情報処理教科書 ITストラテジスト 2018年版(広田 航二)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 情報処理教科書 ITストラテジスト 2018年版

情報処理教科書 ITストラテジスト 2018年版


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798156101
定価:
本体3,680円+税
仕様:
A5・552ページ
分類:
情報処理
レーベル:
EXAMPRESS
シリーズ:
情報処理教科書

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

方法論で合格記述・論文が書ける!大人気の試験対策書!
シリーズ累計215万部超!シェアNo.1!

本書は情報処理技術者試験の中でも難関といわれるITストラテジスト試験の
対策書です。午後試験対策に特化した作りとなっており、午後Ⅰの記述式、
午後Ⅱの論述式試験の指導に定評のある著者が、誰にでも解答が導けるような
方法論を伝授します。

受験者が陥りやすい着眼点のブレ、誤った解答表現、ルールを無視した
論文設計など、合格点に至らない解答のパターンから脱出し、業務経験が
乏しくても午後試験に合格できるテクニックを具体的に解説します。

午後I(記述試験)では、問題文の読み方や、解答を導くキーポイントの
見つけ方を詳細に説明します。午後II(論述試験)では、問題文から
論文の骨格を組み立て、論述するまでのプロセスを順を追って説明します。
このように、流れに沿って答案を作り上げてゆくので、最後には合格できる
答案が書けるようになります。

【本書の特徴】
(1)方法論を学べるから、誰でも午後問題の答案が導けるようになる
(2)過去問が豊富!Webダウンロードと合わせて43問を詳細に解説
(3)現役の講師のノウハウを結集した、わかりやすく実用的な解説

【対象読者】
情報処理技術者試験ITストラテジストの受験者

※本書の読者特典のダウンロード期限は2019年9月30日までとなります。


第1章 午後Ⅰ対策
1.1 午後Ⅰ試験の難しさとその対策
1.2 2つの方法論:ボトムアップアプローチとトップダウンアプローチ
1.3 過去問をボトムアップアプローチで解いてみる
1.4 トップダウンアプローチ

第2章 午後Ⅰ演習
2.1 演習
2.2 午後Ⅰ問題のモヤモヤ感はどこからくるのか

第3章 午後Ⅱ対策
3.1 なぜ論文が書けないのか
3.2 解答する問題を選択する
3.3 論文設計書の作成(章,節の設計)
3.4 論文を書く
3.5 キーポイントの探し方
3.6 準備モジュールの適用
3.7 背景の準備

第4章 午後Ⅱ演習

第5章 受験の心得
5.1 本試験前の準備期にやるべきこと
5.2 試験本番でやるべきこと
5.3 本試験後にやるべきこと

ITストラテジストになるには
ITストラテジスト試験の概要
受験の手引き

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2018年09月03日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 142
「キーポイントから分かること」下から2行目
設置値
設定値
2018.05.16
1刷 190
「キーポイントNo.014」の「キーポイントから分かること」上から4行目
人の情報を取り扱うシステムは教務システムと人事給与システムである。
人の情報を取り扱うシステムは学務システムと人事給与システムである。
2018.03.12
1刷 191
上から6行目
学生と教職員の情報を取り扱うシステムは教務システムと人事給与システムである。
学生と教職員の情報を取り扱うシステムは学務システムと人事給与システムである。
2018.03.12
1刷 242
9~15行目
9行目「しかし,「装置の…」から15行目「…答えるようにする。」を削除
 しかし,「装置の保守状況に関する情報」や「顧客の保守情報」とは何を指すのだろうか。そこで,設問にある他のキーワードを探す。すると設問の「保守するために」と同様の言い方をしている箇所が発見できる。   【p.230の上から11、12行目】   「顧客側では,保守を行うために必要な装置の図面や使っている機器の使用が把握できず」  このように「装置の保守状況に関する情報」としては,装置に関する仕様情報や図面情報などが「保守をするために」必要なことが分かる。これらの情報を入手できれば,他のメーカの装置でも保守が可能となるはずである。解答ではこれらの情報を解答に盛り込んで答えるようにする。
2018.09.03
1刷 242
下から7、6行目
試験センター発表以外の(筆者の)解答例 「他の装置メーカが設置した装置に関する保守履歴情報」
(削除)
2018.09.03
1刷 437
上から3行目
験者が多い
経験者が多い
2018.05.28