[ワイド版]お客様が集まる!士業のための文章術 オンデマンド印刷|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. オンデマンド印刷 >
  3. [ワイド版]お客様が集まる!士業のための文章術

[ワイド版]お客様が集まる!士業のための文章術

編著

形式:
オンデマンド印刷
ISBN:
9784798145464
価格:
本体2,700円+税
仕様:
A5変形・272ページ

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文章力は士業にも必須のスキル!

本書では、お客様への報告書、メール文、事務所HP上の文章、役所に提出する文書など、実際に士業が作成する文例を挙げ、具体的に読み手に伝わる文章の書き方を解説します。

【士業の文章は悪文!?】
士業の先生が書く文章は、一般的にあまり良い評価を聞きません。士業の先生の書く文章が悪文とされる大きな理由は、1難解な用語、言い回しが散りばめられている、2文章の一文が長い、という点にあります。

【なぜ、士業の文章は理解しづらいのか?】
法律の専門家ではないお客様などに文章で伝える際には、専門用語や一般的になじみのない用語などは極力排し、平易な文章を心掛ける必要があります。しかし、多くの人はこれができず、たとえば「貴殿」「当職」「及び」「並びに」などといった表現を当たり前のように使用しています。そのため、多くのお客様はその内容に違和感を覚えています。

【わかりやすい文章を書くことのメリット】
わかりやすい文章を書くことで、
1.「お客様が苦労せずに理解できる文章」を書くことができるようになり、サービスの質が向上する、
2.「役所の人が苦労せずに理解できる文章」を書くことができるようになり、お客様の信頼度と仕事の成果が上がる、
3.メールを使ったやりとりの成果と効率がUPする、
4.お客様が問い合わせたくなるようなウェブ文章が書けるようになる、
5.ソーシャルメディアを活用し、お客様や士業仲間と良好なコミュニケーションがとれるようになる、
6.士業として恥ずかしくない文章が書けるようになる、
といったメリットがあります。

【大きくて見やすいワイド版】
本書は底本を110%拡大したワイド版です。

※本書は同名出版物を底本として作成したオンデマンド印刷版です。記載内容は底本出版当時のものです。
※印刷出版再現のためオンデマンド印刷版としては不要な情報を含んでいる場合があります。

第1章 デキる士業の文章術
第2章 お客様が理解できる文章の書き方
第3章 わかりやすいメールで効率&好感度UP
第4章 問い合わせがアップするウェブ文章の書き方
第5章 士業なら知っておきたい文章のルール
付 録 士業として使わないほうがよい言葉の言い換え集
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。