文系でもわかる電気数学 “高校+αの知識”ですいすい読める(山下明)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 文系でもわかる電気数学 “高校+αの知識”ですいすい読める

文系でもわかる電気数学 “高校+αの知識”ですいすい読める


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798142180
価格:
本体2,400円+税
仕様:
A5・328ページ
分類:
数学・統計

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現役工業高校教師が教える、いっちばんやさしい電気数学の入門書!

本書は、電気回路をはじめとする電気工学を学ぶために必要な「数学」をまとめたものです。
電気を学ぶための言語ともいえる数学の取扱説明書のように書いてあるので、はじめて電気を学ぶ方や、本格的に電気数学を勉強する前段階の方を対象としています。
中学校で学ぶ知識があれば、無理なく読み進められるように工夫しています。
最後のほうは高いレベル(高校+α)の内容まで扱いますが、必要に応じて補足も加えていますので、文系出身の方でも安心してお読みいただけます。
「工学系に進んだけれど、苦手な数学は勉強してこなかった」という「なんちゃって理系」な方にもお勧め。
短期間で一気に基礎知識と応用力を身に付けることができるので、電気工事士や電験などの、電気系の試験合格を目指す方の入門書としても最適です。

【本書の特徴】
1)難しい理論や定理も「一言で分かりやすく」解説しています。
2)実際の授業でも使われている図を豊富に掲載しています。
3)約180もの練習問題を掲載しているので、問題集としても利用できます。
4)書籍の中で紹介しきれなかった証明などは、翔泳社のサイトからダウンロードできます。

【対象読者】
・電気回路をはじめとする電気工学をはじめて学ぶ方
・本格的に電気数学を勉強する前段階の方
・電気工事士や電験などの、電気系の資格試験合格を目指す方
・「工学系に進んだけれど、苦手な数学はあまり勉強してこなかった」という方

【目次】
第1章 数字の扱い方
第2章 数と文字の取扱説明書
第3章 一次方程式
第4章 連立方程式と行列
第5章 関数
第6章 複素数
第7章 微分・積分
第8章 微分方程式・ラプラス変換
第9章 フーリエ級数・フーリエ変換
巻末 問題の解答・解説


第1章 数字の扱い方
第2章 数と文字の取扱説明書
第3章 一次方程式
第4章 連立方程式と行列
第5章 関数
第6章 複素数
第7章 微分・積分
第8章 微分方程式・ラプラス変換
第9章 フーリエ級数・フーリエ変換
巻末 問題の解答・解説

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2018年07月31日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 021
4~8行目
2刷
 たとえば、10 kg の金塊を5 m 運ぶときのエネルギーは、     10 kg × 5 m = 50 kg · m = 50 J となります。この「·」というドット記号は、単位の中にあると掛け算を意味します。また、kg · m = J として、新たにエネルギーの単位J(ジュール)が用意されています。
たとえば、10 Wの電球を5秒間点灯するときのエネルギーは、    10 W × 5 s = 50 W・s = 50 J となります。この「・」というドット記号は、単位の中にあると掛け算を意味します。また、W・s = J として、新たにエネルギーの単位 J (ジュール) が用意されています。

別の例に差し替えます
2018.05.16
1刷 045
③数字(係数)は前、文字はうしろの表
2刷
2018.05.29
1刷 117
下から4行目
2刷
2018.05.16
1刷 139
本文下から3行目の行末
θ = π(90 °)
θ = π/2(90 °)
2018.07.31
1刷 209
ページ最下部
2刷
 ln x は log e x の省略形で、自然対数(しぜんたいすう)といいます。

最終行に追加。
2018.05.29
1刷 274
3行目
2刷
2017.11.01
1刷 278
下から9行目
2刷
※右辺のbωについての説明を追記します
bωはフーリエ係数のbkkをωに置き換えたもの)
2018.05.10
1刷 278
5~7行目
2刷
2017.11.01
1刷 290
4行目
2刷
2018.03.05
1刷 316
下から10行目
2刷
 y(0) = 1・(C 1 cos 0 + C 2 sin 0)= C 1 = 2 よりC 1 = 2 が決まり、
 2 = y(0) = 1・(C 1 cos 0 + C 2 sin 0)= C 1 より、C 1 = 2 これよりC 1 = 2 が決まり、

より適切な式に変更します。
2018.05.10