アルゴリズムの絵本 プログラミングが好きになる9つの扉 電子書籍(株式会社アンク)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. アルゴリズムの絵本 プログラミングが好きになる9つの扉

アルゴリズムの絵本 プログラミングが好きになる9つの扉


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798140216
価格:
本体1,680円+税

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さあ、いよいよ”アルゴリズム”です。C言語ベースでみるみるわかる入門書
大ヒットシリーズ!待望の第3弾!

【本書の特徴】

アルゴリズムは、難解なトピックもあるため、文章だけではなかなかイメージがつかめず、理解しづらいものですね。
本書は、イラストで解説しているので、直感的にイメージをとらえることができ、理解も進みます。
さあ、アルゴリズムの扉を開き、プログラマへの道を進んでいきましょう。

プログラミングをはじめる前に

アルゴリズムとは何か
プログラムができるまで
フローチャート
C言語について
プログラム記述時の約束

第1章 C言語の基礎

第1章はここがKey!
Hello World!
変数と定数
数値列
配列
ポインタ変数
文字と文字列
計算の演算子
その他の演算子
ファイルの読み書き
キーボード入力
メモリの確保
構造体
コラム~変数名のつけ方~

第2章 基本的な制御

第2章はここがKey!
制御の種類と構造化
if文
for文とwhile文
その他の制御文
コラム~構造化以前のプログラム~

第3章 制御の活用

第3章はここがKey!
1から5までの和
配列から値を見つける(1)
配列から値を見つける(2)
平均をとる
棒グラフを描く
2つの文字列の連結
逆さに読むと
ファイルの内容を表示する
表?裏?コイン投げゲーム
コラム~スタックとキュー~

第4章 関数の利用

第4章はここがKey!
関数とは?
関数の定義と利用
main()関数
関数の特徴
関数の活用
再帰処理
コラム~関数のポインタ~

第5章 問題への取り組み方

第5章はここがKey!
問題を整理する
プログラムの設計
プログラムの記述(1)
プログラムの記述(2)
プログラムを整理する
テストとデバッグ
完成プログラム
コラム~ボトムアップ的・トップダウン的な考え方~

第6章 実践的プログラミング

第6章はここがKey!
仕様を分析する
データ形式を決める(1)
データ形式を決める(2)
基本設計の決定
メイン部分を作る
機能を作る(1)
機能を作る(2)
完成プログラム
コラム~時間がかかる処理~

第7章 高度なアルゴリズム

第7章はここがKey!
素数を求める
素因数分解
最大公約数を求める
リンクリスト(1)
リンクリスト(2)
サンプルプログラム
コラム~アルゴリズムの工夫~

第8章 ソートとサーチ

第8章はここがKey!
単純な並べ替え
バブルソート
挿入ソート
シェルソート
クイックソート
二分探索
サンプルプログラム
コラム~qsort()とbsearch()~

付録

プログラミングでつまったら
プログラミングの心得
Borland C++ Compiler 5.5のインストール

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2005年05月09日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 006
下から2行目
2刷
変数の宣言
値の代入
2003.08.27
1刷 019
「条件付き代入」見出し箇所の枠内
2刷
x = (条件) ? a : b
x = (条件) ? a : b ;
2003.08.27
2刷 007
見出し「定数と変数の表示」以下「変数を書式指定して表示」欄
3刷
a = 3;
       書式  定数
printf("%d", a);
a = 3;
       書式  変数
printf("%d", a);
2004.11.15
2刷 034
タイトル下
3刷
ifは英語で「もし~だったら」のことです。
制御文のifは、英単語の「if(もし~だったら)」と同じ意味です。
2005.05.09
2刷 xv
「このような書き方もできます。」と書かれている囲みのフローチャート図
3刷
YES、NOの分岐のほかに、ひし形の真下から分岐が伸びている
YES、NOの分岐のみにする(ひし形の真下から伸びている分岐を削除)
2005.01.20
2刷 xviii
本文上から9行目、10行目
3刷
9行目 CUI(キャラクターユーザーインタフェス) 10行目 GUI(グラフィックユーザーインタフェス)
9行目 CUI(キャラクターユーザーインタフェス) 10行目 GUI(グラフィカルユーザーインタフェス)
2005.05.09