Unity5ゲーム開発レシピ ハマるゲーム制作のノウハウ(BATA まつだす)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. Unity5ゲーム開発レシピ ハマるゲーム制作のノウハウ

Unity5ゲーム開発レシピ ハマるゲーム制作のノウハウ



形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798143033
価格:
本体2,800円+税
仕様:
A5・504ページ
分類:
プログラミング・開発

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Unity5によるゲーム制作のTIPSが満載!

本書はゲーム制作者に向けて、Unity5によるゲーム制作のコツをまとめたTIPS集です。単なるTIPS集ではなく、ユーザーがハマるゲーム作り必要なコツをカテゴリごとに分けて、現場の開発者向けに使いやすくまとめています。

「基本機能だけでも十分にできる面白いゲーム作り」「ユーザーインターフェース作りにポイント」「キャラクターの操作のコツ」「サウンドの効果的な使い方」「ユーザーを引き込む要素」などゲーム作りで重要なポイントをTIPS形式で解説します。ゲーム開発者、必須の1冊です。


PART 01 基本編
CHAPTER 01 マップを作る
CHAPTER 02 プレイヤーを動かす
CHAPTER 03 弾を撃つ
CHAPTER 04 敵キャラクターを登場させる
CHAPTER 05 敵をロックオンする
CHAPTER 06 ユーザーインターフェースを作成する
CHAPTER 07 ブーストを作る
CHAPTER 08 サウンドをつける
CHAPTER 09 レベルデザインをする
CHAPTER 10 シーンを遷移させる
CHAPTER 11 演出を強化する
CHAPTER 12 覚えておくと便利な基本機能

PART 02 応用編
CHAPTER 01 キャラクターを制御する
CHAPTER 02 フィールドとカメラを工夫して利用する
CHAPTER 03 基本的な動作や設定を制御する
CHAPTER 04 ユーザーインターフェースを工夫する
CHAPTER 05 ゲームの演出を工夫する

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

  • サンプルファイルについて

    本書のサンプルファイルの中にはサイズが大きなものもあります。
    特に「PART01_CHAPTER06.zip」は3.77GBとなるため、ダウンロードや解凍に時間がかかります。
    お使いのパソコンに標準搭載されている解凍機能で正常に解凍できない場合は、ダウンロードに失敗している可能性があるため、別のブラウザでのダウンロードをお試しください。
    また、パソコンの空き容量に十分な余裕があるかどうかも併せて確認してください。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2017年03月07日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 000
「追加情報」があります
本書刊行後の補足事項等は、「追加情報」のページに掲載しています。そちらも併せてご覧ください。
2017.03.07
1刷 020
図11、図12キャプション
図11 OpenCV for Unity 図12 Layer Manager Yae
図11 SphericalImageCam 図12 UniRx - Reactive Extensions for Unity
2016.03.18
1刷 027
図3の手順番号
図3の手順番号で④と⑤が逆
2016.04.28
1刷 091
本文上から4行目、リスト1のキャプション
Particle Auto Destroy.cs
ParticleAutoDestroy.cs
2016.03.18
1刷 201
本文上から1行目
[Hierarchy]ビューでazaleaを選択して
[Hierarchy]ビューでApGaugeを選択して
2016.04.28
1刷 207
リスト1 下から3行目
if (target != null{
if (target != null){

「null」のあとの「)」が抜けていました。
2016.07.25
1刷 210
リスト1 1行目
if (target != null{
if (target != null){

「null」のあとの「)」が抜けていました。
2016.07.25
1刷 286
本文1行目から2行目、図6の囲み
[UI]②→[Image]を選択して③ ※図6の囲みがImageになっている
[UI]②→[Text]を選択して③ ※図6の囲みをTextに変更
2016.09.13
1刷 289
本文1行目
[UI]→[Image]を選択して、
[UI]→[Text]を選択して、
2016.09.13
1刷 299
本文1行目から2行目
[UI]②→[Text]を選択して③、「MessageStart」というテキストオブジェクトを作成します④。
[UI]②→[Image]を選択して③、「MessageStart」というイメージオブジェクトを作成します④。
2016.09.13