しくみがわかるKubernetes Azureで動かしながら学ぶコンセプトと実践知識(阿佐志保 真壁徹 真壁徹)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. しくみがわかるKubernetes Azureで動かしながら学ぶコンセプトと実践知識

しくみがわかるKubernetes Azureで動かしながら学ぶコンセプトと実践知識



監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798157849
価格:
本体3,000円+税
仕様:
B5変・368ページ
分類:
ネットワーク・サーバ

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本書は、Kubernetesをはじめて使う業務アプリケーション開発者、Dockerの基礎知識がある方を対象として、コンテナーオーケストレーションツールであるKubernetesのしくみ――基本的な機能とその内部動作など――を解説した書籍です。

限られた時間で効率よく理解できるよう、できる限り抽象的/難解な言葉を避け、図やイラストを入れて丁寧にわかりやすく解説しているのが本書の大きな特徴です。さらに、実際にシステムに導入する際に検討しなければいけないシステムの可用性や拡張性、保守性などの基礎となる考え方も詳解しています。


■第1部 導入編
◆CHAPTER 01 コンテナーとKubernetes
 1.1 コンテナー技術の概要
 1.2 Kubernetesの概要
 1.3 まとめ
◆CHAPTER 02 Kubernetesの環境構築
 2.1 コンテナーアプリケーション開発の流れ
 2.2 開発環境の準備
 2.3 コンテナーイメージのビルドと公開
 2.4 Azureを使ったKubernetesクラスター作成
 2.5 まとめ
◆CHAPTER 03 Kubernetesを動かしてみよう
 3.1 アプリケーションのデプロイ
 3.2 マニフェストファイルの作成
 3.3 クラスターでのリソース作成
 3.4 アプリケーションの動作確認
 3.5 まとめ

■第2部 基本編
◆CHAPTER 04 Kubernetesの要点
 4.1 Kubernetesのコンセプト
 4.2 Kubernetesのしくみ
 4.3 Kubernetesのリソース
 4.4 マニフェストファイル
 4.5 ラベルによるリソース管理
 4.6 Kubernetesのリソース分離
 4.7 まとめ
◆CHAPTER 05 コンテナーアプリケーションの実行
 5.1 Podによるコンテナーアプリケーションの管理
 5.2 Podのスケジューリングのしくみ
 5.3 Podを効率よく動かそう
 5.4 Podを監視しよう
 5.5 ReplicaSetで複数のPodを管理しよう
 5.6 負荷に応じてPodの数を変えてみよう
 5.7 まとめ
◆CHAPTER 06 アプリケーションのデプロイ
 6.1 Deploymentによるアプリケーションのデプロイ
 6.2 Deploymentのしくみ
 6.3 アプリケーションの設定情報を管理しよう
 6.4 まとめ

■第3部 実践編
◆CHAPTER 07 アーキテクチャーと設計原則
 7.1 Kubernetesのアーキテクチャー
 7.2 Kubernetesの設計原則
 7.3 サービスや製品における実装
 7.4 まとめ
◆CHAPTER 08 可用性(Availability)
 8.1 Kubernetesの可用性
 8.2 インフラストラクチャーの視点
 8.3 まとめ
◆CHAPTER 09 拡張性(Scalability)
 9.1 Kubernetes Nodeの水平自動スケール
 9.2 AKSにおけるCluster Autoscaler
 9.3 その他の自動スケール
 9.4 まとめ
◆CHAPTER 10 保守性(Manageability)
 10.1 Kubernetesの運用で必要なアップデート、アップグレード作業
 10.2 サーバーのアップデート
 10.3 Kubernetesコンポーネントのアップデート
 10.4 まとめ
◆CHAPTER 11 リソース分離(Security)
 11.1 Kubernetes リソースの分離粒度
 11.2 Namespaceによる分離
 11.3 Kubernetesのアカウント
 11.4 Kubernetesの認証と認可
 11.5 RBAC(Role Based Access Control)
 11.6 リソース利用量の制限
 11.7 まとめ
◆CHAPTER 12 可観測性(Observability)
 12.1 可観測性とは
 12.2 観測対象/手法
 12.3 代表的なソフトウェア、サービス
 12.4 AKSにおけるメトリック収集と可視化、ログ分析
 12.5 まとめ

■APPENDIX コマンドリファレンス
 A.1 kubectlコマンド
 A.2 Azure CLIコマンド

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2019年03月15日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 040
「(3)クラスター接続のための認証情報の設定」の下のコマンド内
$ az aks get-credentials --adomin --resource-group
$ az aks get-credentials --admin --resource-group
2019.03.15
1刷 063
「Kubernetesのサーバー構成」の「Master」、2行目
コンテナを起動かするNode
コンテナを起動する
2019.03.05
1刷 188
「Readiness Probe」の上の文章 8行目
maxUnavailableがの値が
maxUnavailableの値が
2019.03.05