[ワイド版]情報処理教科書 出るとこだけ!基本情報技術者 2016年版 オンデマンド印刷|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. オンデマンド印刷 >
  3. [ワイド版]情報処理教科書 出るとこだけ!基本情報技術者 2016年版

[ワイド版]情報処理教科書 出るとこだけ!基本情報技術者 2016年版


形式:
オンデマンド印刷
ISBN:
9784798144931
価格:
本体3,100円+税
仕様:
A5変形・464ページ

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本書は、基本情報技術者試験の出題分野の中から、初学者がつまずきやすい分野「テクノロジに関する基礎概念」を集中的にていねいに解説する。
基本情報技術者試験を初めて受験する方、他の学習書を難しいと感じた方にも、ぜひ読んでほしい試験対策書。コンパクトながら真の実力がつく構成で、午前と午後、2つの不合格の壁を越える基礎体力を養うことができる。ベストセラー書籍『なぜコンピュータはなぜ動くのか』の著者:矢沢久雄氏による最新刊。

【本書の特長】
(1)合格に必要な基礎がしっかり身につく
(2)難関のアルゴリズムも分かりやすく解説
(3)試験によく出る問題と用語を集中的に攻略

【大きくて見やすいワイド版】
本書は底本を110%拡大したワイド版です。

※本書は同名出版物を底本として作成したオンデマンド印刷版です。記載内容は底本出版当時のものです。
※印刷出版再現のためオンデマンド印刷版としては不要な情報を含んでいる場合があります。

第1章 受験ガイダンス
1.0 なぜ基本情報技術者試験を受けるのか?
1.1 どうすれば合格できるのか?
1.2 本書終了後の学習スケジュール
1.3 試験問題と解説の入手方法
1.4 効果的な学習方法
1.5 情報処理技術者試験における基本情報技術者試験の位置づけ
1.6 基本情報技術者試験の構成、配点と合格点
1.7 試験センターから入手できる情報
1.8 問題解法テクニック

第2章 2進数
2.0 なぜ2進数を学ぶのか?
2.1 10進数と2進数の変換
2.2 2進数と16進数の変換
2.3 2の補数表現
2.4 論理シフトと算術シフト

第3章 論理演算
3.0 なぜ論理演算を学ぶのか?
3.1 論理演算の種類と意味
3.2 論理演算とベン図の関係
3.3 論理演算とMIL記号
3.4 論理演算によるビット演算
3.5 論理演算による加算回路

第4章 データベース
4.0 なぜデータベースを学ぶのか?
4.1 E-R図
4.2 関係データベースの正規化
4.3 SQL
4.4 トランザクション処理

第5章 ネットワーク
5.0 なぜネットワークを学ぶのか?
5.1 LANとインターネット
5.2 OSI基本参照モデル
5.3 IPアドレス、MACアドレス、ポート番号
5.4 ネットワーク図の読み方

第6章 セキュリティ
6.0 なぜセキュリティを学ぶのか?
6.1 脅威と対策
6.2 暗号化
6.3 デジタル署名
6.4 ファイアウォール

第7章 アルゴリズムとデータ構造
7.0 なぜアルゴリズムとデータ構造を学ぶのか?
7.1 アルゴリズムの考え方
7.2 2変数と関数
7.3 フローチャートの読み方
7.4 疑似言語の読み方
7.5 配列を使ったアルゴリズム
7.6 ソートのアルゴリズム
7.7 サーチのアルゴリズム
7.8 配列を応用したデータ構造

第8章 計算問題の解き方(その1)
8.0 なぜ計算問題が出題されるのか?
8.1 MIPSの計算
8.2 キャッシュメモリの実行アクセス時間の計算
8.3 磁気ディスクのアクセス時間の計算
8.4 磁気ディスクの容量の計算
8.5 ネットワークの伝送時間の計算
8.6 稼働率の計算

第9章 計算問題の解き方(その2)
9.0 なぜ計算問題が出題されるのか(マネジメント/ストラテジ)
9.1 アローダイアグラムによる日程の計算(マネジメント系)
9.2 工数の計算(マネジメント系)
9.3 線形計画法(ストラテジ系)
9.4 損益分岐点の計算(ストラテジ系)

第10章 試験によく出る問題&用語Top100
10.1 試験によく出る問題Top50と解説
10.2 試験によく出る用語Top50と解説
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。