(ename),10),REPLACE(hiredate,'-'),email) AS "Employees" FROM employees; C. CONCAT、LPAD、UPPERのように3つ以上ネストさせることはできないので、エラーが発生する 単一行関数のネストに制限はありません。CONCAT、LPAD、UPPERおよびREPLACEは単一行関数なので、
SQL>SELECT CONCAT(RPAD(UPPER(ename),10),REPLACE(hiredate,'-'),email) AS "Employees" FROM employees; C. CONCAT、RPAD、UPPERのように3つ以上ネストさせることはできないので、エラーが発生する 単一行関数のネストに制限はありません。CONCAT、RPAD、UPPERおよびREPLACEは単一行関数なので、
2015.01.29
1刷 2-072
練習問題編72ページ 7~8行目
2刷
問題26で解説したように、ROUND(234.56,-1)は、…四捨五入対象となりました。
ROUND(234.56,-1)は、…四捨五入対象となりま
2015.04.15
1刷 2-074
練習問題編74ページ 問題21の選択肢B
2刷
SELECT TRUNC(hire_date,-7) FROM employees;
SELECT TRUNC(hire_date-7) FROM employees;

「-7」の前の「,」を削除します。
2015.01.29
1刷 2-088
練習問題編88ページ 問題6の1行目
2刷
…という日付を「Eleventh of Decenber, Two …
…という日付を「Eleventh of December, Two …
2016.04.11
1刷 2-093
練習問題編93ページ 例5-21の1-2行目
2刷
SQL> SELECT last name, NVL(commissoin_PCT, '支給なし') FROM employees; SELECT last_name, NVL(commissoin_PCT, '支給なし') FROM employees
SQL> SELECT last name, NVL(commission_PCT, '支給なし') FROM employees; SELECT last_name, NVL(commission_PCT, '支給なし') FROM employees
2016.04.11
1刷 2-096
練習問題編96ページ問題12の選択肢Dの3行目
2刷
WHERE NVLIF(list_price, min_price) IS NOT NULL;
WHERE NULLIF(list_price, min_price) IS NOT NULL;
2015.05.25
1刷 2-097
練習問題編97ページ 問題14のSQL文
2刷
SELECT COALESE…
SELECT COALESCE…
2016.04.11
1刷 2-098
練習問題編98ページ 問題14の解説 3行目と6行目
2刷
指定する引数が3 つなのは、NULLIFです。COALEASEは… COALEASEは、複数の引数の中から…
指定する引数が3 つなのは、NVL2です。COALESCEは… COALESCEは、複数の引数の中から…
2015.05.22
1刷 2-098
練習問題編98ページ 問題15の解説 2行目
2刷
DOCODEが戻す値は…
DECODEが戻す値は…
2016.04.11
1刷 2-101
練習問題編101ページ 問題18 解説1行目
2刷
問題16 と同じ
問題17 と同じ
2015.05.22
1刷 2-108
練習問題編108ページ 問題2の正解
2刷
正解:B、C
正解:B、D
2015.05.11
1刷 2-121
練習問題編121ページ 解説の11行目
2刷
顧客の名前に該当するcus_last_name列が指定…
顧客の名前に該当するcust_last_name列が指定…
2016.04.11
1刷 2-129
練習問題編129ページ 解説 2行目と5行目
2刷
MAGAER_ID)しますが、外部キーは… USING向内の列を表名で…
MANAGER_ID)しますが、外部キーは… USING内の列を表名で…
2015.05.22
1刷 2-134
練習問題編134ページ 問題5のSQL文の1行目と6行目
2刷
SELECT DISTINCT p.prod_id, prod_name, prod_list_price, … WHERE prod_id =136;
SELECT DISTINCT p.product_id, product_name, list_price, … WHERE product_id =136;
2015.04.20
1刷 2-135
練習問題編135ページの例7-10の1行目と6~7行目
2刷
SQL> SELECT DISTINCT p.prod_id, prod_name, prod_list_price, … 6 WHERE prod_id =136; SELECT DISTINCT p.prod_id, prod_name, prod_list_price,
SQL> SELECT DISTINCT p.product_id, product_name, list_price, … 6 WHERE product_id =136; SELECT DISTINCT p.product_id, product_name, list_price,
2015.04.20
1刷 2-135
練習問題編135ページ [解説]の2~3行目
2刷
…結合列は表名で修飾するとエラーになります。
…結合列表名で修飾するとエラーになります。
2015.04.20
1刷 2-135
練習問題編135ページ 例7-10の次の行
2刷
…設問のSQLにおけるPROD_NAME列を
…設問のSQLにおけるPRODUCT_NAME列を
2015.04.20
1刷 2-135
練習問題編135ページ 例7-11の1行目と6行目
2刷
SQL> SELECT DISTINCT prod_id, p.prod_name, prod_list_price, … 6 WHERE prod_id =136;
SQL> SELECT DISTINCT product_id, p.product_name, list_price, … 6 WHERE product_id =136;
2015.04.20
1刷 2-136
練習問題編136ページ 1行目
2刷
PROD_ID  PROD_NAME    PROD_LIST_PRICE
PRODUCT_ID  PRODUCT_NAME    LIST_PRICE
2015.04.20
1刷 2-136
練習問題編136ページ 問題6のSQL文の1行目
2刷
s.prod_id
s.product_id
2015.04.20
1刷 2-137
練習問題編137ページ 問題7のSQL文の1行目
2刷
s.prod_id
s.product_id
2015.04.20
1刷 2-153
練習問題編153ページ 最終行
2刷
下記問題を追加します。
問題16 正しい説明はどれですか。2 つ選択しなさい。 □A. NATURAL JOIN は、列名に基づいて2 つの表を非等価結合する □B. JOIN USING は、列名に基づいて2 つの表を非等価結合する □C. JOIN ON は、ON 句の条件に基づいて等価結合する □D. JOIN ON は、ON 句の条件に基づいて非等価結合する 解説 等価結合とは、「=」比較演算子を使用した条件のように値が同じものどうしを結合 することをいいます。 非等価結合とは、「BETWEEN」のように「=」以外の比較演算子を使用した条件を満 たす行を結合することをいいます。 NATURAL JOINとJOIN USINGは、結合条件を指定しない方法なので、等価結合しかでき ません(選択肢A、Bは不正解)。 JOIN ONは、ON句に結合条件を記述することができるので、等価結合も非等価結合も 行うことができます(選択肢C、Dは正解)。 正解:C、D
2015.04.15
1刷 2-154
練習問題編154ページ 問題1の選択肢A
2刷
A. GROUO BY句と…
A. GROUP BY句と…
2016.04.12
1刷 2-170
練習問題編170ページ 問題15の各選択肢の1行目
2刷
A. SELECT last_name, grade FROM emp, salgrade    … B. SELECT last_name, grade FROM emp, salgrade    …    … C. SELECT last_name, grade FROM emp, salgrade    …    … D. SELECT last_name, grade FROM emp, salgrade    …    …
A. SELECT ename, grade FROM emp, salgrade    … B. SELECT ename, grade FROM emp, salgrade    …    … C. SELECT ename, grade FROM emp, salgrade    …    … D. SELECT ename, grade FROM emp, salgrade    …    …
2015.05.12
1刷 2-170
練習問題編170ページの問題15
2刷
問題文に次の一文を追加します。↓ なお、最も給与が高い従業員と同じ等級の従業員は存在しないものとします。
2015.11.05
1刷 2-171
練習問題編171ページの3行目
4刷
AND MAX(sal) BETWEEN losal AMD hisal;
AND MAX(sal) BETWEEN losal AND hisal;
2018.06.08
1刷 2-176
練習問題編176ページ 問題1 3-4行目
2刷
CUST_FIRST__NAMEおよびCUST_CITYという列を含むNEW_CUSTOMERSS表を作成しました。
CUST_FIRST_NAMEおよびCUST_CITYという列を含むNEW_CUSTOMERS表を作成しました。

「CUST_FIRST」と「NAME」の間に「_」が1つ余計に入っていました。
2016.04.12
1刷 2-177
練習問題編177ページ問題2
4刷
EMPLOYEES 表とDEPARTMENTS 表の構造を資料で確認してください。   EMPLOYEES 表に行を挿入するため、次のSQL 文を実行しました。   INSERT INTO employees (employee_id, last_name, hire_date, department_id) VALUES (9000, 'Aga', SYSDATE, (SELECT department_id                       FROM departments                       WHERE department_name ='Sales'));
DEPARTMENTS表と、LOCATIONS表の構造を資料で確認してください。 DEPARTMENTS表に行を挿入するため、次のSQLを実行しました。 insert into departments       (department_id, department_name, location_id) values(300, 'Cloud', (SELECT location_id              FROM locations              WHERE city='Seattle'));
2018.06.08
1刷 2-180
練習問題編180ページ 1行目
2刷
B. 201年4月1日に入社した人の給与と歩合が更新される
B. 201年4月1日に入社した人の給与が更新され、名前の1文字目が大文字に変換される
2015.05.08
1刷 2-182
練習問題編182ページ 「D」の4行目
2刷
e.commission_pct = (SELECT MAX(commission_PCTission_pct)
e.commission_pct = (SELECT MAX(commission_pct)
2016.04.12
1刷 2-183
練習問題編183ページ 問題7の(2)の2行目
2刷
WHERE promo_id = (SELECT promo_id FROM promotions
WHERE promo_id in (SELECT promo_id FROM promotions
2015.01.29
1刷 2-184
練習問題編184ページ 問題8 SQL文2行目
2刷
WHERE deptno = 80;
WHERE department_id = 80;
2015.05.22
1刷 2-187
練習問題編187ページ 問題12のSQL文の10行目
2刷
COMMIT;
この1行を削除します
2015.01.29
1刷 2-194
練習問題編194ページ 2行目および例10-7の1行目
2刷
DEFAUL宣言を同時に行うことで、… SQL> ALTER TABLE product_details MODIFY prod_image LONG NOT NULL;
DEFAULT宣言を同時に行うことで、… SQL> ALTER TABLE product_details MODIFY prod_image LONG DEFAULT 'sample' NOT NULL;
2016.04.12
1刷 2-197
練習問題編197ページ 例10-12
2刷
SQL> SELECT INTERVAL '5' MONTH FROM dual; INTERVAL'5'MONTH ------------------------------------------- +00-05 SQL> SELECT INTERVAL '5' MONTH FROM dual; INTERVAL'5'MONTH ----------------------------------------- +00-05
SQL> SELECT INTERVAL '5' MONTH FROM dual; INTERVAL'5'MONTH ------------------------------------------- +00-05 SQL> SELECT INTERVAL '0-05' YEAR TO MONTH FROM dual; INTERVAL'0-05' YEAR TO MONTH ----------------------------------------- +00-05
2015.05.22
1刷 2-199
練習問題編199ページ 問題9 解説1行目
2刷
DATE は日付と時刻を格納しましが、
DATE は日付と時刻を格納しまが、
2015.05.22
1刷 2-205
練習問題編205ページ 7行目および解説の3行目
2刷
DEPARTMENTS表の作成に関して… 新しい表にPRIMAY KEY制約がコピーされないので…
DEPT表の作成に関して… 新しい表にPRIMARY KEY制約がコピーされないので…
2015.05.22
1刷 2-206
練習問題編206ページ 下から2行目
2刷
DEPARTMENTS表の
DEPT表の
2015.05.22
1刷 2-208
練習問題編208-209ページ 問題17
2刷
選択肢Aの2行目 ORDER_ID NUMBER CONSTRAINT ORD_FK RFERENCES ORDERS(ORDER_ID) , 選択肢Bの6、8行目 CONSTRAINT ORD_FK FOREIGN KEY(ORDER_ID) RFERENCES ORDERS CONSTRAINT ORD_PRODUCT_FK RFERENCES PRODUCTS(PRODUCT_ID) , 選択肢Cの6、8行目 CONSTRAINT ORD_FK FOREIGN KEY(ORDER_ID) RFERENCES ORDERS CONSTRAINT ORD_PRODUCT_FK RFERENCES PRODUCTS(PRODUCT_ID) , 選択肢Dの6、8行目 CONSTRAINT ORD_FK FOREIGN KEY(ORDER_ID) RFERENCES ORDERS CONSTRAINT ORD_PRODUCT_FK RFERENCES PRODUCTS(PROD_ID) ON
選択肢Aの2行目 ORDER_ID NUMBER CONSTRAINT ORD_FK REFERENCES ORDERS(ORDER_ID) , 選択肢Bの6、8行目 CONSTRAINT ORD_FK FOREIGN KEY(ORDER_ID) REFERENCES ORDERS CONSTRAINT ORD_PRODUCT_FK REFERENCES PRODUCTS(PRODUCT_ID) , 選択肢Cの6、8行目 CONSTRAINT ORD_FK FOREIGN KEY(ORDER_ID) REFERENCES ORDERS CONSTRAINT ORD_PRODUCT_FK REFERENCES PRODUCTS(PRODUCT_ID) , 選択肢Dの6、8行目 CONSTRAINT ORD_FK FOREIGN KEY(ORDER_ID) REFERENCES ORDERS CONSTRAINT ORD_PRODUCT_FK REFERENCES PRODUCTS(PROD_ID) ON
2016.04.12
1刷 2-211
練習問題編211ページ 問題19の選択肢A~D、例10-20の中の列名(5か所)
2刷
prod_description
product_description
2015.12.15
1刷 2-211
練習問題編211ページ 問題19の設問文中の列名
2刷
PROD_DESC列
PRODUCT_DESCRIPTION列
2015.04.20
1刷 2-213
練習問題編213ページ 問題22の問題文、選択肢D、解説の1行目
2刷
問題文 表を作成するコマンドが実行に失敗します。どのような原因が考えられますか。 選択肢D CUT_NO は外部キーでもあるので、 解説の1行目 本問は順序に対する理解を問う問題です。しかし、1つを選ぶ問題だったこともあり、ここまで本章の問題に挑戦してきた方には…
問題文 表を作成するコマンドが実行に失敗します。このSQL文について、正しい説明はどれですか。 選択肢D CUST_NO は外部キーでもあるので、 解説の1行目 本問は順序に対する理解を問う問題です。ここまで本章の問題に挑戦してきた方には…
2015.01.29
1刷 2-217
解説編217ページ 左列の7行目
2刷
INTERVL YEAR to MONTH
INTERVAL YEAR to MONTH
2016.04.12