アルゴリズムの絵本 第2版 プログラミングが好きになる新しい9つの扉(株式会社アンク)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. アルゴリズムの絵本 第2版 プログラミングが好きになる新しい9つの扉

アルゴリズムの絵本 第2版 プログラミングが好きになる新しい9つの扉


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798159379
価格:
本体1,780円+税
仕様:
B5変・216ページ
分類:
プログラミング・開発

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラミングとアルゴリズムの一番やさしい新定番書!

プログラミング言語を習得しても、実際にコードを書いてみようとすると
「どう書いて良いかわからない」と感じる方は多いと思います。

本書はアルゴリズムとプログラムロジックの基本を通じて、
プログラミング(コードを書く)の実際を学んでいただけます。
アルゴリズムは、与えられたさまざまな課題をプログラムで効率良く
処理するためのテクニックの集合体です。これらを通じて、誰でも効率の良い
効果的なコードを作るための第一歩を踏み出すことができます。

・絵を多用し、短い解説で絵本のようにビジュアルに理解することができます。
・2ページを単位とした説明、基礎に絞り込んだ内容でスピーディに習得。
・説明は基本中の基本から。「C言語の基礎」から学べます。
・プログラミングのために必要な知識を広くフォロー、コードの書き方が身につきます。
・環境構築から内容を最新にアップデートし、実際に試して学ぶことができます。

【「絵本」シリーズは、ラインナップをリニューアル!】
翔泳社の「絵本シリーズ」は、豊富なイラストと簡潔な解説で
コンピュータ技術に入門できる初心者向けのシリーズです。
コンピュータ言語/技術の超初心者や手軽に習得したい方に最適な入門書です。

新しい「絵本シリーズ」では、旧来の分かりやすさ、親しみやすさ、
基礎に徹した内容というコンセプトはそのままに、Web/ネットが全盛となった
現在のコンピュータ技術の潮流に合わせた解説を心掛けます。

『Cの絵本』『Javaの絵本』『Pythonの絵本』などを皮切りにラインナップを順次刷新、
さらに新しい仲間を増やしてラインナップを充実していきます。


絵本シリーズをもっと見る

アルゴリズムの勉強をはじめる前に
 ●アルゴリズムとは何か
 ●プログラムができるまで
 ●フローチャート
 ●C言語について
 ●プログラミングから実行までの流れ
 ●プログラム記述時の約束

第1章 C言語の基礎
 ●第1章はここがkey
 ●Hello World!
 ●変数と定数
 ●数値型
 ●配列
 ●ポインタ
 ●文字と文字列
 ●計算の演算子
 ●その他の演算子
 ●ファイルの読み書き
 ●キーボード入力
 ●メモリの確保
 ●構造体
 [コラム]~変数名のつけ方~

第2章 基本的な制御
 ●第2章はここがkey
 ●制御の種類と構造化
 ●if文
 ●for文とwhile文
 ●その他の制御文
 [コラム]~構造化以前のプログラム~

第3章 制御の活用
 ●第3章はここがkey
 ●1から5までの和
 ●配列から値を見つける(1)
 ●配列から値を見つける(2)
 ●平均をとる
 ●棒グラフを描く
 ●2つの文字列の連結
 ●逆さに読むと
 ●ファイルの内容を表示する
 ●表?裏?コイン投げゲーム
 [コラム]~スタックとキュー~

第4章 関数の利用
 ●第4章はここがkey
 ●関数とは?
 ●関数の定義と利用
 ●main()関数
 ●関数の特徴
 ●関数の活用
 ●再帰処理
 [コラム]~関数のポインタ~

第5章 問題への取り組み方
 ●第5章はここがkey
 ●問題を整理する
 ●プログラムの設計
 ●プログラムの記述(1)
 ●プログラムの記述(2)
 ●プログラムを整理する
 ●テストとデバッグ
 ●完成プログラム
 [コラム]~ボトムアップ的・トップダウン的な考え方~

第6章 実践的プログラミング
 ●第6章はここがkey
 ●仕様を分析する
 ●データ形式を決める(1)
 ●データ形式を決める(2)
 ●基本設計の決定(1)
 ●基本設計の決定(2)
 ●メイン部分を作る
 ●機能を作る(1)
 ●機能を作る(2)
 ●完成プログラム
 [コラム]~時間がかかる処理~

第7章 高度なアルゴリズム
 ●第7章はここがkey
 ●素数を求める
 ●素因数分解
 ●最大公約数を求める
 ●リンクリスト(1)
 ●リンクリスト(2)
 ●サンプルプログラム
 [コラム]~アルゴリズムの工夫~

付録
 ●プログラムでつまったら
 ●プログラミングの心得
 ●Visual Studioのインストール
 ●Visual Studioを使った開発
 ●一般的なデバッグ手法
 ●Visual Studioのデバッガー

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。