[ワイド版]情報処理教科書 基本情報技術者試験のアルゴリズム問題がちゃんと解ける本 オンデマンド印刷|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. オンデマンド印刷 >
  3. [ワイド版]情報処理教科書 基本情報技術者試験のアルゴリズム問題がちゃんと解ける本

[ワイド版]情報処理教科書 基本情報技術者試験のアルゴリズム問題がちゃんと解ける本


形式:
オンデマンド印刷
ISBN:
9784798144764
価格:
本体3,000円+税
仕様:
A5変形・296ページ

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基本情報・午後試験のアルゴリズム問題はこれで正解!

基本情報の午後試験をクリアする一番の近道は、解答必須の「問8 データ構造とアルゴリズム」に正解することです!本書では、苦手意識をもつ受験生のために3つの仕掛けを作り、正解するための実践力が効率よく身に付くよう、構成しています。

[特徴1]曲者の疑似言語を詳しく紹介!
他で目にすることはあまりない「疑似言語」が、スラスラ読めるようになる。
[特徴2]疑似言語×アルゴリズムを見える化!
“疑似言語の動きがパッとわかる”読者特典資料を、Webからダウンロード提供。
[特徴3]解法のポイントをズバリ解説!
過去問題を題材に解法のポイントをつかみ、試験に合格できる実践力が身に付く。

●大きくて見やすいワイド版!
本書は同名タイトルの底本を110%拡大したワイド版です。

※本書は同名出版物を底本として作成したオンデマンド印刷版です。記載内容は底本出版当時のものです。
※印刷出版再現のためオンデマンド印刷版としては不要な情報を含んでいる場合があります。

CHAPTER 1 擬似言語とは何か

01 情報処理技術者試験に擬似言語が採用された経緯
02 フローチャートと擬似言語の対応
03 繰り返しの継続条件と終了条件
04 フローチャートと擬似言語の違い
05 擬似言語が使われる場面

CHAPTER 2 擬似言語の仕様

01 変数の宣言とデータ型
02 関数の宣言と呼出し
03 演算子
04 処理の流れ
05 コメント

CHAPTER 3 擬似言語を読む練習

擬似言語を読む練習の手順
01 ユークリッドの互除法
02 うるう年の判定
03 配列の最大値
04 線形探索
05 二分探索
06 バブルソート
07 数字列を数値に変換する
08 2進数乗算
09 再帰呼出し

CHAPTER 4 擬似言語を読む練習の仕上げ

擬似言語を読む練習の仕上げで取り上げる過去問題
01 整列アルゴリズム(挿入法)
02 スタックを使って実数値を10進数字列に変換する
03 リストの逐次探索処理

CHAPTER 5 アルゴリズム問題の解き方のコツ

解き方のコツをつかむために取り上げる過去問題
すべての問題に共通した解法のコツ
01 「図形の塗替え」で掴む解き方のコツ
02 「数値計算と計算誤差」で掴む解き方のコツ
03 「マージソート」で掴む解き方のコツ
04 「符号付き2進整数の乗算」で掴む解き方のコツ

CHAPTER 6 アルゴリズム問題

演習のために取り上げる過去問題
01 平成23年度・春期基本情報技術者 午後・問8「組合せ」
02 平成23年度・秋期基本情報技術者 午後・問8「代入文の処理」
03 平成24年度・秋期基本情報技術者 午後・問8「ビットの検査」
04 平成24年度・秋期基本情報技術者 午後・問8「駅間の最短距離を求めるプログラム」
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。