図解まるわかり セキュリティのしくみ(増井敏克)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 図解まるわかり セキュリティのしくみ

図解まるわかり セキュリティのしくみ


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798157207
価格:
本体1,680円+税
仕様:
A5・224ページ
分類:
ネットワーク・サーバ

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

攻撃や対策、組織体制もすべて図解
確かな知識がつく「使える教科書」

【本書のポイント】
・解説とイラストがセットで理解しやすい
・考え方から技術、運用方法までを網羅
・キーワードから知りたい項目を調べやすい
・管理者にも開発者にも役立つ基本がわかる

【こんな人におすすめ】
・企業においてセキュリティ対策をしたい人
・セキュリティを考慮したシステムを開発したい人
・個人情報の管理における注意点を知りたい人
・セキュリティ関連の資格試験を受ける人
・自身のセキュリティを高める必要を感じている人

【内容紹介】
企業におけるセキュリティでは、
小さなことでも気づいたことを
少しずつ改善していく、
その積み重ねが大切です。

そこで、本書では見開きで
1つのテーマを取り上げ、
図解を交えて解説しています。

最初から順に読んで
体系的な知識を得るのはもちろん、
気になるテーマやキーワードに
注目しながら読むなど、
状況に合わせて活用してください。

【目次】
第1章 セキュリティの基本的な考え方 ~分類して考える~
第2章 ネットワークを狙った攻撃 ~招かれざる訪問者~
第3章 ウイルスとスパイウェア ~感染からパンデミックへ~
第4章 脆弱性への対応 ~不備を狙った攻撃~
第5章 暗号/署名/証明書とは ~秘密を守る技術~
第6章 組織的な対応 ~環境の変化に対応する~
第7章 セキュリティ関連の法律・ルールなど ~知らなかったでは済まされない~


会員特典

セキュリティについて体験しながら学ぶ「やってみよう」の追加コンテンツ(PDF 形式、約5ページ)

 

図解まるわかり セキュリティのしくみ会員特典

第1章 セキュリティの基本的な考え方 ~分類して考える~
1-1 攻撃者の目的 ~愉快犯、ハクティビズム、金銭奪取、サイバーテロ~
1-2 セキュリティに必要な考え方 ~情報資産、脅威、リスク~
1-3 脅威の分類 ~人的脅威、技術的脅威、物理的脅威~
1-4 内部不正が起きる理由 ~機会、動機、正当化~
1-5 セキュリティの三要素 ~機密性、完全性、可用性~
1-6 三要素(CIA)以外の特性 ~真正性、責任追跡性、否認防止、信頼性~
1-7 コスト、利便性、安全性の考え方 ~トレードオフ~
1-8 適切な人にだけ権限を与える ~アクセス権、認証、認可、最小特権~
1-9 パスワードを狙った攻撃 ~総当たり攻撃、辞書攻撃、パスワードリスト攻撃~
1-10 使い捨てのパスワードで安全性を高める ~ワンタイムパスワード、多要素認証~
1-11 不正なログインから守る ~リスクベース認証、CAPTCHA~
1-12 パスワードを取り巻く環境の変化 ~シングルサインオン、パスワード管理ツール~
1-13 個人の身体的情報を利用する ~指紋認証、静脈認証、虹彩認証、顔認証~
やってみよう インターネットに接続するだけでわかってしまう情報を知ろう

第2章 ネットワークを狙った攻撃 ~招かれざる訪問者~
2-1 データの盗み見 ~盗聴~
2-2 データの信頼性を脅かす攻撃 ~改ざん~
2-3 特定人物になりすます ~なりすまし~
2-4 法律による不正アクセスの定義 ~不正アクセス~
2-5 無実の人が加害者に ~乗っ取り~
2-6 攻撃のための裏口を設置 ~バックドア、rootkit~
2-7 負荷をかけるタイプの攻撃 ~DoS攻撃、DDoS攻撃、ボットネット、メールボム~
2-8 攻撃をどこで防ぐか ~入口対策、出口対策、多層防御~
2-9 不正アクセス対策の基本 ~ファイアウォール、パケットフィルタリング~
2-10 通信の監視と分析 ~パケットキャプチャ~
2-11 外部からの侵入を検知・防止する ~IDS、IPS~
2-12 集中管理で対策効果を上げる ~UTM、SIEM~
2-13 ネットワークを分割する ~DMZ、検疫ネットワーク~
2-14 ネットワークへの接続を管理する ~MACアドレスフィルタリング~
2-15 安全な通信を実現する ~無線LANの暗号化と認証~
やってみよう 自分の行動を見ていたような広告が表示される理由を知ろう

第3章 ウイルスとスパイウェア ~感染からパンデミックへ~
3-1 マルウェアの種類 ~ウイルス、ワーム、トロイの木馬~
3-2 ウイルス対策の定番 ~ウイルス対策ソフトの導入、ウイルス定義ファイルの更新~
3-3 ウイルス対策ソフトの技術 ~ハニーポット、サンドボックス~
3-4 偽サイトを用いた攻撃 ~フィッシング、ファーミング~
3-5 メールによる攻撃や詐欺 ~スパムメール、ワンクリック詐欺、ビジネスメール詐欺~
3-6 情報を盗むソフトウェア ~スパイウェア、キーロガー~
3-7 身代金を要求するウイルス ~ランサムウェア~
3-8 防ぐのが困難な標的型攻撃 ~標的型攻撃、APT攻撃~
3-9 気をつけたいその他のWebの脅威 ~ドライブバイダウンロード、ファイル共有サービス~
3-10 ウイルス感染はPCだけではない ~IoT機器のウイルス~
やってみよう メールの差出人を偽装してみよう

第4章 脆弱性への対応 ~不備を狙った攻撃~
4-1 ソフトウェアの欠陥の分類 ~不具合、脆弱性、セキュリティホール~
4-2 脆弱性に対応する ~修正プログラム、セキュリティパッチ~
4-3 対策が不可能な攻撃? ~ゼロデイ攻撃~
4-4 データベースを不正に操作 ~SQLインジェクション~
4-5 複数のサイトを横断する攻撃 ~クロスサイトスクリプティング~
4-6 他人になりすまして攻撃 ~クロスサイトリクエストフォージェリ~
4-7 ログイン状態の乗っ取り ~セッションハイジャック~
4-8 メモリ領域の超過を悪用 ~バッファオーバーフロー~
4-9 脆弱性の有無を検査する ~脆弱性診断、ペネトレーションテスト、ポートスキャン~
4-10 Webアプリケーションを典型的な攻撃から守る ~WAF~
4-11 開発者が気をつけるべきこと ~セキュア・プログラミング~
4-12 便利なツールの脆弱性に注意 ~プラグイン、CMS~
4-13 脆弱性を定量的に評価する ~JVN、CVSS~
4-14 脆弱性情報を報告・共有する ~情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン~
やってみよう 脆弱性を数値で評価してみよう

第5章 暗号/署名/証明書とは ~秘密を守る技術~
5-1 暗号の歴史 ~古典暗号、現代暗号~
5-2 高速な暗号方式 ~共通鍵暗号~
5-3 鍵配送問題を解決した暗号 ~公開鍵暗号~
5-4 公開鍵暗号を支える技術 ~証明書、認証局、PKI、ルート証明書、サーバ証明書~
5-5 改ざんの検出に使われる技術 ~ハッシュ~
5-6 公開鍵暗号のしくみを署名に使う ~電子署名、デジタル署名~
5-7 共通鍵暗号と公開鍵暗号の組み合わせ ~ハイブリッド暗号、SSL~
5-8 Webサイトの安全性は鍵マークが目印 ~HTTPS、常時SSL、SSLアクセラレータ~
5-9 安全性をさらに追求した暗号 ~RSA暗号、楕円曲線暗号~
5-10 暗号が安全でなくなるとどうなる? ~暗号の危殆化、CRL~
5-11 メールの安全性を高める ~PGP、S/MIME、SMTP over SSL、POP over SSL~
5-12 リモートでの安全な通信を実現 ~SSH、クライアント証明書、VPN、IPsec~
5-13 プログラムにも署名する ~コード署名、タイムスタンプ~
5-14 データ受け渡しの仲介に入る攻撃者 ~中間者攻撃~
やってみよう ファイルが改ざんされていないか確認しよう

第6章 組織的な対応 ~環境の変化に対応する~
6-1 組織の方針を決める ~情報セキュリティポリシー、プライバシーポリシー~
6-2 セキュリティにおける改善活動 ~ISMS、PDCAサイクル~
6-3 情報セキュリティ監査制度によるセキュリティレベルの向上 ~情報セキュリティ管理基準、情報セキュリティ監査基準~
6-4 最後の砦は「人」 ~情報セキュリティ教育~
6-5 インシデントへの初期対応 ~インシデント、CSIRT、SOC~
6-6 ショッピングサイトなどにおけるクレジットカードの管理 ~PCI DSS~
6-7 災害対策もセキュリティの一部 ~BCP、BCM、BIA~
6-8 リスクへの適切な対応とは ~リスクアセスメント、リスクマネジメント~
6-9 不適切なコンテンツから守る ~URLフィルタリング、コンテンツフィルタリング~
6-10 トラブル原因を究明する手がかりは記録 ~ログ管理・監視~
6-11 証拠を保全する ~フォレンジック~
6-12 モバイル機器の管理 ~MDM、BYOD~
6-13 情報システム部門が把握できないIT ~シャドーIT~
6-14 企業が情報漏えいを防ぐための考え方 ~シンクライアント、DLP~
6-15 物理的なセキュリティ ~施錠管理、入退室管理、クリアデスク、クリアスクリーン~
6-16 可用性を確保する ~UPS、二重化~
6-17 契約内容を確認する ~SLA~
やってみよう 自社のセキュリティポリシーや、使用しているサービスのプライバシーポリシーを見てみよう

第7章 セキュリティ関連の法律・ルールなど ~知らなかったでは済まされない~
7-1 個人情報の取り扱いルール ~個人情報保護法~
7-2 個人情報の利活用 ~オプトイン、オプトアウト、第三者提供、匿名化~
7-3 マイナンバーと法人番号の取り扱い ~マイナンバー法~
7-4 個人情報の管理体制への認定制度 ~プライバシーマーク~
7-5 厳格化されたEUの個人情報管理 ~GDPR~
7-6 不正アクセスを処罰する法律 ~不正アクセス禁止法~
7-7 ウイルスの作成・所持に対する処罰 ~ウイルス作成罪~
7-8 コンピュータに対する詐欺や業務妨害 ~電子計算機使用詐欺罪、電子計算機損壊等業務妨害罪~
7-9 著作物の無断利用に注意 ~著作権法、クリエイティブ・コモンズ~
7-10 プロバイダと電子メールのルール ~プロバイダ責任制限法、迷惑メール防止法~
7-11 デジタルでの文書管理に関する法律 ~電子署名法、e-文書法、電子帳簿保存法~
7-12 国が規定するセキュリティ戦略や理念 ~IT基本法、サイバーセキュリティ基本法、官民データ活用推進基本法~
7-13 セキュリティ関連の資格 ~情報セキュリティマネジメント試験、情報処理安全確保支援士、CISSP~
やってみよう 個人情報保護法に関連するガイドラインなどを調べよう

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。