Nutanix Enterprise Cloud クラウド発想のITインフラ技術(SB C&S株式会社)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. Nutanix Enterprise Cloud クラウド発想のITインフラ技術

Nutanix Enterprise Cloud クラウド発想のITインフラ技術


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798160573
価格:
本体3,600円+税
仕様:
B5変・400ページ
分類:
ネットワーク・サーバ

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のハイパー・コンバージド・インフラストラクチャ(HCI)の解説書が最新版対応で登場。新時代のシステムの機能を詳細解説

NutanixはHCI(Hyper Converged Infrastructure)の代表的な製品で、導入することで企業システムを容易にクラウドとして利用できるようにします。
本書は注目される同製品の最新バージョンを基礎から解説します。新時代のシステム運用の知識が得られる、エンジニア必見の解説書です。

【目次】
第1章 NutanixがめざすEnterprise Cloudとは
第2章 Enterprise Cloudの基礎となるソフトウェア
第3章 Enterprise Cloudを支えるハイパーバイザー AHV
第4章 AHVの設計と導入
第5章 AHVの運用と移行
第6章 Nutanixのストレージサービス
第7章 Prism Centralによる高度な管理機能
第8章 Nutanixのデータ保護
第9章 Nutanix FlowによるSoftware-Defined Network
第10章 IT利用者のためのIaaS機能Self Service Portal
第11章 Calmによるアプリケーションの自動展開
第12章 Nutanixのこれから


第1章 NutanixがめざすEnterprise Cloudとは
 1.1 「インビジブル」な「Enterprise Cloud」
 1.2 Enterprise Cloud実現のためのステップ
 1.3 Enterprise Cloudのあるべき姿と課題
 1.4 Nutanixのポートフォリオ
 1.5 まとめ

第2章 Enterprise Cloudの基礎となるソフトウェア
 2.1 Enterprise Cloudの中核となる製品
 2.2 Prismによる管理ソリューション
 2.3 Acropolisによる仮想化基盤
 2.4 Acropolis分散ストレージファブリック
 2.5 Acropolis App Mobility Fabric
 2.6 Nutanixのライフサイクル管理
 2.7 まとめ

第3章 Enterprise Cloudを支えるハイパーバイザーAHV
 3.1 AHVの特徴と機能
 3.2 AHVにおける仮想マシンの特徴
 3.3 AHVのネットワークに関わる仕組み
 3.4 AHVのストレージアクセスの仕組み
 3.5 まとめ

第4章 AHVの設計と導入
 4.1 AHVにおける設計
 4.2 仮想マシンの設計
 4.3 Nutanixクラスターのセットアップ方式
 4.4 AHV環境における設定
 4.5 まとめ

第5章 AHVの運用と移行
 5.1 運用に関わる機能
 5.2 Nutanix クラスターとノードの停止と起動
 5.3 仮想マシンの管理操作
 5.4 AHVへの仮想マシン移行
 5.5 まとめ

第6章 Nutanixのストレージサービス
 6.1 Nutanix Volumes
 6.2 Nutanix Files

第7章 Prism Centralによる高度な管理機能
 7.1 Prism Centralとは
 7.2 Prism Centralのライセンス
 7.3 Prism Centralの動作要件
 7.4 Prism Centralの構築方法
 7.5 Prism Centralの画面構成
 7.6 パフォーマンスモニタリング
 7.7 X-FITによるアラートとキャパシティ予測
 7.8 レポーティング
 7.9 まとめ

第8章 Nutanixのデータ保護
 8.1 Nutanixが提供するデータ保護機能の概要
 8.2 Nutanixのスナップショット
 8.3 Nutanixのローカルバックアップ
 8.4 Self Service Restore
 8.5 Nutanixのレプリケーションと災害時復旧
 8.6 NearSync DR
 8.7 Metro Availabilityによる災害対策
 8.8 Cloud Connectによるバックアップ
 8.9 Leapによるデータ保護の自動化
 8.10 まとめ

第9章 Nutanix FlowによるSoftware-Defined Network
 9.1 Flowの概要
 9.2 Flowのアーキテクチャー
 9.3 Flowの設定例
 9.4 Flowの活用方法
 9.5 まとめ

第10章 IT利用者のためのIaaS機能Self Service Portal
 10.1 Self Service Portalの概要
 10.2 SSPの全体像
 10.3 SSPを構成するコンポーネント
 10.4 システム管理者の役割と設定
 10.5 SSPユーザーによるSSPの利用
 10.6 まとめ

第11章 Calmによるアプリケーションの自動展開
 11.1 Calmの概要
 11.2 Calmの基本的な用語
 11.3 Calmのシステム要件
 11.4 Calmの有効化
 11.5 Calmの操作に関わる権限
 11.6 Blueprintの作成
 11.7 まとめ

第12章 Nutanixのこれから
 12.1 インビジブルクラウドの世界へ
 12.2 オンプレミスを進化させるサービス
 12.3 マルチクラウド時代のプロダクト
 12.4 次世代のインフラストラクチャー

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。