絵で見てわかるITインフラの仕組み 新装版(山崎泰史 三縄慶子 畔勝洋平 佐藤貴彦 小田圭二)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 絵で見てわかるITインフラの仕組み 新装版

絵で見てわかるITインフラの仕組み 新装版





監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798158464
価格:
本体2,380円+税
仕様:
A5・376ページ
分類:
ネットワーク・サーバ

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高性能・耐障害性を支える
システム基盤の勘所を学ぼう!

ロングセラー『絵で見てわかるITインフラの仕組み』の新装版です。クラウドや仮想化、サーバー/メモリといったハードウェアの説明の最新化やわかりにくい箇所の修正/加筆など、全体的な見直しを行なっています。

ITシステムは、いまや社会インフラの1つであり、その仕組みはとても高度化し、複雑になりました。この複雑さを支えるために、エンジニアのスキルには専門性が重視されるようになり、その結果、エンジニアが、ITシステム全体を俯瞰できる機会が減っています。また、必要とされるスキルの専門性が高くなることで、専門外の技術に触れることの敷居が高く感じられるようにもなりました。

しかし、現場では、ITシステムの企画/設計のみならず、パフォーマンスチューニングやトラブルシューティング等においても、ITシステム全体を俯瞰し、技術を横断的に把握する力が要求されます。ITシステムについてひも解いてみると、実際は多くの普遍的な常識により支えられています。個々の専門領域で利用されている技術要素や理論は、実は他の領域でも利用されているのです。

本書では、普遍的な常識をもとに、ITインフラという領域全体を、ミクロ、マクロの視点で、わかりやすいように絵(図)で説明します。ITインフラの常識(=勘所)をつかむことで、よりITシステムに対する理解が深まり、専門外または新しい技術に出会ったときにその本質を理解するための基礎力が身につくはずです。

本書は、次のような読者を対象としています。自分の扱う領域については知見が深まりつつある中で、ITインフラ全般を学びたいという方におすすめです。

●ITに関わる仕事を始めて5年目くらいまでのエンジニア(インフラ担当者、アプリ開発者、DB管理者など)

★OSやストレージ、ネットワークについてさらに深く知りたいという方は、同シリーズ『絵で見てわかるOS/ストレージ/ネットワーク 新装版』がおすすめです。こちらでは、OS/ストレージ/ネットワークを“使う”側、主にデータベースから見た、特定の製品に依存しないアーキテクチャと原理/原則について解説しています。


シリーズをもっと見る

第1章 インフラアーキテクチャを見てみよう
 1.1 ITインフラって何だろう?
 1.2 集約型と分割型アーキテクチャ
 1.3 垂直分割型アーキテクチャ
 1.4 水平分割型アーキテクチャ
 1.5 地理分割型アーキテクチャ

第2章 サーバーを開けてみよう
 2.1 物理サーバー
 2.2 CPU
 2.3 メモリ
 2.4 I/Oデバイス
 2.5 バス
 2.6 まとめ

第3章 3階層型システムを見てみよう
 3.1 3階層型システムの図解
 3.2 主要概念の説明
 3.3 Webデータの流れ
 3.4 仮想化

第4章 インフラを支える理論の基本
 4.1 直列/並列
 4.2 同期/非同期
 4.3 キュー
 4.4 排他制御
 4.5 ステートフル/ステートレス
 4.6 可変長/固定長
 4.7 データ構造(配列と連結リスト)
 4.8 探索アルゴリズム(ハッシュ/ツリーなど)

第5章 インフラを支える理論の応用
 5.1 キャッシュ
 5.2 割り込み
 5.3 ポーリング
 5.4 I/Oサイズ
 5.5 ジャーナリング
 5.6 レプリケーション
 5.7 マスター/ワーカー
 5.8 圧縮
 5.9 誤り検出

第6章 システムをつなぐネットワークの仕組み
 6.1 ネットワーク
 6.2 階層構造
 6.3 プロトコル
 6.4 TCP/IPによる今日のネットワーク
 6.5 [レイヤー7]アプリケーション層のプロトコルHTTP
 6.6 [レイヤー4]トランスポート層のプロトコルTCP
 6.7 [レイヤー3]ネットワーク層のプロトコルIP
 6.8 [レイヤー2] データリンク層のプロトコルEthernet
 6.9 TCP/IPによる通信のその後

第7章 止めないためのインフラの仕組み
 7.1 耐障害性と冗長化
 7.2 サーバー内冗長化
 7.3 ストレージ冗長化
 7.4 Webサーバーの冗長化
 7.5 APサーバーの冗長化
 7.6 DBサーバーの冗長化
 7.7 ネットワーク機器の冗長化
 7.8 サイトの冗長化
 7.9 監視
 7.10 バックアップ
 7.11 まとめ

第8章 性能を引き出すためのインフラの仕組み
 8.1 レスポンスとスループット
 8.2 ボトルネックとは?
 8.3 3階層型システム図から見たボトルネック
 8.4 まとめ

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

  • 付属データのダウンロード

    本書カバーの裏面に印刷されている「システムの全貌がわかる解剖図(3階層型システムにおけるデータの流れをそれを支える仕組み)」のPDF版をダウンロードでご提供しています。この図では、第4~5章で紹介する技術が3階層型システムのどこで使われているかを紹介しています。
    ダウンロードするには、このページ内の「ダウンロード」、または「付属データ」ボタンをご利用ください。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2019年08月06日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 000
「追加情報」があります
本書刊行後の補足事項等は、「追加情報」のページに掲載しています。そちらも併せてご覧ください。
2019.08.06