ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発想ツール70(株式会社アンド)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発想ツール70

ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発想ツール70


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798156910
定価:
2,200(本体2,000円+税10%)
仕様:
B5変・216ページ
分類:
ビジネス入門

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アイデアが浮かばない!」
「会議がまとまらない!」
「意思決定で迷ってしまう!」
そんな悩みをお持ちの方に捧げるフレームワーク集です。

【掲載フレームワーク】
・問題や課題を発見するフレーム……8点
・市場を分析するフレーム……13点
・課題解決のアイデアを練るフレーム……10点
・戦略を立案するフレーム……14点
・業務を改善するフレーム……10点
・組織をマネジメントするフレーム……11点
・他者に伝える・共有するフレーム……4点

【本書のポイント】
・個人はもちろん、チームでも活用できる
・使い方のほか、活用のヒントも多数掲載
・すべて記入例がありイメージしやすい
・PowerPointテンプレートですぐ使える

【掲載フレームワーク(一部)】
・As is / To be
・なぜなぜ分析
・ロジックツリー
・緊急度/重要度マトリクス
・意思決定マトリクス
・ファイブフォース分析
・SWOT分析
・パレート分析
・ペルソナ ・共感マップ
・カスタマージャーニーマップ
・4P分析
・バリューチェーン分析
・コア・コンピタンス分析
・ブレインライティング
・マンダラート
・シナリオグラフ
・オズボーンのチェックリスト
・ストーリーボード
・プロコン表
・ペイオフマトリクス
・アンゾフの成長マトリクス
・STP
・ビジネスモデル・キャンバス
・ガントチャート
・KPIツリー
・AARRR
・KPT
・PDCA
・PERT図
・RACI
・ムリ・ムダ・ムラ(ダラリの法則) ・Will/Can/Must
・Need/Wantマトリクス
・認知/行動ループ
・PM理論
・ステークホルダー分析
・動機付け・衛生理論
・GROWモデル


会員特典

フレームワークテンプレート

本書で紹介しているすべてのフレームワークのPowerPoint形式のテンプレートをご提供します。

ビジネスフレームワーク図鑑 会員特典

序章 フレームワークを活用するために

第1章 問題・課題を発見する
STEP1 問題をあぶり出す
-01 As is/To be
-02 6W2H
-03 なぜなぜ分析
-04 コントロール可能/不可能
STEP2 問題を整理する
-05 ロジックツリー
-06 課題設定シート
STEP3 優先順位の決定
-07 緊急度/重要度マトリクス
-08 意思決定マトリクス
コラム 他責と自責のどちらで考えるか

第2章 市場を分析する
STEP1 マクロ環境や自社について分析する
-09 PEST分析
-10 ファイブフォース分析
-11 VRIO分析
-12 SWOT分析
STEP2 顧客について分析する
-13 パレート分析
-14 RFM分析
-15 ペルソナ
-16 共感マップ
-17 カスタマージャーニーマップ
STEP3 競合について分析する
-18 4P分析
-19 4P+誰に何を分析
-20 バリューチェーン分析
-21 コア・コンピタンス分析
コラム 定量・定性の違いをきちんと知っておこう

第3章 課題解決のためのアイデアを練る
STEP1 制限なくアイデアを発想する
-22 ブレインライティング
-23 マンダラート
-24 形態分析法
-25 シナリオグラフ
-26 オズボーンのチェックリスト
STEP2 アイデアを形にしてみる
-27 アイデアシート
-28 ストーリーボード
STEP3 アイデアの評価と選択
-29 プロコン表
-30 SUCCESs
-31 ペイオフマトリクス
コラム アイデア発想や評価の場面では「バイアス」に気を付けよう

第4章 戦略を立案する
STEP1 戦略の方向性を考える
-32 プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント
-33 アンゾフの成長マトリクス
-34 クロスSWOT
-35 STP
-36 ポジショニングマップ
STEP2 どのように実現するかを考える
-37 ビジネスモデル・キャンバス
-38 スキーム図
-39 AIDMA
-40 ガントチャート
-41 組織図
STEP3 目標を設定する
-42 ロードマップ
-43 KPIツリー
-44 AARRR
-45 SMART
コラム バックキャスティングとフォアキャスティング

第5章 業務を改善する
STEP1 結果を振り返る
-46 KPT
-47 YWT
-48 PDCA(チェックシート)
STEP 2 業務の状態を可視化する
-49 業務棚卸シート
-50 業務フロー図
-51 PERT図
-52 RACI
STEP3 改善策を考える
-53 ムリ・ムダ・ムラ(ダラリの法則)
-54 ECRS
-55 業務改善提案シート
コラム 会議運営を担当する場合に押さえておきたいポイント

第6章 組織をマネジメントする
STEP1 目的を共有する
-56 ミッション・ビジョン・バリュー
-57 Will/Can/Must
-58 Need/Wantマトリクス
STEP 2 メンバー間の関係性の質を高める
-59 ジョハリの窓
-60 認知/行動ループ
-61 ウォント/コミットメント
-62 PM理論
-63 ステークホルダー分析
STEP3 メンバーのモチベーションを高める
-64 動機付け・衛生理論
-65 Will/Skillマトリクス
-66 GROWモデル
コラム 会議を行う際はグランドルールを設定しておく

第7章 他者に伝える・共有する
STEP1 情報を伝える
-67 商品企画書
-68 イベント企画書
-69 PREP
-70 TAPS

巻末付録1 フレームワークの活用MAP
巻末付録2 フレームワーク活用場面の一覧表

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

  • 特典ダウンロードファイルの不足と追加について

    本書の読者特典として提供している、フレームワークのテンプレートファイルに一部不足がありました。2018年10月1日に不足していたファイルを追加しています。

    【追加したファイル】
    ・07_ビジネスフレームワーク図鑑_ガントチャート.xlsx
    ・08_ビジネスフレームワーク図鑑_パレート分析.xlsx

    不備がありましたことをお詫び申し上げます。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2019年08月06日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 035
右下の図
9刷

「象限1」と「象限2」の位置を入れ替え
2019.05.10
1刷 050
本文の上から3行目
10刷
強み(Strength)
強み(Strengths)
2019.08.06
1刷 056
基本情報の図
4刷

隅2か所のキューブの位置を修正
2018.11.13

感想・レビュー

KAZOO さん

2018-10-19

本屋でパラパラとめくって購入してしまいました。それぞれのビジネス場面(7つの)でのよくつかわれる、アイデアなどを図解でわかりやすく説明しているものです。以前購入した新書版くらいの「フレームワーク図鑑」カラフルにしてわかりやすくしたものであると思いました。こちらを持たれている方は購入する必要はなさそうです。

Willie the Wildcat さん

2018-12-22

長男と出かけた際に、本屋で見掛けて斜め読みして購入。7つのテーマ毎に、基本概念とフレームワークを解説。注意点やお作法も明記しており、該当図をHPからダウンロードも可能とのこと。学生や新社会人の方々だけではなく、振り返りにも有用という印象。そのままスタバで1時間程度、長男との会話を楽しみました。M.Porter氏の未記載の概念や著作などを、ついつい補足。何年経っても色褪せない”哲学”。

ミライ さん

2018-09-02

ビジネスにおける、会議・資料作成などで使えるフレームワークを一冊にまとめたもの。すべてのフレームワークがカラー図解付きで説明されているので、非常にわかりやすい。量が多いので、すべて覚えることはできないが、アイデアがまとまらないとか、急遽会議で必要になった時には、そばに一冊あると便利だと思う。