Oracleデータベースセキュリティ セキュアなデータベース構築・運用の原則(スコット・ゲージェン デイビッド・ノックス ウィリアム・マルーリス 森谷 真樹 小野 真樹子 大竹 ブライアン 小西 亮輔 福島 寛貴 鳥山 康太郎 天川 卓也 重川 隼飛 藤波 しのぶ 土門 大貴 河崎 耕一郎 雲崎 翔太郎 松本 功 小田 圭二)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. Oracleデータベースセキュリティ セキュアなデータベース構築・運用の原則

Oracleデータベースセキュリティ セキュアなデータベース構築・運用の原則




翻訳
翻訳
翻訳
翻訳
翻訳
翻訳
翻訳
翻訳
翻訳
翻訳
翻訳
翻訳
翻訳
監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798142401
定価:
5,720(本体5,200円+税10%)
仕様:
B5変・608ページ
カテゴリ:
データベース
キーワード:
#データ・データベース,#ネットワーク・サーバ・セキュリティ,#システム運用,#開発環境
紙の書籍

データベースセキュリティ対策の
原則とベストプラクティスがここにある!

米Oracleのセキュリティ専門家が執筆した、RDBMSセキュリティの解説書『Oracle Database 12c Security』の日本語版です。本書では、Oracleデータベースを中心とした、RDBMSの包括的なセキュリティ対策について詳しく解説しています。

Oracleデータベースのセキュリティ機能をはじめ、
・ユーザセキュリティの要点
・コネクションプールとLDAPディレクトリを利用したデータベースユーザ管理
・中央集約した権限管理
・任意アクセス制御や行レベルセキュリティ
・データリダクションを使った機密データ管理
・Database Vaultを使ったDBの職務分掌
・データ/通信の暗号化、監査の方法
など、業務システムのRDBMSを構築・運用する際に不可欠なセキュリティの知識とテクニックを学習できます。

監修は小田圭二氏、翻訳は経験豊富なOracleデータベースコンサルタントが担当。Oracle DBエンジニアだけでなく、RDBMSのデータベースセキュリティについて学びたいDBエンジニア/プログラマなど、業務システムのデータベース開発に携わるエンジニアにおすすめの一冊です。

第1部 必須のデータベースセキュリティ
 第1章 セキュリティ、今日の世界のために
 第2章 ユーザセキュリティの要点
 第3章 接続プールとLDAPディレクトリを利用したデータベースユーザ管理
 第4章 セキュアなデータベースの基礎要素
 第5章 データベースアプリケーションセキュリティの基礎要素
 第6章 Oracle Real Application Security

第2部 高度なデータベースセキュリティ
 第7章 Virtual Private Database による制御されたデータアクセス
 第8章 データリダクション使った機密データ管理
 第9章 Oracle Label Securityによるアクセス管理
 第10章 Oracle Database Vault――コンプライアンス、サイバーセキュリティ、内部脅威への対応
 第11章 Oracle Transparent Data Encryption――コンプライアンス、サイバーセキュリティ、内部脅威への対応

第3部 クラウド上でのセキュリティと監査
 第12章 説明責任のための監査
 第13章 マルチテナントのセキュリティマネジメント

付属データはこちら

お問い合わせ

内容についてのお問い合わせは、正誤表、追加情報をご確認後に、お送りいただくようお願いいたします。

正誤表、追加情報に掲載されていない書籍内容へのお問い合わせや
その他書籍に関するお問い合わせは、書籍のお問い合わせフォームからお送りください。

利用許諾に関するお問い合わせ

本書の書影(表紙画像)をご利用になりたい場合は書影許諾申請フォームから申請をお願いいたします。
書影(表紙画像)以外のご利用については、こちらからお問い合わせください。

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2015年11月25日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 082
図3-5
以下の図に差し替えます。
2015.11.25