対人援助の現場で使える 質問する技術 便利帖(大谷佳子)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 対人援助の現場で使える 質問する技術 便利帖

対人援助の現場で使える 質問する技術 便利帖 発売予定


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798159881
価格:
本体1,800円+税
仕様:
B5変・160ページ
分類:
介護・福祉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんとなく「質問」していませんか?
【心理学】に基づいた便利帖シリーズ、
第2弾は「良い質問とそのパワー」です!

対人援助の仕事は、相談からスタート。
相手の状況や気持ちを知るために、
要所要所での「質問」が不可欠です。

とはいえ漠然と質問をするだけでは、
相手から大事な話を引き出すことは難しいもの。

本書では、「情報収集の技法」としてだけでなく、
相手が話したいことを引き出して会話をはずませる
重要な「コミュニケーション・ツール」として
質問のテクニックを解説します!

上手な質問ができるようになると、
現場のさまざまな支援に活用できるだけでなく、
職場内の人材育成(後輩へのコーチングなど)への
効果も期待できますよ♪

■■■本書のポイント■■■
・心理学をベースとした、質問の技術をやさしく解説
・心理学用語からも引ける
・「チェックリスト(質問するときの癖、聴くときの癖など)や
 演習用ワークシートもご用意
・ワークシートはWebにてダウンロード提供

■■■著者について■■■
大谷佳子
Eastern Illinois University, Honors Program心理学科卒業、
Columbia University, Teachers College教育心理学修士課程修了。
現在、昭和大学保健医療学部講師。認定看護管理者制度ファーストレベル
教育課程、及びサードレベル教育課程講師。認知症介護実践リーダー研修
講師。介護相談員養成研修講師。
その他、医療、福祉、教育の現場の援助職を対象に、コミュニケーション
研修及びコーチング研修、スーパービジョン研修などを担当。
主な著書に、
『対人援助の現場で使える聴く・伝える・共感する技術便利帖』(翔泳社)、
『基礎から学ぶ介護シリーズ利用者とうまくかかわるコミュニケーションの基本』
『介護の○と×シリーズ コミュニケーション○と×』(中央法規出版/共著)など。


[本書の内容]
第1章 もっと質問してみよう
第2章 質問力を高めよう
第3章 この質問では上手くいかない
第4章 こんなときはこの質問!
第5章 訊いたら、聴く
第6章 質問力を援助に活かそう

[ワークシート]
質問力を高める8つのポイント

あなたの質問するときの癖
「なぜ」「どうして」を使わない質問
クローズド・クエスチョン
オープン・クエスチョン
スケーリング・クエスチョン
肯定質問
未来質問
あなたの聴くときの癖
繰り返しの技法・言い換えの技法
共感の技法

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。