Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール 電子書籍(山田 案稜 山田 案稜 TNB編集部 TNB編集部 Nir Eyal Ryan Hoover 金山 裕樹 金山 裕樹 高橋 雄介 高橋 雄介)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール

Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール

翻訳
原著
翻訳
原著


翻訳
原著
翻訳
原著

形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798138459
価格:
本体1,600円+税

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに登場! スタートアップのバイブル

「実践の現場でもすぐに役立ちます」(リブセンスCTO平山宗介)

Facebook、Twitter、Instagram、Pinterestになぜユーザーは「ハマる」のか?
なぜこのサービスは注目を集めたのに、あのサービスは失敗したのか?
熱心なファンがつくサービスとそうでないものにある差は何か?

デジタルでもアナログでも、すべての企画者・開発者にとっての死活問題であるこの問いに、行動心理学とデザインに裏打ちされた「フック・モデル」という明快なフレームワークと、豊富なケーススタディーで答えるのが本書です。

◎フック・モデルの4ステップ
  • トリガー(きっかけ)
    人々に行動を取らすための引き金。外的トリガーと内的トリガーの2つがあり、すべてのフックの始まりとなるフェーズ。
  • アクション(行動)
    アクションのしやすさと、それを行うための心理的動機の2つを用いて、特定のアクションが発生する可能性を高めるフェーズ。
  • リワード(報酬)
    ユーザーを惹きつけるために欲望を生み出させるフェーズ。報酬にはトライブ(集団)、ハント(狩猟)、セルフ(自己)の3つがある。
  • インベストメント(投資)
    ユーザーにわずかな仕事をさせて改善を行わせることで、新たなフック・サイクルを作り出す確率を高めるフェーズ。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2018年03月30日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 018
下から4行目
2刷
スタンフォード大学ハッソ・プッラトナー・デザイン研究所
スタンフォード大学ハッソ・プラットナー・デザイン研究所
2018.03.30
1刷 140
「リメンバー・アンド・シェア」の第2~第4項目
2刷
トライブ(集団)は、社会的な報酬であり、他者とつながることで得られる ◎ ハント(狩獲)は、物理的な報酬や情報である ◎ セルフ(狩猟)は、本質的な報酬だ。専門的な技能や能力の習得、完成への意欲などがこれにあたる
トライブ(集団)の報酬は、社会的な報酬であり、他者とつながることで得られる ◎ ハント(狩猟)の報酬は、物理的な報酬や情報である ◎ セルフ(自己)の報酬は、本質的な報酬だ。専門的な技能や能力の習得、完成への意欲などがこれにあたる
2018.03.30
1刷 203
「習慣テスト」の1行目
2刷
前章の「DO THIS NOW」を
前章までの「DO THIS NOW」を
2017.05.10