1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. Java 第2版 実践編 アプリケーション作りの基本

Java 第2版 実践編 アプリケーション作りの基本


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798151830
価格:
本体1,880円+税
仕様:
B5変・312ページ
分類:
プログラミング(その他)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラミング学習シリーズJavaが待望の改訂!
本格的なアプリケーション作りに必要な知識を学ぼう!

本書は、現在もっとも幅広く使われているプログラミング言語の1つ
「Java」の実践的な入門書です(本書をお読みいただくにあたって、
基礎的なJava言語仕様が前提知識となります。基礎的なJava言語仕様
については、本書シリーズ『Java 第2版 入門編』で解説しています)。

これまで多くの学生にJavaの授業をしてきた筆者が、その経験を活かし、
例外処理やコレクション、ファイルの読み書きといった、本格的な
Javaプログラムを記述する際に知っておくべき基本を丁寧にわかりやすく
手ほどきします。これらを身につけることでできることの幅が広がり、
Javaプログラミングがぐっと楽しくなることでしょう。

また、パッケージやスレッド、GUI、ネットワークなど、本格的なアプリケーションを
作るために知っておきたい技術や、ガーベッジコレクションといった
プログラマとして押さえておきたい知識にも触れます。

・Javaプログラミングの実践的な知識を学びたい
・アプリケーション作成に必須の基礎を学びたい
・現場で通用する基礎を身につけたい
という方におすすめの1冊です。


第1章 パッケージとJava API
 パッケージの利用
 API 仕様書
 基本的なクラス
 パッケージの作成
 クラスのアクセス制御

第2章 例外処理
 例外の発生と例外処理
 例外オブジェクト
 例外を作成して投げる

第3章 スレッド
 スレッドの基本
 スレッドの制御
 マルチスレッドの適切な使い方

第4章 ガーベッジコレクションとメモリ
 スタックとヒープ
 ガーベッジコレクションと空きメモリ

第5章 コレクション
 ArrayListクラス
 コレクションフレームワーク
 コレクションの活用

第6章 ラムダ式
 内部クラス
 ラムダ式
 コレクションフレームワークとラムダ式

第7章 入出力
 ファイル入出力
 シリアライゼーションとオブジェクトの保存
 ファイルとフォルダの操作

第8章 JavaFXによるGUIアプリケーション
 アプリケーションの作成
 コントロールの配置
 イベント処理
 さまざまなコンポーネント

第9章 グラフィックスとマウスイベント
 シェイプを用いたグラフィックス描画
 キャンバスへの描画
 マウスイベント処理

第10章 ネットワーク
 通信するプログラムの基本
 ネットワーク通信プログラムの作成

第11章 一歩進んだJavaプログラミング
 ストリーム
 知っておきたい機能

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

書籍・SEshop限定PDF:ご購入刷数  電子書籍 最終更新日:2018年02月09日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 078
List 4-1の冒頭
2刷
1: public class FreeMemoryTest { 2: public static void main(String[] args) { 3: System.out.println("空きメモリサイズ:" + ⇒ Runtime.getRuntime().freeMemory()); 4: DataSet[] data = new DataSet[10000]; 5: for(int i = 0; i < 10000; i++) { 6: data[i] = new DataSet(); 7: if((i + 1) % 100 == 0) { 8: System.out.println("生成済みインスタンス数:" ⇒ + (i + 1) + " 空きメモリサイズ:" + ⇒ Runtime.getRuntime().freeMemory()); 9: } 10: } 11: } 12: }
1: class DataSet { 2: int[] data = new int[100]; 3: } 4: 5: public class FreeMemoryTest { 6: public static void main(String[] args) { 7: System.out.println("空きメモリサイズ:" + ⇒ Runtime.getRuntime().freeMemory()); 8: DataSet[] data = new DataSet[10000]; 9: for(int i = 0; i < 10000; i++) { 10: data[i] = new DataSet(); 11: if((i + 1) % 100 == 0) { 12: System.out.println("生成済みインスタンス数:" ⇒ + (i + 1) + " 空きメモリサイズ:" + ⇒ Runtime.getRuntime().freeMemory()); 13: } 14: } 15: } 16: }

List 4-1の冒頭に4行を追加。元のリストの行番号はすべて+4となります。
2018.02.09